タンスの中に敷くものは何が良い?紙以外ならタンス用シート

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、タンスの中に敷くものは
何が良いか、というお話。

管理人、自宅には洋服ダンスがあります。

とはいえ、服があまりないので
収納も気にしてませんけど。

ただ、確かに、タンスには
何かを敷きますよね?

新聞紙が多いかなと思いますが。

で、実際のところどうなのか?

ということで。

この記事ではタンスの中に敷く
ものは何が良いか、について

管理人の調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

タンスの中に敷くものは新聞紙、コート紙、タンス用シート

結論から言うとタンスの中に敷くものは
新聞紙、コート紙、タンス用シート。

このあたりが多いみたいです。

新聞紙ならこんな感じでしょうか?

新聞紙で気になるのは
インクが移らないかですかね?

管理人なんかは現在50代ですから
新聞といえば手が黒くなるイメージ。

まあ、古新聞なら大丈夫かな?
という感じでしょうか。

感覚的にかなり古いかな~

実際のところ、今はそんな新聞ありません。

手で触って黒くなることなどない。

それだけインクが進化してるんですね。

それももう20年くらい前からなんですけど。

それでも。

新聞紙では抵抗があるというのであれば。

ポスターとかカレンダー、はどうかなと。

コート紙ですね。

それも裏が白いコート氏。

管理人の感じでは大きさから考えて
古いカレンダーがちょうどいいかなと。

去年のカレンダーは今年使わないし。

大型のものはたいてい裏側は白いし。

これならインクがどうこう
考える必要もない。

まあ、衣替えとかタイミングにもよりますが
裏の白いカレンダーは良いと思いますよ。

それから。

紙以外だとタンス用シート。

これはお金がかかるので
それ相応のものに使うでしょうけど。

売っているのはこんなやつ。

東和産業 消臭グッズ全般 ホワイト 約45×110×0.2cm WCL 防虫 タンス用 5枚入 5個セット

もちろん、こういうやつを使うなら
紙を敷くよりはずっといいと思います。

材質自体はクラフト紙ですから
除湿効果もあるでしょうし

薬品を使って防虫加工も
しているわけですから。

管理人のレベルではここまでする
必要はないと思いますが、

高価な服の場合はこういうのを
敷いたほうが安心だと思いますね。

まあ、いずれにしても半年とか1年とか
期限を決めて取替は必要ですけど。

新聞紙はなぜインクで汚れなくなったのか

ここからは余談です。

先程もお話しましたが、新聞紙は
昔は手が汚れてました。

特に配達直後のやつは危険でした。

しかし、今はそんなことはありません。

これはインクの進化になるんですが
何がどう変わったのでしょうか?

管理人が考えているところでは
そもそも印刷方式が変わっています。

管理人の子供の頃は凸版印刷。

これって、インクを鉛の活字で
紙に押し付けて印刷する方法。

速乾性とは言え乾燥方法は自然乾燥。

ある程度乾くまで時間がかかってました。

しかし、これが1970年代から徐々に
オフセット印刷に変わっていきました。

1980年代には半分以上、1990年代には
70%、1995年には90%がオフセット。

印刷工場なんて大掛かりな設備ですから
そう簡単に変更することは出来ません。

なので、徐々に変更されたのだともいます。

1995年に90%ということは20年くらい前には
ほとんどがオフセットになっていたんですね。

ここで話を戻しますが、
オフセット印刷というのは

版についたインクを一旦ブランケットと
呼ばれるゴムに転写してそのゴムに付いた

インクを紙に転写するという
印刷方式になります。

なんでこんなややこしいことをするのか?

そのメリットはこんな感じ。

==ここから==

オフセットのメリットは、版が印刷
用紙に直接触れることが無いため、
胴の摩耗を最小限に抑えることができます。

これによって、印刷がとても
鮮明な仕上りになります。

また、印刷が非常にスピーディであるため、
大量部数の印刷も短時間で行うことが可能です。

==ここまで==

ということだそうです。

結局、版胴が長持ちするとか
それで印刷が鮮明とかいうこと。

管理人が考えるのはインクの量が
凸版より少ないというところですね。

乾燥に関して言えばこれは大きい。

インクの量が少ないほど
乾きやすいですから。

もちろん、インクそのものの
技術進化もあったと思います。

そういうことで、新聞紙に手で触れると
汚れるというこはなくなりました。

もちろん衣服も汚れない。

なので。

とりあえずタンスに敷くなら
新聞紙が便利だと思いますね。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、タンスの中に敷くものは
何が良いか、というお話でした。

結論から言うと、新聞紙やコート紙。

高価な服ならタンス用シート。

という感じです。

新聞紙はインクが移るかもという
心配があるなら裏の白いコート氏。

どうせなら防虫効果もというなら
タンス用シートということです。

なお、新聞のインクに防虫効果が
あるかどうかについては不明です。

管理人的には正直わかりません。

昔はあったかもしれませんがインク
自体も色々変わっていますからね~

湿気を取るという意味で紙を
敷くということになるでしょうか。

この記事が、タンスの中に敷く
もの参考になればと思います。

服は大切に保管して下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする