名刺用の紙の種類。自作で写真をキレイに入れたいならコレ!

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回のお話は、
名刺を自作する時に使う紙の種類について。

名刺って会社で働いている人は
会社が作ってくれますけど、

会社とは別に趣味で活動する人は
自分の趣味用の名刺がほしいですよね。

コスプレやる人だったら、
コスプレの写真を入れるとか、

釣りが趣味の人なら、
魚を釣り上げた写真を入れるとか。

せっかく自分用の名刺を作るのですから、
特徴のある写真を入れたいもの。

ではそんな名刺を作るとき、
紙の種類は何がいいのか?

この記事では名刺用の紙の種類について、
自分なりにお伝えしたいと思います。

【名刺用の紙の種類 写真を入れるなら
光沢インクジェット用紙】

結論から言います。

名刺を自作して写真を入れるなら、
光沢インクジェット用紙がおすすめです。

枚数が少ないときは特に。

名刺用の光沢インクジェット用紙が
市販されています。

特にこだわりがないのなら、
それを使うのも良いと思います。

光沢インクジェットをおすすめする理由は、
写真がキレイだから。

それ以外の紙では
写真がキレイに印刷できないんですね。

まず普通紙やマット調インクジェット用紙では、
光沢感のある写真にならない。

印刷自体はキレイに出来ますが、
写真のような質感が出ません。

レーザープリンタに専用のコート紙で印刷、
というのもありますが、

カラーレーザープリンタは
インクジェットプリンタと比較して高価で、

まだ家庭では馴染みがないでしょうから、
自作するなら光沢インクジェットというわけ。

名刺でよく使われるケント紙は、
文字とロゴだけ印刷ならいいんですが、

カラー写真は光沢インクジェットのような
印刷品質にはなりません。

それから、自作がいいのは、
ちょっと写真を修正したいとか、

そういうことを自分で出来るので、
融通がきくところでしょう。

特にコスプレなんかする人は
たくさん写真を撮影するでしょうから、

パソコンでサッと修正出来るというのは
都合がいいですよね。

明日名刺が必要だと言う場合でも、
夜のうちに作れるわけだし。

こういうのを名刺屋さんに頼むとなると、
データのやり取りとか時間がかかる。

それにたとえば名刺を30枚作るとして、
A4?1枚で10面取れたらA4?3枚。

この枚数を名刺屋さんに頼むのかと
いうことになるんですよね。

だいたいA4?3枚の印刷なんて一瞬。

こんな枚数では頼む方も頼まれる方も
割に合わないと思うんですよね。

会社のように何百枚単位で作るならともかく
個人が趣味で作るんですから、

枚数も少ないわけですし、
どう考えても自作するほうがお得。

こうやって色々考えてみると、
趣味用の名刺を写真入りで自作するなら、

光沢インクジェットで作るのがいいだろう、
と思うわけです。

【名刺用の紙の種類
インクジェットにコート紙は使えない】

ここからは元製紙会社社員の本音を
お話させて下さい。

名刺に写真を入れる場合。

光沢インクジェット用紙がおすすめと
説明してきました。

しかし、光沢インクジェット用紙も、
一般のコート紙も見た目は似ていますから、

コート紙にインクジェット印刷すれば
いいと思う人がいるかと思います。

ところがそうはいかない。

コート紙はオフセット印刷用の紙。

光沢インクジェット用紙は、
インクジェット用の紙。

両者は見た目こそ似ていますが、
紙としては全く違うものです。

コート紙をインクジェットで印刷すると、
インクがにじんで印刷になりません。

理由は両者では印刷方式が全く違うから。

特にインクが違う。

オフセット印刷用インクは
顔料と樹脂分で50%程度。

一方インクジェット印刷用インクは
約8割が水。

インクの組成が全く違いますから、
紙の方もそれに対応しないといけない。

特にインクジェット印刷では
インクに含まれる水の吸収と、

インクがにじまないように
色を定着させることが重要。

これらの対策をせずに
インクジェットで印刷するとにじみます。

そのことが分からずにチラシの裏や
土産物屋で買ったハガキなんかに、

インクジェットで印刷出来ないのかと
言う人がいます。

そんなことをしても印刷できないし、
プリンタを汚すだけですから、

やめて下さいと言うのですが、
分かってくれない人が多いです。

とにかくコート紙と
光沢インクジェット用紙は全く別の紙。

コート紙にインクジェット印刷できれば
光沢インクジェット用紙を開発しません。

インクジェットインクに対応するための
吸水性や定着性をどうするのか。

写真のような印刷にするために
どんな塗工層にすべきなのか。

光沢インクジェット用紙は
こういうことを研究して開発された紙。

この部分は一緒にしてほしくない、
というのが本音です。

名刺屋さんがオフセット印刷で
4色印刷する時に厚手のコート紙を使う。

それは品質的に理にかなっています。

しかしインクジェットプリンターで
写真入りの名刺を自作するなら

光沢インクジェット用紙を選ばないと
うまく印刷できませんよ、ということです。

【管理人のまとめ】

今回は、名刺に使う紙の種類として、
光沢インクジェット用紙がよい、

写真入りで枚数が少ない場合は
特におすすめとお伝えしました。

管理人も考えることなんですが、
会社を辞めた後は趣味でもないと

だんだんと人と会う機会が減って
孤独になっていきます。

逆に趣味のサークルなどがあれば
人と出会う機会もあります。

そんな時に趣味用の名刺があれば
挨拶もしやすい。

そういう意味で名刺は結構大切だし、
個性のある名刺を作るのもまた楽しい。

自分の輪を広げるためにも、
かっこいい名刺を作って下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする