スポンサーリンク

ダンボールは消化するのか?主成分がセルロースなので無理!

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、ダンボールは
消化するのかというお話。

管理人はダンボール食べたことないですが。

以前、中国の肉まんにダンボールが
入っていたとニュースになりました。

ひどいことするな、と思ったものです。

ダンボールは食べ物じゃないですからね。

消化するのか?とかってするわけない。

ダンボールは紙ですから。

ということで。

この記事では、ダンボールは
消化するのかということについて

管理人の調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ダンボールは消化しない。主成分はセルロース

結論から言うとダンボールは消化しない。

紙ですからね。

その紙の主成分はセルロース。

木材繊維です。

これは親水性ですけど水には溶けない。

油にも溶けない。

非常に化学的に安定な物質で
消化なんて出来ません。

食物繊維というのがありますが
あれも主成分はセルロース。

消化せずに出てくるので腸内を
掃除してくれるとかいいますよね。

紙もそれと同じ成分なんです。

一応理屈としてはこんな感じで
食べても消化しませんよと。

まあ、消化しませんから人体には無害ですが
あんまり大量に食べると腸が詰まるかも。

そんな人は聞いたことないですけど。

だいたい食べ物じゃないんですから
食べないで下さいねということです。

ダンボールは消化しないが、江戸時代には紙を食べた?

ここからは余談です。

ダンボールは消化しませんが
江戸時代には紙を食べた記録が。

小泉武夫先生のサイトにありました。

「料理珍味集」という書物に
料理法が記載されているらしい。

==ここから=ー

使い古した奉書紙を3日ほど
水に浸けておきます。

それを取り出してよく水分を切り、
まな板の上に置いてくず粉をかけ、
味噌を加え、包丁で叩いて混ぜます。

できたものを適当な大きさに切って丸め、
天日に干すと紙餅の完成です。

食べるときは、味噌汁に入れて煮て食べます。

==ここまで==

しかもこれが健康食だったとか。

日常的に食べたとは思いませんが
非常食だったのかも知れません。

一応、「くず粉」」と混ぜてますから
紙単体ではないようですね。

くず粉は「葛」の根から取れる
デンプンのことだそうですが

今となってはじゃがいもとか
コーンスターチで代用されるとか。

いずれにしても「餅」に混ぜて
食べていたということのようです。

こういう記載があるところを見ると
ダンボールを細かく刻めば食えるかも。

当時は健康食として食べたようですが
もしかすると飢饉ときなどは

草の根まで食べたそうですから紙も
味付けして食べたかも知れません。

現代では受け入れられませんけどね。

ただ、現代の機械で製造される紙は
薬品が大量に使われています。

昔ながらの和紙のように天然成分だけなら
ともかく、健康には良くないと思いますね。

ダンボールは消化できないがヤギは食べるのは?

ダンボールは消化できません。

というのは人間の話。

草食動物なら躊躇なく食べます。

ヤギに紙をやれば食べます。

草食動物は草を食べるのだから
セルロースを消化できるわけです。

どうも動物自体はセルロースを
分解できなくても微生物を飼っている。

胃の中にセルロースを分解できる
微生物を飼っているということです。

この微生物がセルロースを分解する、
セルラーゼという酵素を持っているらしい。

ヤギとは限りませんが、草食動物は
紙を食べて胃の中の微生物が

紙を消化してくれるので
栄養になるわけです。

実はセルロースは分解できれば
でんぷんというかブドウ糖になります。

純度の高いブドウ糖が作れるなら
もう食糧難はなくなったも同然。

そのあたりの草や木を食べれば
生きていくことが出来ます。

エネルギーとして使えますから。

実際にそういう研究は進んでいるようでsuga
コスト的なことで難しいみたいですね。

普通に農業やったほうが美味しいものが
たくさん収穫できるということなんでしょう。

今の日本なら何も無理して紙を食べなくても
普通に米を食べればいいということです。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、ダンボールは
消化するのかというお話でした。

結論としては、人間は消化できません、
無理です、ということでした。

ダンボールは紙ですから
主成分はセルロース。

人間はセルロースを分解する
酵素がないから消化は出来ません。

逆に言うと消化・吸収しませんから
無害だという事は言えます。

無茶苦茶大量に食べたら
腸に詰まるかも知れませんけど。

いずれにしても、ダンボーオルは
消化しませんし食べ物ではありません。

現代の紙は薬品も色々使ってるし
食べてはいけないものですね。

ただ、昔、江戸時代には使い古した紙を
料理して健康食品として食べたとか。

実際には飢饉などで食糧不足になって
仕方なしに食べたと思いますけど。

あと、草食動物が草や木を食べられるのは
セルラーゼというセルロースを分解する

酵素を持っているからだそうで
こういう酵素の研究もされているとか。

残念ながらコスト的にまだまだ高くて
実用化は遅くなっているようですが。

こういうことをしなくても普通に農業やって
美味しいものを食べればいいということ。

管理人も木の皮や草の根よりも
白いご飯がいいと思いますし。

この記事が、ダンボールは消化するのか
という疑問の参考になればと思います。

ダンボール食べるとか、
バカなことしないで下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする