スポンサーリンク

オリジナルノートを作成したい!個人でも作ることが出来る?

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回はオリジナルノートを作成したいが
個人でも作ることが出来るのかというお話。

管理人はノートにこだわりありませんが、
人によっては自分の文具にこだわりますよね。

いわゆる愛好家です。

万年筆にこだわり始めたら
その万年筆に合った紙を探す。

そういう感じですね。

ノートもそう。

自分の気に入ったノートを見つけたら
当然それがスタンダードになる。

ついには、自分で本文用紙を
デザインし表紙を選びたくなる。

そういうものだと思います。

それで。

企業が販促用にノートを作成しますが、
それと同じ感じで個人でも作れるのか?

これが知りたいところですよね。

ということで。

この記事では、オリジナルノートを
個人でも作成出来るのか、について

管理人なりに調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

オリジナルノートの作成は個人でも可能

結論から言うとオリジナルノートの
作成は個人でも可能です。

これネットで調べると対応している
お店が意外にあるんですよね、

「オリジナルノート 作成」で
検索すると結構でてきます。

なんと最低5冊から対応とか、
50冊から対応とか。

もちろん、表紙も本文用紙のデザインも
出来合いのものから選ぶんですが

その組合わせは色々出来るので
自分オリジナルのものが出来る。

そういうサイトがあるんですね。

たとえばこちら。

「冊子印刷ふぁくとりー」

http://www.sasshi-factory.com/use6/

オリジナルノート
最低1冊からOKだそうです。

「プリントパック」

https://www.printpac.co.jp/contents/search_price.html

このページから見積もりが出来ますが、
最低部数は5部のようです。

「ノート本舗」

https://notehonpo.com/

こちらも最低5部からのようですね。

「書きま帳」

http://www.kakimacho.jp/

こちらは最低50部のようです。

簡単に料金シミュレーションが出来ますから
料金を確認してみるといいと思います。

自分だけで楽しむなら5冊くらいが
いいのかもしれませんし、

作成したオリジナルノートを配るつもりなら
50部くらいあったほうが良いかもしれません。

1冊だけでも対応してくれるお店もあります。

このあたりは悩みどころでしょう。

ただ、部数は少ないほど割高になりますから
不必要な部数は頼まないにしても

なるべく多くのロットを依頼した方が
お得になるとは思います。

正直、紙代や印刷代よりも
人件費のほうが高いですから。

オリジナルノート作成が手作り出来るお店もある

ここまでのお話は、オンデマンド印刷などで
小ロット印刷できる業者に依頼するお話。

しかし、こだわりがあるなら自分で
紙を選びたいかも知れません。

世界で1冊だけのノート。

それで、そういう夢を
叶えてくれるお店もあります。

これもネットで出てくるんですが。

たとえばこれ。

紙匠雑貨エモジ

http://kami-emoji.com/note.html

こちらは紙の素材を選んで
自分でノートを作ることが出来ます。

お店の品揃えからチョイスも出来るし
自分で紙を持ち込んでもいいようです。

自分でデザインした表紙をプリンタで
印刷して使うことが出来るかどうかは不明。

お店の人と要相談ということでしょう。

オリジナルノートの作成が少ない部数でも出来る理由

ここからは余談です。

今回オリジナルノート作成について
色々調べてみたのですが

本当に最低1冊とか5冊とか
とても少ない部数から対応してます。

管理人が製紙会社勤務だった頃は
考えられないことでした。

印刷は枚数が少ないと試し刷りの
枚数が多くなってしまう。

それは全部ロスになるわけですから
たった1冊分を印刷するのに

数百冊分くらいの紙のロスが出る
という感じになるわけです。

紙もそうですが、印刷もロットはとても重要で
枚数が少ないとロスばかりになるんですね。

通常のオフセット印刷では
数千枚とか数万枚が普通ですから

ノート1冊では話にならないので
仕事として受けなかったわけです。

しかし、最近では電子データ化が進み
オンデマンド印刷が進化しました。

管理人が製紙会社に勤務していた
30年前もデスクトップ印刷とか

オンデマンド印刷の話はありましたが
まだまだ夢のような話だったんです。

しかしそれが今現実になって
個人がパソコンなどでデザインすれば

そのまま1枚からでも印刷できる、
そんな時代になったということなんですね。

しかも印刷方式はインクジェット、
レーザープリンタ、オフセットなど

様々な方法で小ロットに対応できる
印刷技術が発達してきた。

個人の考えでオリジナルなものが
印刷できるというのは本当にすごい。

本当の意味で多品種小ロット
生産が実現したんだと感じます。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、オリジナルノートの作成は
個人でもできるのか?というお話でした。

結論から言うと、意外に
簡単に出来るということです。

ネットで調べれば1冊からでも
対応してくれるお店があるんですね。

ネット通販もあるし直接お店に
出向いて手作り出来るところもある。

もちろん、ロットが少なければ
1冊数千円とか値段は高いです。

しかし、たとえば30年前では
そもそも対応してくれませんでした。

管理人のように古い人間からすると
時代は変わったんだなと感じますね。

この記事がオリジナルノート
作成の参考になればと思います。

自分だけのノート楽しんで下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする