バッグの型崩れ防止の紙。新聞のような詰め物の品種名は?

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回のお話は
バッグの型崩れ防止に使う紙について。

自分はファッションに興味ないんですが、
女性はバッグとかほしがりますね~。

高齢者の自分の母親でさえ、
新しいバッグがほしいとかいいます。

今更と思うんですがそうでも無いようで。

ところで新しいバッグを買うと
中に印刷前の新聞紙のような、

無地の紙の詰め物が
入ってる時がありますよね?

バッグの型崩れを防止するための
黄色っぽい感じの紙です。

それであの紙が欲しいんだけど
名前が分からない。

名前さえ分かれば購入できるのに、
というケースがあるそうですね。

たとえば、新しいバッグを買ったので
古いバッグに詰め物をして保管したい。

その時に似たような紙を探そうとしたが
名前が分からない。

どこに売っているか知りたい、
そういう感じです。

あの紙の名前は何なのか?

実はあの紙の品種名は中質紙というんです。

品種名さえ分かれば通販でも文具店でも
購入することは簡単です。

しかしバッグの詰め物を買うのなら
中質紙を使わなくてもいいんじゃないか。

そう思うんです。

もうちょっと簡便な方法も
あるみたいですから。

ということで。

この記事ではバッグの
型崩れ防止に使われる中質紙と

バッグの詰め物に関する
提案をお伝えします。

スポンサーリンク

バッグの型崩れ防止の紙 品種名は中質紙

中質紙が詰め物として入っているバッグ、
それほど高級ではないと思います。

なぜ詰め物として中質紙が入っているか。

それは安いからです。

品質的にベストだから、
という理由ではありません。

ここで中質紙がどういう紙かを
説明しておきます。

中質紙は本来は印刷用紙で、
上質紙よりも白色度が低い。

機械パルプや古紙パルプが配合され、
表面に塗料は塗工されていません。

パルプ配合だけなら新聞紙や更紙よりも
ちょっとだけ高級という感じです。

分類は中級印刷用紙ですからね。

主な使用用途は雑誌や書籍の本文用紙。

コピー用紙のように一般的ではありません。

だから身近で見ていたとしても
知名度が低いんですね。

実際印刷屋さん以外に
需要もないでしょうし。

中質紙

※写真は中質紙。白色度は低く劣化が速い。

中質紙は劣化が速いので保存に向かない

ここからは元製紙会社社員として
本音の話をさせて下さい。

新品のバッグでも高級ブランド品には
中質紙は使われていないと思います。

自分は高級バッグなんか買いませんけど
人のバッグを見たことはあります。

だいたい白い紙が型崩れ防止用に
入ってると思うんですよね。

品種としては薄葉紙とか純白ロールと
呼ばれる紙です。

どうして中質紙じゃないのか?

先述しましたが中質紙には
機械パルプとか古紙パルプが入ってます。

特に機械パルプに含まれるリグニンが
紙の劣化を促進するんです。

光が当たるとあっという間に黄ばむし、
光が当たらなくても徐々に黄変化します。

せっかく商品が高級なのに
詰め物が黄ばんだらイメージが悪い。

型崩れ防止用の詰め物の紙の値段なんて
バッグ本体の値段とは比較になりません。

だから基本的に晒クラフトパルプ100%の
薄葉紙とか純白ロールを使うと思います。

もうちょっと中質紙が長期保管に
向いていない理由をお話しさせて下さい。

それは大抵の中質紙は
酸性紙だということなんです。

酸性紙は硫酸バンドという薬品を使って
製造された紙。

硫酸バンドは湿気で硫酸イオンを発生し、
バッグを傷める可能性があるんです。

バッグの材質にもよりますが、
皮革も布も硫酸イオンがいいはずはない。

短期間なら影響はないでしょう。

しかし何年もそのままで保管すると
バッグを傷めるかもしれない。

型崩れを防止するための紙で
バッグが傷んだら意味がありません。

そういう意味からも高級品の場合は、
上質系中性紙の薄葉紙が多いと思います。

本当に高級なバッグなら
アシッドフリーペーパーのように

全く硫酸バンドを使用していない
中性紙を選んでいるでしょう。

純白紙

※写真は純白紙。詰め物には最適。

バッグの型崩れ防止にはコピー用紙+キッチンペーパーがいい

では中質紙以外で詰め物として使う紙は
なにがいいのか?

ここでは自分のバッグを保管するために
詰め物をすると想定して考えてみます。

一番手近なところでは新聞紙ですが
長期保存はあまりよくないでしょう。

長期保存すると紙が劣化して黄ばんで
見栄えが悪くなるでしょうし

印刷インキがバッグに移る
可能性もあります。

最近の新聞紙はほぼ
そういうことはありませんが、

可能紙がゼロではないので、
いまいちかなと。

高級バッグと同じように
薄葉紙を使うのは品質的には非常に良い。

これも通販を使えば容易に入手できます。

「アンコ紙」という名前でも
市販されているようですね。

ただし高くつくのと、少量を
わざわざ買うのもどうかなと。

それ以外では新聞紙などを丸めて
ビニール袋とかスーパーの袋に入れる。

それをバッグに詰める、
というのもありますね。

見た目はよくないかも知れませんが。

自分がこれいいかもと思ったのは、
コピー用紙をクシャクシャに丸めて

キッチンペーパーなどで包んで
詰め物にするというもの。

キッチンペーパーだけでも
良いかもしれませんが、

芯になるものがあったほうがと思うなら
コピー用紙を使うという感じ。

コピー用紙はだいたい中性紙ですし、
キッチンペーパーは柔らかい。

だからバッグを傷めることもないでしょう。

この2つならわざわざ買わなくても
コンビニやスーパーで安く売っています。

それに多くの家庭で
常備されているでしょう。

両方共白くてあまり劣化もしませんから、
長期保存にはちょうどいい。

ただし自分の持ち物を
ヤフオクやメルカリで売る場合は、

購入してでも白い薄葉紙を使うのが
無難かもしれません。

(参考)
アンコの紙について

⇒カバンのアンコの詰め物。使われる紙の品種名は何?

スポンサーリンク

管理人のまとめ

ここまでお伝えしたのは、
バッグの型崩れ防止用の紙についてでした。

よく見る新聞紙のような
詰め物は中質紙です。

しかし中質紙は長期保存に向きません。

新品で購入した時に入っていたとしても、
それはそのうち劣化して黄ばんできます。

使い回しはしないほうが良い。

一番いいのは
純白ロールのような白い薄葉紙ですが、

次善策はコピー用紙とキッチンペーパー、
この組み合わせがよさそうです。

もしも販売を考えているのなら、
こんなところはケチケチせずに

良いものを使って
トラブルにならないようにして欲しい。

たかがバッグの詰め物の紙ですが、
少しの気遣いで保管状況が変わります。

大事なバッグですから
大切に保管してくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする