スポンサーリンク

タンスに新聞紙を敷いて服を保管。インクの色がつかないか?

タンス 新聞紙

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回はタンスに新聞紙を敷いて服を
保管してもインクが移らないというお話。

衣替えの季節になると
服をタンスにしまうわけですが。

最近は洋服が多いので畳んでしまうより
クローゼットに掛けて保管が多いかも。

とはいえ、やっぱりタンスにしまうとか、
衣装ケースにしまうとかしますよね。

そのとき、大抵タンスに何かの紙を
敷いて服を収納するんですよね。

ただ、わざわざそのためだけに
紙を買うのもどうかなと思います。

だから、どこの家庭にもある新聞紙を使う。

ただ、新聞紙は印刷されていますから
このインクが服に付くんじゃないか?

そういう心配があるわけですよね。

その気持は良く分かります。

ではどうすればいいか?

ということで。

この記事では、タンスに新聞紙を敷いたとき
服にインクが移るかどうかについて

管理人なりに調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

タンスに新聞紙を敷くときはカレンダーの白紙を併用すればよい

管理人はタンスに新聞紙を敷いて服を保管して
インクが移ることはないと思います。

それには理由があります。

まず昔の新聞は凸版印刷で印刷されており、
インクの乾きも悪かったんですね。

管理人が子供の頃の新聞紙というのは
配達直後の紙を触ると手が汚れたものです。

昔のインキは凸版印刷用であり
鉱物油分が多く乾燥が遅かったため

印刷直後に擦るとインクが手について
黒くなっていたようです。

しかし、今は印刷はオフセット印刷になり
インクもクイックセットと呼ばれるタイプで

インクの成分も樹脂分が多くなって
乾燥性は改善されて速乾性になっています。

ですから少々手で触ってもインクはつかない。

このように新聞紙の印刷方式は
時代とともに大きく変わっており、

タンスに新聞紙を敷いて服を保管しても
インクはつかないと思うわけです。

しかも、印刷インクは時間が経つほど
乾燥が進んで色が映らなくなりますから。

しかしながら。

保管される状態は家庭によって違いますから
絶対に大丈夫であるとはいい切れません。

何かの条件で新聞のインクが移って
しみになるかも知れません。

そういうことを心配しはじめたらキリがない。

それで、提案するのがカレンダーとの併用。

白い紙ならなんでもいいわけですが
どこの家庭にでもある不要な紙の代表と

考えられるのが使い終わったカレンダーで、
裏が白いものが一番いいですね。

まず、タンスの中に新聞紙を敷く。

その上にカレンダーの白い部分を
上にして敷いてそこに服を保管する。

こうすればカレンダーの白い面には
インクがないわけですから

服にインクがつくということは
ありえないわけです。

もちろん、カレンダーがなければ
白い紙ならなんでもいい。

裏が白いチラシでもかまわないです。

コピー用紙でもいいんですが
これはもったいないですよね。

こんな感じで新聞紙を使えば
色が移る問題はないということです。

スポンサーリンク

タンスに新聞紙を敷くと防湿、防虫効果が期待できる

まず、タンスに新聞紙を敷くのは
服を汚さないためではありますが

新聞紙には防湿、防虫効果が
あると言われているようです。

新聞紙に防湿効果があるというのは
紙は吸湿して湿気を取る働きがあるから。

管理人は「息をする」などと言ってましたが、
紙には一定の湿度に保つ働きがあるんですね。

湿度が高くなると吸湿するし
湿度が低くなると放湿する。

だから適度な湿度環境にしてくれるので
タンスに新聞紙を敷くのがいいわけです。

もうひとつは防虫効果ですね。

管理人はこちらの効果の程度は
よく分からないのですが

新聞インキには虫が嫌う
ニオイがあるんだとか。

ただし、昔のインクにはあったけれども
今のインクには入っていないかも知れません。

環境問題で色々とインクを改善しています。

だから逆にそういう成分は
なくなっているかも知れませんね。

これについては、普通は防虫剤を入れるので
実際にはあまり関係ないのかも知れません。

ちょっと効果があるのかも、という程度でしょう。

いずれにしても、服が直接タンスに
触れて汚れないようにすることと、

防湿効果を期待して新聞紙を敷くのは
有効な方法だと思います。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、タンスに新聞紙を敷いて服を保管して
インクは移らないかというお話でした。

結論は最近の新聞紙であればインクが
服に移ることはないと思われるが、

新聞紙の上に白い紙を敷いてそこに服を
保管するのがいいということでした。

新聞の印刷方式が変わっているので
昔のようにインクがつくことはありません。

しかし、保管状況は家庭によって違うので
インクが移らないようにカレンダーなどの

白い紙の無地の部分が服に接触するように
使ったほうがいいでしょうということです。

カレンダーがなければ
白い紙ならなんでもいいです。

また新聞紙は防湿効果も期待できるので
敷いておくといいということでした。

この記事がタンスに新聞紙を敷いて服を
保管するときの参考になればと思います。

衣替え、上手くやって下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする