スポンサーリンク

紙の厚さの単位は何?正しくはμmですがkgも使われます!

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、紙の厚さの単位は何?正しくは
μmですがkgも使われます、というお話。

管理人、製紙会社に入るまで紙の
厚さを気にしたことはありません。

紙なんて薄物でしょう、という程度。

ましては、厚さの単位など全くでした。

だいたい、厚さは長さなんだから
mmとかじゃないんですか?という感じ。

確かにそうなんですが、印刷所なんかで
慣用的に使われているのはkgだったりする。

そのあたり、最初はとまどいましたね~

何でそんな事になっているのか?

ということで。

この記事では、紙の厚さの単位は何?
正しくはμmですがkgも使われることについて

管理人の調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

紙の厚さの単位はμm。なのにkg連量も使われる理由

結論から言うと正確には紙の
厚さの単位はμmになります。

長さですからね。

管理人が製紙会社に入社した頃は
mm/100という単位が使われていました。

ISO規格とかがやかましくなって
μmに変わった記憶があります。

これはあくまでも紙の品質を
考える時の単位になります。

ところが。

印刷工場なんかに行くと
紙の厚さはμmではないんですね。

なぜかkg連量で呼んでいる。

これって重さで長さじゃない。

最初は戸惑いました。

ただ、これにも理由があるわけです。

まず、製紙会社で紙厚、といえば
紙そのものの厚みなんですが、

これって製造現場で同じ銘柄の
同じ米坪に対しても使うんですね。

たとえば、上質紙米坪64g/㎡の
紙厚が80μmという感じです。

それが、測定する場所によっては
81μmだったり78μmだったりする。

こういう紙の評価をするときには
長さの単位であるμmになるわけ。

しかし。

印刷工場が扱う場合はそうではない。

上質紙64g/㎡だと紙が薄いから
もうちょっと紙が厚い81.4g/㎡を使おう。

こういう会話になるわけですよ。

紙が重ければ紙厚も厚いですからね。

つまり、上質紙の64g/㎡は紙厚が80μmで
81.4g/㎡は紙厚が100μmだとか言わない。

同じ銘柄の同じ米坪の紙厚が
どう違うのかという話ではなく、

同じ銘柄の違う米坪で
紙厚の話をしているわけ。

「紙厚」とか「厚さ」ということで言葉は
同じですがシチュエーションが違う。

製紙会社の品質管理なら同じ
米坪の紙厚のバラツキが問題。

しかし、ユーザーとしては同じ
紙の品質のバラツキではなくて

米坪を変えることで紙厚を変更する
というところが重要になる。

なので、厚みのことですが重さで
話をしても構わないわけです。

そのときに、米坪よりもkg連量の
方が印刷会社には馴染みが良い。

ちなみに。

kg連量というのは紙の取引で
使われる重さの単位になります。

品質管理的には米坪を使います。

米坪の単位はg/㎡で、
紙一枚1㎡あたりのg数。

一方連量は使用される紙の
寸法で変わってきますが

たとえば四六判(788mmx1091mm)
が1000枚で何kgになるかという数値。

米坪64g/㎡ならkg連量は<55>です。

<55>というのは55kgということです。

紙の取引でkg連量を使用するのは
紙の重さを計算するのに便利だから。

たとえば紙の価格が100円/kgで
四六判<55>で1000枚なら

55kgx100円/kg=5500円
ということで計算しやすい。

kg連量と紙の枚数を確認すれば
何kg購入して支払金額がわかる。

これを米坪でやろうとすると
一々寸法の確認が必要となる。

そして米坪と寸法と枚数から
重量を計算しないといけなくなる。

実際にはその方が正確なはずなんですが
そんな面倒なことはやらないわけです。

なので商習慣的には紙の重さは
kg連量が使われています。

そして、同じ紙になら重いほど紙も
厚いので紙厚の代用になるんですね。

そして、ユーザーが求めているのは
この紙厚は何μmなのかではなくて

この紙だとちょっと薄い気がするから
もうちょっと厚い紙にしてくれませんか

という感覚的な部分であり
それなら<55>kgが薄いなら

<70>kgにしましょかという
やりとりが出来ればいい。

こんな感じで取引の習慣上紙の厚さが
kg連量で示される事が多いわけです。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、紙の厚さの単位は何?正しくは
μmですがkgも使われますというお話でした。

結局、紙厚を長さで表示するか重さで
表示するかはシチュエーションによる。

製紙会社の品質管理なら同じ製品の
バラツキを確認する意味で長さを使う。

正確なのはこちらです。

しかし、同じ銘柄でもうちょっと
厚い方が良いと言う場合なら

紙が重いほうが厚くなるので
もうちょっと重い紙を使いましょうか

ということになって商習慣上
使われるkg連量で話が進む。

印刷会社がユーザーと話をする時
紙質の細かいことを話すのではなく

もっと感覚的にもうちょっと厚いとか
もうちょっと薄くとかで話をしますからね。

実際、この紙は紙厚100μmです
と言われてもピンとこないでしょうし。

管理人も製紙会社でなかったらkg連量で
話をするほうがわかりやすいと思います。

この記事が、紙の厚さの単位の
参考になればと思います。

紙の厚さに限らず、使う状況で
単位も変わってくるということですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする