スポンサーリンク

オーブンで紙は燃えるのか?熱源に接触しなければ大丈夫です

オーブン 紙 燃える

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、オーブンで紙は
燃えるのかというお話。

管理人はお菓子作りとかしませんが。

手作りのケーキやクッキーがあれば
大喜びで食べるタイプですね。

そういうときにクッキングシートを
うまく使えば掃除がとても楽。

金属の容器にバターを塗るとか
そういう工夫はありますけど

牛乳パックにクッキングシートを
敷いておけば使い捨てできますし。

効率がいいですからね。

元製紙会社社員としても下手な
リサイクルより再利用の方がいい。

特に内側が銀色の紙パックは
リサイクルできませんから

こういう再利用に使ってから
燃やすゴミにしてほしいかなと。

そうそう、銀色の紙パックは
アルミが入っているので

電子レンジでは使わないほうがよくて
あくまでもオーブンで使ってくださいね。

まあ、牛乳パックごと電子レンジで
温める人はいないでしょうけど。

いずれにしても、牛乳パックは複合材料。

紙のリサイクルには向いていません。

クッキングシートもシリコーン塗工なので
古紙としてはあまり歓迎されませんね。

食品に直接触れているのでニオイが
ついたり油がつくのでなおさらですが。

それはそうとして。

これらの紙はオーブンで使われますが
燃えたりしないのでしょうか?

紙は燃えやすいというイメージがありますが。

ということで。

この記事では、オーブンで
紙は燃えるのかについて

管理人の調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

オーブンで紙は燃えるのか。問題は使い方です!

オーブンで紙は燃えるのか?

結論から言うと、使い方によって
燃えるときもあれば燃えないときもある。

どういうことか?

まず紙の耐熱温度なんですが
一応450℃程度と言われています。

クッキングシートのように薄い紙は
250℃程度ということのようです。

製造の話をすると紙を乾燥するとき
温度は200℃程度まで上げるんですよね。

一応紙自体は流れているので滞在時間は
数秒でしょうが200℃程度にはなります。

これは、抄紙工程でも塗工工程でも
その程度の温度にはなるんです。

それから、オフセット輪転機での印刷でも
そのくらいの温度まで上がることがあります。

だから200℃程度の温度なら問題ない。

もちろん、時間にもよります。

いくら200℃程度で燃えないとしても
長時間高温に入れていたら焦げます。

普通に使って発火することはないにしても
焦げてボロボロになる可能性はあります。

だから、使うときは説明書きをチェックして
その温度、時間の範囲で使って下さい。

クッキングシートなら250℃、
20分程度だと思います。

温度が低ければある程度時間が
長くても大丈夫でしょう。

天ぷらなんかだと180℃程度でしょうし
揚げている時間も数十秒でしょうから

この中に紙を入れても特に問題はないし
オーブンも200℃で20分程度ならOK。

使える方法で使うなら
問題はないということです。

オーブンで紙が燃えるのは熱源と接触しているとき

問題はここからです。

普通に使えばオーブンで紙が
燃えることはないんです。

しかし。

オーブンの熱源と接触するとこれは危険。

オーブンの内部を200℃程度にするなら
熱源はそれよりも相当高温になるはず。

さすがにそんな温度では紙は持たない。

それが一瞬なら良いでしょうが
長時間となると焦げたり燃えたりする。

具体的には金属部分ですね。

ヒーターに近い金属部分に
紙が長時間接触すると危険。

それでもそう簡単には燃えませんが
一度火がつくと炎を出して燃えます。

そうなると収拾がつかなくなってしまう。

ここは十分に気をつけてほしいところです。

紙は思っているほど燃えない

ここからは余談です。

紙は燃えやすいものなんですが
思っているほど燃えません。

紙も1枚だったら簡単に燃えます。

しかし、束になっていた場合、火をつけても
表面が焦げるだけで中までは燃えません。

結局、物が燃えるには酸素が必要で
それが十分供給されないと燃えない。

それは紙でも同じことですから
ただ温度が上がるだけでは

蒸し焼き状態で焦げるだけで
炎を上げて燃えることにはなりません。

だから故意に火をつければ
紙は燃えるんですが

200℃程度のオーブンでは
そう簡単には燃えないんですね。

ライターの火なら簡単に燃えますが
あれは800℃-1000℃もあるんです。

だから簡単に燃えるんです。

そういうことは理解した上で
正しく紙を使ってほしいですね。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、オーブンで紙は
燃えるのかというお話でした。

結論から言うと、正しく使えば
オーブンで紙は燃えません。

しかし、熱源の近い金属に
長時間接触すると危険です。

実は紙はそう簡単には燃えないんですが
一旦火がつくと炎を上げて燃えて危険。

たとえばクッキングシートなら温度や
時間の設定が記載されていますから

その注意書きとか説明書きを
守って使うことが重要です。

ちなみに。

牛乳パックや紙コップは内側に
ポリエチレンラミネートしてます。

これは熱に弱いので溶けます。

管理人としては牛乳パックや紙コップで
ケーキを作るなら中にクッキングシートを

敷いて、ポリエチレンラミネートが溶けても
食品に触れないようにしてほしい。

ポリエチレンは身体に無害だそうですが
やっぱり気持ちは良くないですからね。

いずれにしても、紙は思っているより
耐熱性があるのでうまく使って欲しい。

使い捨てが出来る便利さがありますので。

この記事が、オーブンで紙を使う
ときの参考になればと思います。

美味しいお菓子を作ってくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする