スポンサーリンク

紙コップをオーブンレンジで使う!カップケーキを作る注意点

紙コップ オーブンレンジ

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、紙コップをオーブンレンジで使う
ときの注意点についてというお話。

趣味でお菓子を作る女性は多いですね。

管理人はお菓子作りはしないんですが、
食べるのは大好きです。

ちょっとしたケーキやクッキー
チョコレートなどいいですね~

残念ながらそういうのを
作ってくれる女性がいないですが。

それはそうとして。

ケーキでも紙コップを利用した
カップケーキがありますよね?

あれって大丈夫なの?と思います。

ネットを見ていても普通に作っている人と
使わないほうが良いという人がいるし。

ということで。

この記事では、紙コップを
オーブンレンジで使うことについて

管理人なりに調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

紙コップをオーブンレンジで使うときの注意点

紙コップをオーブンレンジに入れて
加熱しても紙は大丈夫です。

しかし、内側にラミネートされている
ポリエチレンが問題です。

ポリエチレンは110℃くらいで溶けるので
カップケーキを焼くときの温度が

170℃くらいだとすると
ポリエチレンは溶けてしまいます。

ただこれがかなり微妙で
コップの中が空だとまずいんですが

中身が入っている場合は
その限りではありません。

オーブンは170℃に設定されていても
コップの中のケーキが加熱されるので

ポリエチレンはそこまで加熱されていない
ということもあるからなんですね。

このあたり、加熱温度、加熱時間
ケーキの量などで変わります。

管理人としてはポリエチレンの耐熱性を
考えると直接使うのはどうかなと思います。

ではどうするか?

一つは耐熱性のある紙コップですね。

ポリエチレンラミネートされていない
紙コップがあればそれを使う。

ただ、それはあまり売ってないでしょう。

耐熱性があるということで行くと
内側をポリエチレンではなくて

PET樹脂でラミネートしたものなら
オーブンでも使えるでしょう。

そういう用途で販売している
紙コップもありますからね。

それ以外の方法としては
クッキングシートがいいですね。

クッキングシートは半透明で
シリコーン塗工されている紙です。

水分を拭き取るクッキングタオルとか
クッキングペーパーではありません。

それで、紙コップの中にクッキングシートを
敷いてその中にケーキを入れて焼く。

これだとポリエチレンが溶けても
間にクッキングペーパーがあるので

ケーキに溶けたポリエチレンが
混入することはありません。

また、クッキングシートは紙に
シリコーンを塗工しているので

ケーキが紙にくっつかず
取り出しやすくなります。

ちなみに。

牛乳パックでケーキを焼くときも
同じような感じで出来ますね。

ポリエチレン自体は食べても毒では
ありませんがいいものでもありません。

オーブンで溶けなければいいのですが
もしも溶けたら困りますから

その対策としてクッキングシートを
おすすめしたいと思います。

実際のところ、ケーキがポリエチレンに
直接触れなければいいので

アルミホイルでもコピー用紙でも
使えるんじゃないかとは思います。

ただ、クッキングシートなら
ケーキが取り出しやすい。

アルミホイルや普通の紙だとケーキが
くっついて取り出しにくいですからね。

それから、クッキングシートと良く似た
紙でワックスペーパーがあります。

しかしワックスペーパーは名前の通り
ワックスを紙に含浸させたもの。

ここで使われているワックスは
ろうそくなんですが、

成分的にはポリエチレンと
ほぼ同じで耐熱性が低いです。

だからワックスペーパーは使えない。

クッキングペーパーもワックスペーパーも
お菓子作りではよく使います。

これは勘違いしないようにして下さい。

紙の耐熱性について

ここからは余談です。

紙はそう簡単には燃えません。

実は紙の耐熱温度というか発火温度、
燃焼温度になるのか分かりませんが

とにかく約450℃以上にならないと
紙は燃えないんです。

紙は火をつければすぐに
燃えるイメージがありますが

ライターの火は800-1000℃
くらいあるんですよね。

確かに紙は燃えやすいんですが
燃焼温度は450℃くらいなので

オーブンで200℃程度に加熱しても
そう簡単には燃えません。

火がつかない限り大丈夫なんです。

しかしポリエチレンは110℃くらいで
溶けてしまうんですよね。

ポリエチレンにも種類は色々あるので
どれでもというわけではありません。

しかし紙と比較すると耐熱性は低い。

ポリエチレンが溶けるかも知れないなら
ケーキに直接触れないほうがいい。

管理人としてはクッキングシートを
使ったほうが良いかなと思うわけです。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、紙コップをオーブンレンジで
使うときの注意点、というお話でした。

紙コップでカップケーキを作るとき。

ポリエチレンラミネートされている紙コップは
クッキングシートを使ったほうがいい。

ポリエチレンはオーブンの熱で
溶ける可能性があるので

クッキングシートを敷いた中にケーキを
入れたほうが良いということでした。

ちなみに、紙は発火温度が約450℃なので
オーブンレンジの加熱で燃えたりしません。

紙は以外に耐熱性があるということです。

この記事が紙コップをオーブンレンジで
使うときの参考になればと思います。

ケーキ作り、楽しんでくださいね!

こんな記事も読まれています

⇒パウンドケーキを牛乳パックで作りたい!そのまま使えるの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする