スポンサーリンク

ウエーブの口コミ。高品質の240線の高精細印刷が標準仕様

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、ウエーブの口コミ。
高品質の240線の高精細印刷が
標準仕様、というお話。

管理人は大阪の北摂在住。

京都は結構近いんですよね。

今回紹介するウエーブも京都の会社。

近いところは使いやすいかなと思います。

それはそうとして。

このウエーブ、ネット印刷としては老舗だそうで。

1997年から通販のオフセット印刷、
2000年にはWEBサイトでの受注開始。

現在2019年ですから一応23年前から
ネット印刷をやっている感じですね。

その当時はまだまだ家庭でネット
なんて考えられない時代でした。

ずいぶん前からやっているわけです。

それだけのノウハウもあるでしょうが
古いところが残っているのかも。

ということで。

この記事では、ウエーブについて
管理人の調べたことをお伝えします。

スポンサーリンク

ウエーブの価格は若干高め。しかし高精細印刷が標準仕様!

まず、最も気になるのが価格。

管理人が調べたところではチラシ印刷
などは若干高めだと思います。

しかし、240線の高精細
印刷が標準仕様なんだとか。

ここで言う線数はデジカメの
画素数みたいなもの。

大きいほど高精細になります。

それで。

通常のオフセット印刷だと175線。

もちろん他社でも高精細印刷は
ありますがだいたいオプション。

管理人が調べた限り標準で
240線というのはないですね。

スーパーの安売りチラシには不要ですが
カタログとか同人誌とかには良さそう。

特にフルカラーで写真の見栄えが
必要な印刷にはいいでしょうね~

デザイナーなんかにはいいんでしょうね。

そうそう。

今回ウエーブの内容を確認するときに
検索窓がないな~と思ってたんですが

パソコンだと右端の「ご案内いたします!」
のところをクリックすると出てきました。

これ、ちょっと分かりにくすぎますね。

知らなければ見つけられないでしょうね。

ウエーブは送料無料

ウエーブは送料無料(沖縄、離島を除)。

これはほとんどのネット印刷と同じです。

ウエーブの特徴

ここで少し管理人が気がついた
ウエーブの特徴をお話します。

ウエーブは自動化システムを販売している

これはちょっと他にはないですね。

ネット印刷を使うだけの
人には無関係のお話です。

とはいえ、これはちょっと面白い。

You Tubeにチャンネルもありました。

ウエーブのYou Tubeチャンネル
URL:https://www.youtube.com/channel/UCQU8CSyu3zE3Fx7cTot8E9g

印刷機そのものではなくてその
段取りをする部分をロボットでやる。

管理人はこういう動画好きなんですよね~

まあこういうロボットは印刷会社
以外は興味ないでしょうけど。

元々がこういうメカトロ系の会社なので
ロボットシステムがあるみたいですね。

このあたりは他の印刷会社とは
違う、異色な感じがします。

ウエーブの支払い方法

ウエーブの支払い方法は個人だと
基本的に決済完了後の商品発送。

決済方法は色々ありますね。

カード、振込、代引きなど。

店頭での現金払いもありますね。

法人の場合は請求書払や
後払いにも対応しています。

これは一般的な感じがしますね。

ウエーブのポイント

ウエーブでは注文金額に応じて
ポイントが付与されていました。

しかし、2019年8月末で終了したようです。

かえってこれはめずらしいですね。

ポイント付与のメリットがなかったんでしょうか?

ちょっと不思議な気がします。

ウエーブの納期

ウエーブの納期はどうなるのか?

もちろん、日数に余裕が
あるほど安くなります。

問題は最短納期ですよね?

ウエーブも当日出荷があります。

だいたいは翌日着でしょうか。

これは最近のネット印刷なら
当たり前のサービスですね~

ただし、品種によって出来るものと
出来ないものがあるようです。

これはちょっと注意が必要ですね。

なお。

名刺に関してはクイック名刺
印刷というのがあるそうです。

データを持って実店舗に行けばその場で
印刷してくれるので引き取ることができる。

これは出張などで名刺が不足した
ときなんかには便利でしょうね。

ウエーブの入稿

ウエーブでは顧客がデータを入稿。

ウエーブのサーバーにアップ
するかデータを送信する感じ。

転送サービスを利用するとか
店舗に持ち込むのもあり。

通常はマイページからアップロード
するのが簡単で便利そうです。

特にPDF WEB入稿というのを利用すれば
自動チェックをしてくれて待ち時間がない!

印刷会社のスタッフのチェック待ちで
イライラする事がないわけです。

これはうまく使いたいですね~

ウエーブの品質

先程もお話しましたがウエーブの
品質は240線となっています。

これが標準というのはかなりすごいです。

画質にこだわるならおすすめですね。

ウエーブからの紙の提案はあるのか

ウエーブはコールセンターやチャットが
あるのである程度の相談はできます。

また、紙に関しては無料サンプルをもらう
ことが出来ますから参考にするといい。

ネット印刷の場合サンプルをくれるところ
多いですから有効活用したいですね~

ウエーブHP:取り扱い用紙について
URL:https://www.wave-inc.co.jp/products/paper/

ウエーブの印刷テンプレート

ウエーブは印刷テンプレートを、
Illustrator、Photoshop、
Officeで提供しています。

一応リンクを貼っておきます。

ウエーブHP:テンプレートのダウンロード
https://www.wave-inc.co.jp/data/download/

うまく使ってください。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回はウエーブの口コミでした。

ウエーブはネット印刷では老舗だそうです。

ただ、微妙に分かりにくい感じはしました。

検索窓はあるんだけど探さないと
分からないとかですね。

無いよりはいいんですがもうちょっと
分かりやすいといいんだけどな~

それから。

品質的には240線が標準仕様ですから
これは文句のつけようがありません。

かなりの高精細だと思いますね。

品質重視ならおすすめです。

なお。

面白かったのはロボットですね。

ウエーブでメカトロシステムを
開発して販売しているところ。

同業者に商売してるんですよね。

これはめずらしい感じがしました。

この記事が、ウエーブでネット印刷
するときの参考になればと思います。

ウエーブ、うまく使って下さいね!

ウエーブのHPはこちらから。
https://www.wave-inc.co.jp/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする