同人グッズ一覧

管理人の紙コンサルこと、
べぎやすです。

このカテゴリのお話は
同人グッズに使う紙について。

同人グッズは色々ありますが
紙のグッズも多いですよね。

ラミカ、ポスカ、トレカ、メモ帳、
コースター、栞など。

グッズとは呼びませんが
コスプレ名刺なんかも仲間でしょう。

管理人は元製紙会社社員ですから
使われる紙は気になります。

自作するならもちろんのこと、
業者に頼むにしても

少しは紙のことを知っておいたほうが
トラブルにならずに済むはず。

ということで、このカテゴリでは
同人グッズに使う紙ついて、

管理人が調べたことや提案を
お伝えしたいと思います。

【同人グッズ 紙の印刷での注意点紙】

同人グッズは色々ありますが、
紙で作るのはかなりお手軽。

作成枚数が少ないなら
パソコンとインクジェットプリンタがあれば

自分でコスプレ写真を取り込んで印刷とか、
イラストをプリントアウトとか出来ます。

枚数が多くてもデータが出来ていれば
業者にも頼めるし。

そうなればかなり自由に
オリジナルグッズが作れますね。

管理人としては
使用する紙と印刷に注意して欲しいです。

元製紙会社社員からすると
当たり前過ぎる話なんですが、

インクジェット印刷するなら
インクジェット用紙、

レーザープリンタ印刷なら
レーザープリンタ専用紙を使う。

紙の場合見た目が似ているからといって
その品質も似ている訳じゃない。

品質は違うのに見た目だけは似ている
ということもあるのです。

ということで自作する時に使う紙は
各プリンタの専用紙を使って下さい。

それから専用紙を使っても
プリンタのモードが違っていたら

思ったような印刷仕上がりには
なりませんから注意が必要です。

インクジェット用紙なら
普通紙かマット紙か光沢紙なのか。

それぞれのモードがありますから
間違えないようにして下さい。

普通紙に光沢紙モードで印刷すると
インクの量が多すぎてにじむでしょう。

光沢紙に普通紙モードで印刷すると
インクの量が少なすぎて

光沢紙としての写真のような画像が
得られないかもしれません。

またレーザープリンタの場合なら
厚紙を印刷するなら厚紙モード。

これはプリンタにもよりますが
正しく設定しないとトナーが定着しない。

トナーを定着させるには
熱をかけて溶融させますが、

厚紙の場合は普通紙よりも
熱がかかりにくいので

プリンタの搬送速度を遅くするとか
そういう対策を取ってるんですね。

もしもトナーが定着していないと、
印刷できたのかと思ったら

指でこすると取れてしまうという
トラブルが発生するわけです。

知っている人には当たり前のことですが
トラブルはそういうところで起こります。

十分注意してください。

【同人グッズ 紙の使い分け】

たとえば、ラミカやポスカを作る場合。

ラミネートをするかどうかで
紙の種類を考えたほうがいいです。

ラミネート場合製品の表面性は
ラミネートの表面性で決まります。

ラミネートのクリア加工をすれば光沢に、
マット加工をすればマットになります。

紙の表面の光沢、マットは
あまり関係がありません。

特にインクジェットの場合、
光沢紙とマット紙では

紙の値段が大きく違うので、
なるべくマット紙を使うほうがお得。

ラミネートをしないグッズの場合は
光沢が必要なものは光沢紙、

そうでないならマット紙と
使い分けたいですね。

それから名刺に使う紙。

これもどんな風に作るかで
変わって来ます。

たとえばコスプレ写真を印刷する場合。

インクジェット印刷するなら
光沢インクジェット用紙がいい。

写真用とかフォトとかのやつですね。

普通紙やマット紙と光沢紙では
印刷上がりが全く違いますので。

ただし、淡いイラストとか文字だけなら
厚手のマット紙でもいいでしょう。

企業なんかでカラーのロゴが
ワンポイント入っている名刺がありますが

あのレベルなら厚手の普通紙でも
マット調インクジェット用紙でも大丈夫。

もちろん光沢紙を使ってもいいですが
ちょっともったいない気がします。

この辺はお好みで。

あと、カラーレーザープリンタで
写真入り名刺を作るのはイマイチ。

カラーレーザーは着色剤として
トナーを使っていますがこれは顔料。

一方、インクジェットプリンタインクは
一般的に染料を使っています。

そして顔料と染料を比べると
染料の方が粒子が小さいく発色がいい。

それにカラーレーザーの場合
コート紙タイプの紙に印刷しても

光沢インクジェット用紙のような
深みのある光沢感は出ません。

ここは紙としての品質設計が違う、
ということなんですね。

管理人としては
レーザープリンタで名刺を作るなら

モノクロか単純なロゴ入りデザインが
おすすめかなと。

【管理人のまとめ】

今回お伝えしたのは
同人グッズに使う紙についてでした。

紙の開発に関わった人間からすると
当然のようなことでも

知らない人にしてみれば
そういうことかと思うこともあるでしょう。

同人グッズは同人誌のおまけ
みたいなものかもしれませんが、

せっかく作るのですから
喜んでもらいたいもの。

名刺だってただ渡すよりも
何か工夫してみたいでしょうし。

もらう側からするとそういう
ちょっとした気遣いが印象に残ります。

そういう気持ちの入るものですから、
紙の選び方は間違えないで欲しい。

そういう意味でこの記事が少しでも
参考になればと思います。

同人グッズ作成楽しんで下さいね!

フォトカードとトレカの違いは何でしょうか?ほぼ同じです!

フォトカードとトレカの違いは何でしょうか?これらはほぼ同じでもので、どちらも写真が入っているものということになります。しいて言えば後者はコレクションやトレードを前提としているものです。見かけ上フォトカードとトレカの違いはほとんどないということです。

透明トレカは光沢紙で作る方がいい!その理由は塗工層の厚さ

透明トレカは光沢紙で作るほうがいいのですが、その理由はなんでしょうか?それは塗工層が厚いからということです。インクジェットの場合、そこに色が残るので紙を取り除いても印刷部分を残すことが出来るからです。透明トレカを光沢紙以外で作るのは難しいでしょう。

コスプレ名刺をコンビニで作りたい!すぐ簡単に出来るのか?

コスプレ名刺をコンビニで作りたいがすぐ簡単に出来るのか、ということなんですが。これはスマホで撮影した写真を使って作るアプリもあるので、大手ならだいたい作成できます。コスプレ名刺はコンビニでもいいし、自宅にパソコンとプリンタがあるならそれもありです。

好きな画像をポスターに!アイドルやアニメの写真で可能か?

好きな画像をポスターにしたい。アイドルやアニメの写真を自分用に大きくしたいが出来るのでしょうか?これは、画素数の大きなデータを使ってオンデマンド印刷するのがいいでしょう。ただし、著作権の問題があるので好きな画像をポスターにするときは注意が必要です。

ラミカをラミネーターなしで作りたい!どんな方法があるか?

ラミカをラミネーターなしで作りたいが、どんな方法があるでしょうか?保護シートの手貼りだけでは頼りないなら、表に透明フィルム、裏にクリアファイルを使ってそれを切り抜くというのがあります。実際には、ラミカをラミネーターなしで作成するのはかなり面倒です。

ラミネートカードの紙は何が良い?同人グッズを安く作りたい

ラミネートカードの紙は何が良いでしょうか?同人グッズなどを安く作るときに使うならコピー用紙でも構わないと思います。印刷のクオリティは下がりますが、表面がグロスのパウチをすれば光沢が出ます。ラミネートカードの紙はラミの品質との兼ね合いで決めましょう。

インクジェットでしおりを作りたい!どんな紙を選べばいい?

インクジェットでしおりを作るならどんな紙を選べばいいでしょうか?これは絵柄によると思います。少し厚めで、シックなものならマット、キラキラ系やアニメキャラなら光沢という感じでしょう。インクジェットでしおりを作ればオリジナルなものが出来て楽しいですよ。

同人グッズの価格を安く抑えたい?それなら紙系がおすすめ!

同人グッズの価格を安く抑えたいなら紙系のものがおすすめです。簡単なのはポストカードやステッカーでしょう。枚数が少ないなら市販のインクジェットでプリントアウトするだけですから。凝り始めると同人グッズの価格は高くなるので予算と相談しながら作って下さい。