スポンサーリンク

ラクスルの口コミ。全国の印刷会社と提携して仕組みを変える

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、ラクスルの口コミ。
全国の印刷会社と提携して
仕組みを変える、というお話。

ラクスルはネット印刷と言っても
印刷会社じゃないんですね。

いわゆるブローカー。

管理人の感覚で言うと価格.com
みたいな感じがしますね~

もしくは商社って感じでしょうか。

印刷業界であればたとえば
大日本印刷や凸版印刷が

元請けとなって仕事をとってきて
下請けに仕事を流すんですが

この場合はあくまでも印刷会社が
仕事を回す感じなんですよね。

でもこのラクスルの場合はそうではなくて
受注した仕事を協力会社に振り分ける感じ。

やっていることはよく似てるんですが
自社で印刷できないというのが違う。

ただし。

これは良し悪しで、メーカーは
どうしても自分で仕事をやるので

他社に仕事を回しにくいんですが商社は
最適なところに仕事を回すことが出来る。

管理人の感覚では印刷会社が運営する
ネット印刷とラクスルのような会社は

経営に対する姿勢が違うのかな
というように思いますね~

良し悪しは分かりませんけど。

いずれにしても、ラクスルは
「仕組みを変えよう」というのが

経営理念のようなので既存の
印刷会社とは一味違うのでしょう。

名前のラクスルも「楽する」みたいですし。

ということで。

この記事では、ラクスルについて
管理人の調べたことをお伝えします。

スポンサーリンク

ラクスル。価格は枚数が増えればかなり安い

まず、最も気になるのが価格。

管理人が調べたところでは枚数が
少ない小ロットだとそこそこ安いです。

そしてロットが増えると更に安くなる。

そういう感じですね。

数百枚レベルだと他のネット印刷を
使ったほうがいいような気がします。

管理人の調査では東京カラー印刷、
イロドリ、と言うところが安かったですね。

(参考記事)
ネット印刷の比較
https://kamiconsal.jp/category/netprinthikaku/

いずれにしても枚数によりますけど。

ラクスルは送料無料

ラクスルの送料は

全国送料無料(名刺を除く)

となっています。

名刺は送料が必要なんですね。

これはちょっと注意が必要でしょう。

ラクスルの納期

ラクスルの納期はどうなるのか?

もちろん、日数に余裕が
あるほど安くなります。

問題は最短納期ですよね?

管理人が公式サイトを確認したところ
受注受付日以降1-3日みたいです。

受注受付というのは入稿、データチェック
支払い確認が出来て受け付けた日。

他のネット印刷に比べてちょっと
遅いかなという気がします。

ただし。

「チラシ・フライヤー印刷で当日出荷」

だそうです。

該当ページ
URL:https://raksul.com/magazine/campaign/flyer-shipping-today/

これらは当日のAM10:59までに注文、
AM11:59までに受付日確定で当日出荷。

なので本州、四国は翌日到着になります。

北海道、九州、沖縄や離島はもっと
掛かりますがそれはどこも同じですね。

それ以外の品種では数日
かかると言う感じですね~

ところで。

管理人、この当日出荷の記事をラクスルの
HPのリンクから見つけることが出来ません。

普通にグーグルで検索したら出てくるのに。

どういうわけかラクスルのHPの
トップページには検索窓がない。

こういうところを見ると本当に
顧客優先なのか気になります。

管理人の考えすぎですかね?

ラクスルの入稿

一般的なネット印刷と同様顧客が
データを入稿するわけですが、

チェックはオンライン上で自分でやる、
オペレーターに頼む、というのがあります。

もちろん、自分でやるほうが速いです。

ここでの入稿チェックは印刷できる
データかどうかの確認になります。

誤字脱字や入力ミスがあれば自分で
修正して差し替えないといけない。

このあたりはネット印刷では普通のこと。

一般の印刷会社のような
融通は利かないのでご注意を。

ラクスルの品質

ラクスルは自社で印刷機を
持たないという経営スタイル。

これはどの工場で印刷するかは
毎回変わってくるということです。

なので。

印刷会社によるばらつきがあります。

もちろん、印刷物としてNGとか
そういうのはないと思います。

しかし、前回お願いしたものと
なんとなく色合いが違うとか

微妙に紙が違うということは
起こりがちなんですよね。

ラクスルの場合は複数の印刷会社が
協力工場になっているわけですから

同じ印刷物だとしても違う印刷会社で
印刷すれば仕上がりは違ってきます。

正直言うとこれは仕方ないんです。

こういうことは管理人にも経験があります。

たとえば。

通販カタログで大きな仕事を受注した場合。

同じマシン、同じインク、同じ紙で全部を
こなすことができればいいんですが

それでは納期が間に合わない
というようなことが起こります。

そんなときは元請けが外注に
印刷を頼むことになるんです。

しかも。

紙もインクも違うのに同じ
仕上がりにしてくれと。

これ、かなり無理があります。

それでも、仕事としてはひとつなので
なるべく元請けの印刷見本を見て

それに近い色合いになるように
調整することになるんですが。

カタログを見る最終消費者は
一冊ごとの色など分かりません。

しかし、発注した通販会社は
見本をチェックして文句を言う。

いくつも並べて見比べますから。

このときに色違いだと言われると
クレームになるので怖いんです。

印刷後のカタログでチェックは当然、
印刷前の紙も同様にチェックされます。

通販カタログはそのカタログが
命ですから細かいんですよね~

それはそうとして。

管理人は元製紙会社社員ですから
こういう経験があるんです。

なので、複数の印刷会社で同じ
印刷をした場合、仕上がりは違う。

チラシや名刺など1枚ものであれば
一般的には問題ないでしょう。

しかし発注者としては前とは違うなと
気になるのかも知れません。

正直言うと。

もしそこまで気にするのなら自社で
印刷しているところを選ぶべきです。

ラクスルのようなブローカー型の
ネット印刷ではそこは無理なので。

逆に言うとそういうところを各印刷会社に
任せるから安く出来るとも言えるんです。

発注する側は品質がばらつく理由を
分かった上でどうするかを決める。

最終的にはそこを許容するかどうか。

印刷物の内容と相談になりますかね。

くれぐれも言っておきますが、印刷品質
そのものは問題ないと思います。

品質保証もありますから。

あくまでも同じものを何度か頼んで
それが同じ色合いとか紙質に

なるという保証はないというお話ですから
誤解されないようにお願いしますね。

ラクスルからの紙の提案はあるのか

これはケースバイケースでしょう。

ただし、ネット印刷全般に言えることですが
こういう目的ならこの紙をというような

相談はできないところの
ほうが多いみたいですね。

このあたりは印刷営業員がいる
一般の印刷会社とは違うようです。

しかしながら。

ラクスルは印刷サンプルがもらえます。

※会員登録が必要です。

ラクスルHP:印刷サンプルのご請求
URL:https://raksul.com/contact/sample/

実物を見てどの紙にするかを
決めることが出来ますから

こういうサービスを利用しない
と言う手はないですよね~

この中から気に入ったものを選ぶ
というのが一番でしょうね。

ラクスルのデザインテンプレート

ラクスルではデザインテンプレートが
色々と提供されています。

すでにどんな印刷を刷るか決まっているなら
不要なわけですがこれからどうするかを

決めようと考えている場合は
色々と参考になると思いますよ。

ラクスルHP:オンラインデザイン
URL:https://lp.raksul.com/online-design/

ラクスルのYou Tubeチャンネル

ラクスルはテレビCMをやっているようです。

会社としてのYou Tube
チャンネルもありますね。

You Tubeチャンネル
URL:https://www.youtube.com/channel/UCyihWcvrHmEe-edcqdcJFsQ

それからサイトの使い方動画も。

例えばこれ。

これをみればどうやって注文するか
というイメージが分かりますね。

こういうサービスは他にはない気がします。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回はラクスルの口コミでした。

管理人が調べたところラクスルは
ネット印刷では安い方ですね。

自社で印刷会社を持たないので
最適な印刷会社を選べるのがメリット。

逆に、自社で印刷していないので
品質のばらつきは発生しやすい。

あくまでも印刷仕上がりは問題なくても
前に発注したのと違うと言う意味ですが。

それと納期もちょっとだけ遅いと思います。

東京都内で当日入稿当日到着とか
工場に引き取りに行けるとか
そういうサービスもありますので。

コストの問題もあるのでラクスルは
リーズナブルともいえるんでしょうけど。

ラクスルはネット印刷だけではなく
似たような業態で他事業もやってます。

ブローカーだから業種は関係ない。

「デジタルで仕組みを変える」

そのひとつがネット印刷と言う感じです。

You Tubeチャンネルを持っている
のはそういうことなんでしょうね。

この記事が、ラクスルでネット印刷
するときの参考になればと思います。

ラクスル、うまく使って下さいね!

ラクスルのHPはこちらから。
https://raksul.com/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする