スポンサーリンク

揚げ物でクッキングシートを使う!紙を油に入れて大丈夫か?

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、揚げ物でクッキングシートを
使っても大丈夫かというお話。

管理人は料理は出来ないんで、
もっぱら食べること専門です。

揚げ物も好きでよく食べますね。

高級品は食べられないので
さつまいもの天ぷらくらいですが。

ただ、揚げ物をやると油が出ますから
下手をするとベタベタして大変です。

そんなときに便利なのがクッキングシート。

これを敷いた上に揚げ物を乗せれば
揚げ物はベタつかないですよね。

油が多いとクッキングシートで
吸いきれなくてお皿まで油が届きますが

揚げ物自体はサラッとしていて
あまりベタベタしない気がします。

それで、クッキングシートは便利に
使わせてもらってるんですが、

かき揚げのレシピを見ていたら、
クッキングシートごと揚げるんだとか。

クッキングシートの上でかき揚げが
出来てそのままさらっと御飯の上に!

クッキングシートだからかき揚げが
紙にくっつかずにサラッと行くわけです。

高熱の油に入れて大丈夫なのか?
と思ったんですが、実際に大丈夫。

では何故大丈夫なのか?

ということで、

この記事では、揚げ物でクッキングシートを
使っても大丈夫かということについて

管理人なりに調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

揚げ物でクッキングシートを使っても大丈夫な理由は紙の発火温度が高いから

揚げ物でクッキングシートを使っても
大丈夫なわけですがその理由。

まず、紙の発火温度は450℃程度なんです。

紙は燃えやすいですから、
低い温度でも燃えると思いますよね?

でも違うんです。

発火温度は450℃程度。

揚げ物をするときの油の温度が
約200℃なら燃えないわけです。

発火するには温度が足りてませんから。

紙はライターやマッチで燃えるじゃないか
と思いますが、あの温度は何度なのか?

実はあの温度は800℃-1000℃。

発火温度が450℃なら燃えますが
逆に言うとこれくらいにならないと燃えない。

だいたい、紙の製造工程で乾燥させるとき、
その温度は200℃近くになります。

紙の塗工工程で塗料を乾燥させるときも
瞬間的に200℃近くになります。

オフセット輪転印刷のインク乾燥でも
180℃程度やそれ以上になることがあります。

それから、紙の試験でブリスター
試験というのがあります。

これはコート紙をオイルバスに入れて
火ぶくれが出来るかどうかを見る試験。

それで、このときのオイルの温度が
高いところで200℃程度。

そのとき紙は燃えません。

色々書きましたが、200℃程度の
油では紙は燃えないということです。

スポンサーリンク

揚げ物にクッキングペーパーが便利な理由

ここまで揚げ物にクッキングペーパーを
使っても耐熱性は問題ないとお話しました。

次に重要なのは表面にシリコーン
加工しているということです。

シリコーンで何を思い浮かべるか
人によって違うと思いますが、

女性の方ならシャンプーの
成分を思うかもしれませんね。

シリコンが配合されていて
髪がすべすべとか。

ノンシリコンだから髪に優しいとか。

あのシリコンとクッキングペーパーの
シリコーンの成分は似たようなものです。

どちらも水や油を寄せ付けず
ツルツルするんですね。

表面エネルギーと言ってましたが、
この差が大きいとはじきやすい。

表面エネルギーはこんな感じ。
単位は[mN/m]

水: 73
油: 25~30 (石油・鉱油)
S1.シリコーン: 16~30

F1.フッ素樹脂1: 18 (PTFE、フライパンなど)
F2.フッ素樹脂2: 10~25 (フッ素樹脂+シリコーンコーティング)
F3.フッ素樹脂3: 6 (CF3の場合、実験室レベルでの最小値)

フッ素樹脂は別格として、シリコーン樹脂は
水や油より表面エネルギーが低い。

そのため液体でもはじくわけです。

つまり、揚げ物を置いていても
サラッととれるわけですね。

揚げ物にワックスペーパーは使えない

それから、クッキングペーパーと似ている
ワックスペーパーは揚げ物には使えません。

ワックスペーパーはお菓子を
包むのによく使われます。

これも耐油性があるので
チョコレートとかキャンディーの

包み紙に使ってべとつかないので
重宝されるんですね。

しかしこのワックスペーパーは
揚げ物には使えません。

紙として燃えるからではありません。

そうではなくて、ワックスが溶けるから。

ワックスペーパーというのは名前の通り
紙にワックスを含浸させたもの。

ワックスというのはろうそくですね。

あの、ケーキに刺したり
お墓や仏壇にお供えするやつ。

手で持てばツルツルしてますが
あれを溶かして紙に染み込ませています。

それで、ワックスが溶ける温度は
種類によって色々ですが

だいたいは100℃以下の
低い温度で溶けます。

専門的に言うと成分は同じでも分子量で
融点が変わってくるということです。

しかも、成分的には油に近い。

だからワックスペーパーを揚げ物の
油の中に入れるとワックスが溶けてしまう。

温度的にも、成分的にも
ワックスが溶けるわけです。

染み込ませていたワックスが
溶け出してしまったらただの紙。

せっかく水や油をはじくように
ワックスを含浸させたのに。

クッキングペーパーのように
さらっとはならないんですね。

ちなみに。

ワックスペーパーのワックスは
ポリエチレンに近いです。

厳密に言うとパラフィンワックスが
ポリエチレンに近い。

ポリエチレンラミネートの紙、
たとえば紙コップも熱に弱いです。

柔らかくなる温度は80℃くらい。

溶ける温度は180℃くらい。

これも分子量によって違いますが、
揚げ物の油の温度には耐えられない。

紙コップや牛乳パックでケーキを
作ったりしますがこの温度でも

ポリエチレンは軟化しますから
管理人としては、クッキングシートを

紙コップや牛乳パックの間に入れて
ケーキを焼いたほうがいいと思います。

そんなの気にしないというなら
特に害はないのでいいんですが。

管理人のまとめ

今回は、揚げ物でクッキングシートを
使っても大丈夫かというお話でした。

結論から言うと大丈夫です。

紙はその温度では簡単に燃えません。

むしろ上手く使ってください
ということでした。

それから、シリコーンやワックスに
ついてもお話させていただきました。

クッキングシートは工夫次第で
かなり使えると思いますね。

管理人は料理しないんですけど。

この記事が、揚げ物でクッキングシートを
使うときの参考になればと思います。

美味しい揚げ物を作って下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする