スポンサーリンク

POPの紙は何が良い?自分で作るならコピー用紙にパウチ!

POPの紙

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、POPの紙は何が良い、というお話。

管理人はPOPを自分で作ることは
ありませんがお店ではよく見ます。

あれがあるかないかで売上が
大きく変わるんだそうですね~

見ている方としても、買う気がなくても
なんとなく乗せられる気はします。

手書き文字だけのものもあれば
かわいいイラストがついたものもある。

こういうのって、絵心がある人が
描いたらずいぶん違うんだろうなと。

お店だとドン・キホーテの
POPが有名なんですかね。

管理人は知らなかったのですが
POPライターという人がいるそうで。

なるほど、と思いましたよ。

それで、POPにどんな紙を使えば良いのか?

ということで。

この記事では、POPの紙は
何が良いかについて

管理人の調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

POPの紙は自作するならコピー用紙にパウチ

結論から言うと、POPの紙は自作なら
コピー用紙にパウチがおすすめ。

コピー用紙なら格安で入手できるし
パウチをすれば光沢感が出て

見栄えが良くなるし紙が1枚でも
ペラペラせずにしっかりします。

大きさ的にはA4サイズが使いやすい。

それとコピー用紙を使えば
手書きでも印刷でも使えます。

あらかじめパソコンで作成した画像を
プリントアウトして使ってもいいし

急ぎの場合は手描きでイラストや
価格を書いてPOPにしてもいい。

何より格安コピー用紙は安い。

POP広告は経費をかけないのが
良いところだと思うんですよね。

パウチを使うと高くつきますから
安いコピー用紙が良いと思います。

目立たせるという意味では
黄色の色上質紙もありますね。

本来はキザラのような安い紙を
使いたいところですがキザラは

紙厚が厚いのがないと思うので
仕方なく色上質紙の厚口ですかね。

インクジェットの普通紙モードで
印刷もできると思います。

カラーレーザープリンタも
だいたい大丈夫なはず。

こちらはちょっと価格が高いですが
特価、とか言うのはこれですかね。

パウチはあってもなくてもいいですが
特価、とかならないほうがいいでしょうね。

安く買えるところをアピールするのに
パウチをしていたら逆効果でしょうから。

POPの紙を自作するときパウチをしないならPOP用紙

管理人的には、POPはコピー用紙を
パウチするのが良いと思いますが

パウチはしないというのなら
POP用紙が市販されています。

たとえばアマゾンにこんなのがあります。

ナカバヤシ インクジェット用紙 厚紙POP用紙 A4 50枚入 JPMH-A4

結局は上質紙の厚紙ということです。

管理人的には手書きするなら
画用紙でもケント紙でもいいかなと。

インクジェットならインクジェット用紙
レーザープリンタならレーザープリンタ用紙

それぞれ専用で対応しているもので
一番紙厚の厚いものを選べばいい。

紙がしっかりしていてペラペラしない
というのが第一条件ですね。

POPの定義について

ところで、POPって何なのでしょうか?

管理人は定義を知らないので
調べてみました。

ウィキペディアによるとこんな感じ。

==ここから==

POP広告(ポップこうこく、ピーオーピーこうこく)は「Point of purchase advertising」の頭文字を取った略語で、主に商店などに用いられる販売促進のための広告媒体である。

POPは、紙を広告媒体としてその上に商品名と価格、またはキャッチコピーや説明文、イラストだけを手描きしたものであり、数ある広告媒体の中でも単純なツールの一つである。

しかし、POPは個性的な店の雰囲気を作り上げる力があり、POP一つでその商品、ひいては店舗の売上を左右するとまで言われるほど、実に優れた力を持っている。

==ここまで==

「Point of purchase advertising」。

これを日本語に訳すと、購買時点広告。

消費者が商品を購買する場で
行なわれるタイプの広告、

ということだそうです。

見れば分かるわけですけど。

いずれにしてもPOP広告は
商品とともにあるわけです。

それがいかに強力なことか
これはよく考えないといけない。

目の前のものを掴ませる
広告なんですから。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、POPの紙は何が
良いかというお話でした。

結論としては、POPの場合は紙が
しっかりしていることが第一条件。

基本的にはコピー用紙にパウチとか
上質紙の厚紙が良いということでした。

安く入手できるなら白ボール紙でも
段ボールを切り取ってもいいわけです。

同じものを何枚も作るなら
プリンタやコピー機で印刷して

パウチでラミネート加工した方が
都合がいいかなと思いますね。

使い方にもよりますけど。

あと、目立たせるなら
黄色い色上質の厚口。

特に特価のものなんかだと
パウチをせずに使う感じです。

ダンボール箱に貼り付ける感じなら
そこまで紙はしっかりしなくても良いかも。

このあたりはケースバイケースですね。

POP広告は店頭での売上を
大きく左右しますから

適当にやってしまっては
いけないものだそうです。

どうすれば商品が目立つのか
お客様が買いたくなるのかを考える。

その上でイラストや文言を描く。

うまくハマれば、それまで見向きも
されなかった商品が売れて行きます。

そういう実例はたくさんあるようですし、
管理人も聞いたことがあります。

とにかく経費をあまりかけずに
店頭での売上を伸ばすには

非常に優秀な方法ですから
取り入れるべきなんでしょう。

管理人は小売の話は分かりませんが
色々そういう話を聞くたびに

POPをやらないのはもったいない
と思うようになりました。

考えてみればPOP用紙1枚の
材料費なんてせいぜい数十円。

それによって商品の売れ行きが
アップするならやるしかないでしょう。

ドンキホーテにはPOP作成の
パートさんがいるそうです。

あの安売りのドンキホーテが専属の
パートを雇ってまでやってるんです。

それを考えればPOP広告の効果は
絶大だと思うんですけどどうでしょうかね?

管理人は導入すべきと思いますけどね。

この記事が、POPの紙の
参考になればと思います。

POPで売上アップして下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする