スポンサーリンク

新聞チラシに使うのは光沢コート紙。一般に売られていない?

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、新聞チラシに使う光沢コート紙は
一般に売られていないのかというお話。

毎朝新聞に入っている折込チラシ。

最近はほとんどがコート紙で
両面印刷されてますね~

たまに裏面が白いものもありますが、
紙面を有効利用するためでしょうか、

両面4色印刷が当たり前
ということになっています。

しかし中には、このコート紙の
白いところがメモに良い人もいます。

できれば白紙のコート紙を入手できないか?

一般には売られていないのか?

ということで。

この記事では、新聞チラシの光沢コート紙は
一般に売られていないのかについて

管理人の調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

新聞チラシの光沢コート紙の入手は難しい

結論から言うと光沢コート紙は
画材屋か通販で入手可能です。

ただし、新聞チラシのような商業印刷で
使われるペラペラの薄いやつは難しいです。

画材屋で扱うのはもっと紙が
厚くてしっかりしているやつ。

どちらかというとデザインで使いますからね。

また、通販で購入できるのも
比較的厚めのコート紙。

入手しやすいのはレーザー
プリンタ用のコート紙になります。

ただ、使用用途がプリンタですので
紙が薄いとプリンタの中で詰まる。

だからチラシの安っぽいコート紙ではなく、
そこそこしっかりした紙が使われています。

また、画材屋で購入するにしても
通販でプリンタ用紙を購入するにしても

入手しやすいのはA4サイズなどに
カットされているカット紙です。

こういう加工には結構手間がかかる。

しかも、一般の商業印刷に比べて数量が
少ないので紙の値段も高くなっています。

チラシに使う安い紙だからメモ用紙に
ちょうどいいと思ったりしますが

現実的には入手が難しいし、
入手できるコート紙は高いのです。

新聞チラシに使われるコート紙が入手できない理由

ここまで新聞チラシに使われるコート紙は
入手しにくいとお話しました。

厚手のコート紙は入手可能なんですが
新聞チラシに使われる薄手のものは難しい。

ではその理由は?

まず、薄物コート紙を使うのは
一般の印刷屋であるということです。

印刷物はチラシとして最終消費者の
目に触れますが白紙に用事はない。

だから、個人向けに販売することはない。

これが大きな理由ですね。

次に、使用されるときは巻取りが多い。

もちろん薄物コート紙も平判印刷はありますが
数量的には圧倒的にオフセット輪転印刷。

大量に安価に印刷するのに都合がいい。

そして、印刷前の白紙は
大きな巻取りで供給されます。

大きな巻取りだからカット紙を作らない
というわけではありませんが

製造する側から言うと巻取りを大量に
供給した方が儲かるんですよね。

カット紙は単価は高く売れますが
全体の金額としては少ない。

巻取りの場合、1本が数百kgになりますが
A4のカット紙を数百kg販売するのは大変。

巻取りだったらあっという間にトン単位の
商売になるので売上が大きくなる。

利益率がいくら高かったとしても
売上高が低いと営業成績は上がらない。

しかし、利益率が小さくても売上額が
大きいほうが営業成績はいいわけです。

そういう面から考えても薄物コート紙の
カット紙を売りたくはないんですよね。

製紙会社としては、オフセット印刷の場合
巻取りで売れた方が都合がいいんです。

特に、大量生産大量消費の品種は
巻取りで販売すると効率がいい。

新聞の折込チラシは
その典型ということです。

こんな感じで、製造側も使用側も巻取りが
都合がよくてカット紙の需要がない。

だから新聞チラシの紙のA4サイズとか
そういうのは入手が難しいわけです。

どうしても必要というのであれば、
紙の卸商に直接頼むとか

印刷会社や加工業者にお願いすれば
入手できなくはないでしょう。

たとえば、印刷会社なら薄物コート紙の
四六版を購入するのは簡単ですから

その中から数枚でも分けてもらえば
個人なら十分な量でしょう。

ただそれはそういう業界に
知り合いがいればという話。

ネットで探せば出てきますが
そこまでやるかということです。

もしもメモ帳にしたいレベルなら
そこまでやる必要はないでしょうね。

新聞チラシよりコピー用紙の方がメモに都合がいい

ここからは余談です。

今回のお話では安い薄物コート紙を
メモ帳代わりに使いたいということで

入手ができるかどうかを調べましたが
実際にはかなり面倒ということでした。

それで、メモ帳を作るだけなら格安
コピー用紙を使ったほうがいいです。

色んな点で有利なんですが、
まずは入手が簡単です。

電気屋でもホームセンターでも
通販でも簡単に入手ができます。

それから安い。

格安と言ってますから安いです。

A4サイズ500枚で298円とかですから。

もうひとつ。

それなりに筆記適性があります。

格安コピー用紙は基本的に
上質紙ですから鉛筆で書けます。

ボールペンでも書けます。

万年筆や水性ボールペンは
にじむかも知れませんが

メモにするのであれば筆記用具を
ボールペンにすればいいだけです。

とにかく、安価に容易に
入手できるのがいい。

それと、家でプリンタを使うなら
コピー用紙は無駄になりません。

また、ミスコピーの裏紙を使えば
もっとエコということになるでしょう。

実は筆記用紙としてはコート紙より
コピー用紙の方が優れています。

管理人は、特にこだわりがないのなら
コピー用紙をおすすめししたいですね。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、新聞チラシに使う光沢コート紙は
一般に売られていないのかというお話でした。

結論から言うと新聞チラシに使われる
薄物コート紙の入手は難しい。

厚物コート紙は画材屋や通販で
購入することは可能ということでした。

また、薄物コート紙は一般商業
印刷の特にオフセット輪転機で使われ、

個人が入手するのは難しいという
理由についてもお話しました。

それから、メモ用紙のような使い方を
するのであれば格安コピー用紙で十分。

むしろ、その方が上質紙なので
使いやすいということもお伝えしました。

管理人は、メモ用紙ならミスコピーの
裏紙がいいと思いますね~

その方がエコだし。

この記事が、新聞チラシに使うコート紙の
入手の参考になればと思います。

紙は用途に適した品種を使って下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする