スポンサーリンク

スタンプが滲まない工夫?コートはNG厚い上質を使うべき!

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回はスタンプが滲まない工夫について。

スタンプって色々ありますが、
ここでは紙にハンコを押すタイプ。

管理人なんかは、スーパー銭湯とか
散髪屋さんのカード持ってます。

よくあるパターンですよね。

スタンプラリーとかもありますよね。

鉄道会社がやるような大掛かりなものから
町内会レベルのちょっとしたものまで。

大掛かりなものはそれなりに企画会社が
入っていて使う紙からスタンプのインクまで

どんな物を使うかというノウハウが
あるんじゃないかと思いますが、

町内会レベルだと、スタンプラリーに
どんな紙とインクを使えばいいの?

という場合もあると思います。

それで、元製紙会社社員の
管理人のアドバイスとしては、

インクはできれば速乾性のもの、
紙はコート紙はNGで厚手の上質紙を使う。

ということになります。

ではなぜコート紙はだめなのか?

ということで。

この記事では、スタンプが
滲まない工夫について

管理人なりに調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

スタンプが滲まないようにするには上質紙を使う

先程もお話しましたが、スタンプが
滲まないようにするには上質紙を使うこと。

できれば紙厚が厚いほうがいいです。

イメージとしては紙が厚めのノート。

間違ってもコート紙を使ってはいけません。

理由ははっきりしています。

コート紙の場合はあまり水を吸わない。

スタンプのインクが水性なら水分が多く、
その水分は紙に吸収されません。

正確には吸収されないというか
浸透するのに時間がかかるんですね。

コート紙というのは表面に塗工しているので
非塗工の上質紙に比べて穴が少ない。

だからインクが表面に残りやすい。

商業印刷でコート紙を使いますが
インクが表面に残るから見栄えがいい。

そういう風に設計されているんですね。

ところがこれをスタンプに使うと
インクを吸わないので乾かない。

押した直後の見た目はキレイでも
手でこするとすぐに汚れるし滲む。

特にスタンプラリーに使うような場合、
速乾性がないとすぐに汚れます。

子供がやれば扱いも雑でしょうから。

コート紙を使えば白紙の見栄えはいいですが
スタンプラリー台紙としては実用性でNGです。

一方、滲み防止効果のある上質紙であれば、
スタンプが乾かないということがない。

もちろん程度ものですから、
ベタベタにインクをつけてすぐに手で擦る

というようなことをすればさすがに
汚れるでしょうがコート紙よりはずっといい。

ただし、上質紙も薄すぎるとインクを
吸収しきれないかも知れませんから

できれば紙が厚めのほうがいい
ということになります。

なお、ここではスタンプ台紙は
上質紙とお話していますが

正確にはコート紙ではなく
非塗工紙であれば使えます。

たとえば、包装紙に良く使われる
クラフト紙のようなものですね。

これも表面に塗料を塗っていませんから
インクをそれなりに吸収してくれます。

雑誌に使われる中質紙や更紙でも
ある程度使えるとは思います。

ただ、印刷用紙としての使いやすさを
考えると上質紙ということです。

自分で作ることを考えたときでも、
厚手のコピー用紙なら使いやすいですし。

スタンプが滲まないために片面コート紙を使うのもアリ

ここまではスタンプ台紙に
コート紙はNGとお話してきました。

しかし、表面にはキレイな4色印刷をして
反対面にスタンプを押すという場合、

上質紙では表面の印刷が物足りない
ということもあると思います。

その場合は、片面コート紙を使うのがいい。

片面コート紙というのは、片面は普通の
コート紙で裏面が上質紙になっているもの。

コート面はアートとか、キャストのように
塗工面が厚くても構いません。

こちらの面は普通にオフセット印刷なので。

それで裏面は上質紙なのでインクを吸収する。

スタンプはこの上質紙の面に押すわけです。

これなら見栄えが良くてインクが
汚れないスタンプ台になると思います。

当然ですが、裏面が上質紙というのが重要。

キャストコート紙の場合、片面がキャスト、
反対面がコートという紙があります。

このパターンは使えませんから要注意ですね。

ちなみに。

コート紙はダメでもマットコート紙なら
大丈夫じゃないかというのはあります。

それからインクジェット用紙なら
大丈夫じゃないかとか。

実際のところこれは使用するスタンプを
押してみないと分かりません。

管理人の感覚ではマットコートは
ちょっと汚れるんじゃないかと思います。

インクジェット用紙はインクの吸収が
良いので使えるかも知れません。

ただし、品種によってかなり差があるので
試さないと分からないというのが本音です。

いずれにしてもスタンプを押す面を
上質紙にしておくのが無難ということです。

管理人のまとめ

今回は、スタンプが滲まないために
使うべき紙についてお話しました。

結論はコート紙はNG、上質紙を使うでした。

特にスタンプラリーに使う台紙は扱いが
雑になりますからインクが乾かないとダメ。

コート紙にスタンプを押して上から紙で
抑えて不要なインクを吸収するとか

そういうことをすればいいのでしょうが、
スタンプラリーではそうはいかないでしょう。

重要書類にハンコを
押すわけではありませんからね。

この記事がスタンプが滲まないために
使用する紙を選ぶ参考になればと思います。

スタンプラリー、楽しんで下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 科学ブログ 科学の豆知識へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする