スポンサーリンク

同人グッズの価格を安く抑えたい?それなら紙系がおすすめ!

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、同人グッズの価格を安く
抑えたいなら紙系グッズをというお話。

同人誌を作るときにお金をかけるのは
やっぱり本でグッズはおまけですよね。

でもせっかくだから低価格でグッズも
作りたいということがあると思います。

そんな時のおすすめはなにがいいか?

安いものとなればやっぱり
紙だと思うんですよね。

管理人は元製紙会社社員ですから。

ただ同じ紙でも手間がかかるかどうかは
考えたほうがいいかなと思います。

ということで。

この記事では、同人グッズを低価格で
作るなら何がいいかということについて

管理人なりに調べたことを
お伝えしたいと思います。

【同人グッズを低価格で作るときの紙系グッズは何がいい?】

それでは同人グッズを低価格で
作るときの紙系グッズは何がいいのか?

なるべく安く済ませるためには
あまり加工しなくていい物がいいです。

できれば紙に印刷してカットするという程度。

手間をかけるとそれだけ
時間がかかるし、ミスも増える。

ミスが増えると効率が落ちるし、
製品にならないものが増える。

それはでせっかく低価格にしようという
主旨に反しますからね。

それで具体的に何かいいかというと

ポストカードやステッカー

がおすすめですね。

これらは市販されている
インクジェット用紙に印刷するだけ。

インクジェットプリンタがあれば
簡単に作ることが出来ます。

それに印刷は基本片面だけです。

ラミネートカードやコースターなども
ありますがこれらはラミネート加工が必要。

しかしラミネート加工、
結構手間なんですよね。

それにラミネート加工の場合
ラミネートフィルムを貼るにしても

パウチのようにするにしても
原材料費はかかります。

しかもラミネートは少しでも
やり損なうとロスになります。

もちろんラミカやコースターが
ダメということではありませんが

ここではあくまでも安くという話なので
後加工が必要なものは避けたいかなと。

ポスカやステッカーではありきたり
と思われるんですが

そこはイラストやキャラで勝負する
ということになるんでしょう。

それからトレーディングカードもありますが
これは両面印刷が必要です。

原材料費としては紙代とインク代ですが
両面印刷とその後切り取る作業が手間。

これは自分の労力をどれくらい
かけられるかという問題ですかね。

いずれにしても自分でインクジェットで
印刷するならこういう単純な物がいいです。

【同人グッズの作成で枚数が多くて予算があるならオンデマンド印刷】

同人グッズを安く作るなら紙系のグッズが
おすすめとお話させていただきました。

ただしこれは枚数が少なくて
自分で全部やる場合です。

作成枚数によるんですが
何百枚も作るのであれば

むしろオンデマンド印刷ができる印刷屋に
お願いしたほうが安いかも知れません。

印刷屋についてはネットを検索すれば
たくさん出てきますから

その中で気に入ったところに
お願いすればいいと思います。

それと印刷屋さんに頼むなら
ラミネート品も作りやすいですね。

自分で貼る手間はないし
仕上がりもキレイですから。

とはいえデータのやり取りなどは必要。

ですからそういったやり取りが面倒なら
ちょっとくらい枚数が多くても

自宅のプリンタで印刷するほうが
気楽なのかもしれませんが。

【同人グッズに加えて名刺があったほうがいい】

同人グッズを紙系のカードや
ステッカーにするならば

ついでに名刺も作ったほうが
いいと思います。

ほとんどの人が名刺は作ると思いますが
人と会うときにはとても重要ですから。

特にホームページやフェイスブックを
やっているならアドレスを入れておけば

少しでも集客出来るわけですから
ちゃんとやるべきでしょうね。

名刺用のインクジェット用紙が
市販されていますから

それを使えば比較的簡単に
それらしい名刺を作ることが出来ます。

やっぱり自分のキャラクターや
イラストの入った名刺のあるなしは

話題をつなぐとか思い出してもらうとか
そういうときに重要です。

名刺なら100枚程度作っても
大した負担にもなりませんから

自分の名刺を作っておくのが
いいと思います。

もちろん名刺専門の印刷屋さんに
作ってもらうのもありですが

そこはお金がかかることですから
予算と相談になるでしょうね。

【管理人のまとめ】

今回は同人グッズを低価格で作るなら
何を作るのがいいかというお話でした。

管理人のおすすめは紙系のグッズ。

特に手間がかからないポストカードや
ステッカーはおすすめです。

同じ紙系のグッズでもラミカやコースターは
ラミネートする手間がかかるので

印刷後の加工に自信がないのなら
やめたほうがいいかなと思います。

特にラミネートを貼ってミスをすると
ロスが大きくなりますから。

それから枚数が多いなら
思い切ってオンデマンド印刷できる

印刷屋に頼んでしまうのも
良いかもしれません。

特にラミネートするグッズの場合は
自分でやるより安心です。

予算と相談にはなりますが。

この記事が同人グッズを低価格で
作る参考になればと思います。

いいグッズを作って下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする