同人誌表紙の紙について。表面がザラザラしたものの入手は?

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、同人誌の表紙の紙で表面が
ザラザラしたものを入手したいというお話。

本の表紙はとても重要。

表紙一つで売れ行きは変わります。

今のラノベが市民権を得たのも
表紙の勝利といえるでしょう。

その本にふさわしい表紙がある。

表紙で失敗したら手にとってもらえませんから
中身が良くてもどうにもならない。

本の売れ行きはタイトルと
表紙が左右するわけですね。

その表紙、イラストやデザインは
当然として紙質も問題になります。

コート紙にするのか、マットにするのか。

ハードカバーかソフトなのか。

そのなかで、手触りもありますよね。

ツルツルしているのか、光沢があって
指紋が付きそうな感じなのか、

ツヤがなくてザラザラしていて
サラッとした感じなのか。

なかにはエンボスがかかっていたり
箔押しされていたりというのもあります。

色々ある中でこれらは
どうやって入手すればいいのか?

ということで。

この記事では、同人誌の表紙の紙で表面が
ザラザラしたものを入手する方法について

管理人なりに調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

同人誌表紙の紙の表面でザラザラしたものはマットラミ加工】

結論から言うと、紙の表面が
ザラザラなのはマットラミ加工。

紙自体がザラザラしている
わけではありません。

紙自体がザラザラしているとしたら
画用紙とかろ紙になるんですが、

そういう紙は通常表紙には
使われませんからね。

だからこの場合は、商業印刷なら
コート紙にラミネート加工になります。

そのときのラミネート加工がグロスの
ラミネートかマットラミかで表面が変わる。

ザラザラした手触りになるのは
ツヤのないマットラミ加工です。

この場合だとラミネート加工は通常だと
ラミネートフィルムを貼ることになります。

だから、今回の質問の回答としては
表面がザラザラした表紙の場合、

紙を入手するのではなくて、
ラミ加工をマットにする、ですかね。

自宅で作成する場合だと
ラミネートフィルムを購入して

手貼りで表紙に貼る
ということになるでしょう。

そのとき、光沢のある表紙が
良ければクリアラミネート、

ツヤのないザラザラした手触りの
表紙が良ければマットラミネート。

この場合、印刷された紙の
表面性は関係ありません。

マット印刷をしていても
クリアラミをすれば光沢が出るし

グロス印刷をしていても
マットラミをすれば光沢は出ない。

手触りともなればなおさらです。

だから、手触りをザラザラにしたければ
紙ではなくラミネートフィルムが重要。

これを間違えるとイメージ通りの
表紙にはならないということです。

ラミネートフィルムの表面性について

ここからは余談です。

今回のお話で、ラミネートフィルムを
表紙に貼る場合、ラミの表面が

表紙の手触りを決める
とお話しました。

ではそのラミネートの表面はどうやって
ツルツルやザラザラになるのか?

その方法はいくつかあるようですね。

管理人が知っている方法としては

エンボス
サンドブラスト

というところです。

通常、フィルムは鏡面ロールという表面が
鏡面になっているロールで冷却されます。

表面が鏡面のロールに密着しているので
フィルム表面も鏡面を写すわけですね。

クリアラミならこれでいいわけです。

しかしマットラミになるとそうは行かない。

たとえば、通常のクリアラミフィルムを
若干加熱してマットロールで型をつける。

エンボス、ということになります。

この方法は適応できるものと
出来ないものがあるようですね。

もう一つのサンドブラストは
フィルムに砂を吹き付ける方法。

管理人ははじめて聞いたとき、
そんな方法で出来るのかと思いましたね。

クリアなPETフィルムに砂をぶつけるなんて。

実はこれはツヤのない銀色の
シールで使われている方法です。

PETフィルムの裏側からアルミ蒸着して
表側から砂をぶつける。

アルミ蒸着だけだと光沢ですが
サンドブラストでマットになるというわけ。

かなり手間がかかってるんですね~

それから、紙に直接ポリエチレン樹脂を
ラミネートする場合はちょっと違います。

通常は鏡面ロールを使いますが、
マットに仕上げたければマットロール。

ロールの表面はエッチングという
薬品で溶かしてパターンを付ける方法と

機械で彫る方法がありますが、
用途や素材で使い分けるようですね。

紙にポリエチレンラミネートするときは
紙の上に溶けたポリエチレン樹脂を

垂らしてそこに冷却ロールを
押し付けるという感じになります。

このときの冷却ロールが鏡面かマットかで
フィルムの表面が決まるというわけです。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回のお話は、同人誌の表紙の紙で表面が
ザラザラしたものを入手する方法でした。

結論としてはラミネートをマットラミにする。

表面がザラザラの紙は通常
表紙には使わないので

表紙に貼るラミネートを
マットにするということでした。

ラミネートをする場合、見た目の
光沢もラミ表面で決まります。

紙自体が、グロスのコート紙でも
マットラミすればマットの表面になるし、

マット紙でもクリアラミをすれば
グロスの表面になります。

このあたりを理解した上で、
内容に合った紙を選ぶ事が重要。

表紙は本の顔。

表紙が良くないと手にとって
もらえませんからね。

この記事が、同人誌の表紙の紙を
選ぶときの参考になればと思います。

いい同人誌を作って下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする