クッキングシートで焼肉はできるのか?鉄板上でも使えます!

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、クッキングシートで
焼肉はできるのかというお話。

管理人は料理はしませんが、
洗い物はやらされます。

フライパンとか結構面倒。

焦げ付かないタイプもありますが
鉄のやつは焦げ付きますよね。

ホットプレートなんかも下手にやると
焦げたあとの片付けが相当大変。

アウトドアで石板で焼肉とかも
食べている間は楽しいですが

その後の片付けが面倒なので
あんまりやる気がしないんです。

料理が好きな人は気にしないでしょうけど。

しかし、そんなときにクッキングシートが
使えれば便利じゃないのか?

ということで。

この記事では、クッキングシートで
焼肉はできるのかについて

管理人の調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

クッキングシートで焼肉は出来ます!

結論から言うと、クッキング
シートで焼肉は出来ます。

たとえば、鉄板やホットプレート、石板や
フライパンの上にクッキングシートをおく。

その上に食材を置いて焼く。

これは大丈夫なんですよね。

あんな熱い鉄板の上に紙をおいて
燃えないのかと思いますが大丈夫。

紙は意外に燃えないんです。

実は紙の耐熱温度はだいたい450℃。

新聞紙のような薄いものだと
約290℃と言われています。

でも火をつければ紙は燃えると
思うでしょうがライターの火は

800℃以上あるんだそうで
それなら燃えるでしょう。

一旦火が付けば燃え広がるので
紙はよく燃えると思うわけです。

しかし使い方によっては
メラメラ燃えることはありません。

例えば、旅館なんかで和紙で鍋料理を
やったりすることがありますが、

あれは底から紙に火をつけてますが
出汁がなくなるまでは燃えません。

結局、紙以外のところに熱が逃げると
そう簡単には紙は燃えないということ。

焼肉でもホットプレートや鉄板の熱が
外気や肉に逃げてしまうので紙は燃えない。

またクッキングシートの場合は表面に
シリコーン塗工してるんですが

このシリコーンも結構耐熱性があって
低くても200℃、高ければ400℃程度。

だから200℃程度の
高温でも大丈夫なんです。

それに鉄板の温度もだいたい
220℃程度なんですよね。

この温度だったら紙は燃えないし
シリコーンも大丈夫。

ということで、クッキングシートは
焼肉に使えるわけです。

クッキングシートはくっつかない

クッキングシートというか紙には
意外と耐熱性があるのですが

クッキングシートには
もう一つメリットがあります。

それはくっつかないということ。

先程、クッキングシートの表面は
シリコーン塗工とお話しました。

このシリコーンというのは
ツルツルしてくっつかないんですね。

イメージとしてはシャンプーに
シリコンオイルが配合されて

髪がツルツルすべすべとか
なりますけどあんな感じ。

シリコーン加工されていると
粘着物がくっつきません。

たとえばシールの台紙。

剥離紙ともいいますが
捨てる方の紙です。

あれも表面がツルツルですが
シリコーン塗工されています。

シールに使う粘着剤が
くっつかないように。

あの粘着剤がくっつかないんですから
焼肉のタレとかもくっつきません。

鉄板だと肉が焦げたらくっつきますが
クッキングシートだとそれがない。

焦げた肉が好きという
人には申し訳ないですが。

まあ普通は焦げた焼肉は嫌だし、
後片付けが大変ですよね。

多分、アウトドアなんかで焼肉やると
鉄板を十分洗えなかったりするのですが

クッキングシートを使えばそのまま
捨てればよくて洗剤を使うこともない。

紙一枚でかなり手間が
省けて便利だと思いますよ。

焼肉にアルミホイルは使えるのか?

焼肉にアルミホイルは使えますが
ちょっと注意点があります。

それはアルミホイルは酸や
アルカリに弱いということ。

料理でアルカリはあまりないと
思うんですが酸はあるんですよね。

たとえばレモン汁。

これはクエン酸ですから
アルミホイルを溶かします。

常温なら問題なくても
加熱していると結構やばい。

下手をするとアルミホイルに穴が開く。

これではせっかくアルミホイルを
敷いている意味がありません。

それから、表面加工が
ないので焦げ付きます。

なので、クッキングシートのほうが
焼肉には使いやすいと思いますね。

ワックスペーパーは焼肉には使えない

クッキングシートとよく似た紙に
ワックスペーパーがあります。

ワックスペーパーはチョコレートなどの
お菓子を包んでもくっつきません。

これはいいんですが、弱点があります。

それはワックスが熱に弱いということ。

だいたい、ワックスペーパーに使う
ワックスの成分はろうそくが多いんです。

そのろうそくは80℃くらいで溶けます。

その溶けたろうそくを紙に含浸したのが
ワックスペーパーなんですよね。

だから、ワックスペーパーを鉄板に
置くとワックスが溶けてしまいます。

これでは意味がない。

ワックスペーパーはクッキングシートに
似ていますが焼肉には使えないのです。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、クッキングシートで焼肉は
できるのかというお話でした。

結論から言うと、クッキング
シートは焼肉に使えます。

クッキングシートは鉄板の温度である
220℃程度なら大丈夫ということです。

また、使うメリットとしては表面が
シリコーン加工してあって

くっつかないので肉が焦げ
付かないし鉄板が汚れない。

焼肉の後の後片付けが楽です。

また、アルミホイルも使えますが
酸に弱いし焦げも付くのでイマイチ。

ワックスペーパーはワックスに
耐熱性がないので使えない。

ということでした。

クッキングシートは耐熱性があって
くっつかないのでケーキを作るときも

かき揚げのような天ぷらの
ときもうまく使えば重宝します。

色々工夫ができると思いますよ。

この記事が、クッキングシートを使って
焼肉をする参考になればと思います。

焼肉、楽しんで下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする