スポンサーリンク

観光パンフレットのお取り寄せは?旅行会社、鉄道、ネットも

観光パンフレット お取り寄せ

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は観光パンフレットのお取り寄せは?
旅行会社、鉄道、ネットも、というお話。

管理人、旅行はあまり好きではありません。

自分で企画して自分で旅行なんて
ほとんどやったこと無いんですよね。

会社の出張とか家族で帰省とか
そういうのはありますけど。

まあ、正直言うと移動が面倒なんです。

でも人によっては休みがあると
旅行に出かける人もいる。

あの行動力はすごいなと思いますね~

でも最近はコロナがあったりして
外出もままならないじゃないですか。

観光に行きたいけど行けない。

ならば気分だけでも観光しよう!

それで観光パンフレット。

ネットで見るのもいいんですけど
どうせなら紙のパンフレットがいい。

で、それどこで入手できるのか?

ということで。

この記事では、観光パンフレットの
お取り寄せは出来るのかについて

管理人が調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

観光パンフレットのお取り寄せは出来る

結論から言うと。

観光パンフレットのお取り寄せは出来ます。

そういうサイトもあります。

たとえばこれ。

みんたび
https://min-tabi.jp/

こちらでは有料で観光パンフレットの
お取り寄せが出来るみたいですね。

基本的にパンフレットは無料ですが
送料がかかる感じですかね。

全国各地のパンフレットが
取り寄せられるのは便利。

一回の請求で5種類という制限付きですが。

上手く使えば観光ガイドを
買うより安く済むかも。

こんなやつより安くなるはず。

“ツウ”好みの京都本 街に踏み込む京都ガイド地元流

まあ、雑誌やムック本の場合は
パンフレットとは違った観光地の

紹介もあるので一概に
割高とは言えませんが。

ともかく。

紙のパンフレットをどうしても入手したい
というならネットでお取り寄せはできる。

そういうことです。

観光パンフレットは旅行会社や鉄道の駅で

先程は観光パンフレットはネットで
お取り寄せ出来るとお話しました。

しかし。

普通に外出できるなら旅行会社や
鉄道の駅に行くほうがいいです。

特に大きな駅が近いとか生活圏内なら。

そういうところは全国各地のパンフが
地域別に用意されてますからね~

デパートや百貨店なんかにも旅行の
コーナーがあれば置いてますよね。

そういうところなら何枚もらっても
文句を言われることもないし。

気になる観光地は全部もらって
お家でゆっくり観光気分になれる。

それもいいかなと思いますね。

とはいえ、それは家の近所とか
生活圏内でなければイマイチ。

それだけのためにわざわざ電車に
乗っていくなら割高ですから。

あくまでもついで、ということです。

通勤の途中とか、食事のついでとか
遊びに行ったときのついでとか。

運賃がかかるようなことをするなら
ネットでお取り寄せのほうが安いので。

観光パンフレットに使われる紙について

ここからは余談です。

観光パンフレットなんですが
使われる紙の種類はなんでしょうか?

実はこれはA2コート紙の
127.9g/㎡が多いみたいです。

理由ははっきりしています。

パンフレットの場合、多くはA3サイズを
2つ折りにした感じになってますよね?

そしてこんな感じの透明な
ケースに入ってます。

KINOKINO カタログ スタンド パンフレット ケース (A4縦型4段 1個)

ここに入れるときに枚数が多ければ
紙が薄くても問題ないのですが

もしも1枚だけの場合は紙が薄いと
キチンと立ってくれないんですよね。

ケースの中でフニャッとなるのは
見栄えが悪いじゃないですか。

へんな曲がり方してるとそれが
なんのパンフレットか分からないし。

なのである程度の厚みが必要になる。

それから、見栄えですね。

やっぱり観光パンフレットなら
写真の見栄えが良くないと。

そうなるとコート紙を使うことになる。

マットコート紙もありますけど
コート紙が光沢があっていい。

そう考えるとA2コート紙の
米坪127.9g/㎡になってくる。

コストを考えるともう少し薄い
104.7g/㎡の選択もありますけど

ケースに立てるためのコシを
考えるとちょっと微妙かなと。

高級感を出すために米坪157g/㎡を
使うのもいいですがコストがかかる。

紙は重さで売ってますから米坪が
高くなるほど割高になりますので。

観光パンフレットは通常無料で配布。

なのであまりコストは掛けたくない。

このあたりはクライアントの
考えにもよりますけど。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、観光パンフレットのお取り寄せは?
旅行会社、鉄道、ネットもというお話でした。

これだけネットでなんでも情報を
手に入れることができる時代ですが。

それでも紙のパンフレットの需要は
まだまだあるように思います。

実際のところ、温泉に行ってみたいとか
思うのはそういうパンフを見たときが多い。

ネットで確認して十分なはずなんですが
紙のほうが行く気分になるのはなぜ?

これは不思議な気がしますね~

その紙のパンフレットのお取り寄せが
ネットで出来るというのも不思議な話。

こういう部分は共存関係なのか?

管理人的にはそうあってほしいと思います。

この記事が、観光パンフレット
お取り寄せの参考になればと思います。

旅行、楽しんで下さいね!

(参考)
こんな記事も読まれています。

同人誌表紙の紙について。表面がザラザラしたものの入手は?
https://kamiconsal.jp/doujinhyousikami/

イロドリの口コミ。低価格・短納期・高品質はあたりまえ!
https://kamiconsal.jp/irodori/

カレンダーの紙の名前。テカテカと光沢がある品種は何?
https://kamiconsal.jp/calendarpaper/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする