フローリングに紙がくっついた!どうやってはがせばいいか?

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、フローリングに紙がくっついたが
どうやってはがせばいいかというお話。

管理人も一時期フローリングの
部屋に住んだことがあります。

フローリングは掃除が楽。

今だとルンバがあれば
自動的に掃除してくれますよね。

畳やカーペットは掃除が大変ですから
フローリングにしたいわけです。

施工する側も費用が安いんでしょう。

畳を入れるとなると相当お金がかかるし
その後のメンテナスもけっこう大変だし。

絨毯やカーペットとなると
さらにメンテナンスは面倒でしょう。

いいものを長く使うなら当然だし
安物を買い換えるにしても面倒だし。

それに比べればフローリングは
メンテナンスフリーに近い。

フローリングなんて言えば格好よさそう
ですがしょせん板の間ですからね。

日本家屋なら廊下です。

拭き掃除さえキチンとやっとけば
長持ちするというのは分かりますよね。

それはそうとして。

このフローリングに紙がくっついたとき
どうすればいいのかということなんですが。

無理やり剥がすのは一番まずそうです。

ではどうやるのがいいのか?

ということで。

この記事では、フローリングに紙が
くっついたがどうやってはがせばいいか

管理人の調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

フローリングに紙がくっついたら湿らせる

結論から言うとフローリングに紙が
くっついたらまずは雑巾などで湿らせる。

普通にやると思いますがまずはこれ。

濡れ雑巾とか塗れたタオルを5分程度
紙の上に乗せて様子を見る。

紙が水を含めばドロドロになるので
そこでくっついたものを拭き取る。

こんな感じですね。

紙が水を吸収する速度は
品種によって違います。

しかし紙が水に弱いのは言うまでもないこと。

ですから、まずは水で濡らして
柔らかくなるのを待つのがいいです。

ここであせって無理やり剥がそうとすると
フローリングに傷が入るかもしれません。

焦りは禁物。

十分注意して下さい。

次に。

ある程度濡らしてそれなりに剥がれたけど
まだいくらか残っているものがある場合。

このときはやわらかい消しゴムを使って
フローリングをこするのがいいでしょう。

消しゴムの粘着力で紙が剥がれるはず。

これも丁寧にこすらないと
フローリングに傷が入ります。

フローリングの材質によるんですが
樹脂をコーティングしていて柔らかいタイプは

爪でひっかいても傷がつくときがあるので
あわててこすらないようにして下さい。

消しゴムで傷がつくことがなくても
爪を立ててしまう可能性はあるので。

さらに。

これでもくっついたままという
部分が出てくるかもしれません。

こうなるとそう簡単には剥がれません。

紙になにかの粘着成分があって
その影響でくっついているのかも。

もしもそう言う事ならシールはがし液を
使うのが良いかもしれません。

ただしこれは要注意です。

その理由は、シールはがし液は
有機溶剤なので樹脂を溶かすんです。

どんな樹脂でも溶かすわけではないです。

しかし、もしかするとフローリングの
塗装を溶かすかも知れません。

紙を剥がそうとしてフローリングの
塗装が剥がれたらシャレにならない。

だからやるにしても慎重に。

出来れば目立たないところで試して
問題なければやるくらいにして下さい。

シールはがし液の成分は有機溶剤ですが
シールの粘着剤を膨潤させるもの。

樹脂からするとかなり強力な溶剤です、
本当に慎重にやってくださいね。

ちなみに、シールはがし液はこんなやつ。

シールはがし液 20ml 塗布用綿棒・ヘラ付

これはアマゾンですが100均でも売ってます。

ただし、何度も言いますが、シールはがし液は
強力なのでフローリングを溶かすとか

染みができるとかになる可能性が
ありますから十分注意が必要です。

それから、これは有機溶剤ですから
化学薬品が苦手な人は使わないこと。

最低でも十分に換気した
状態で使うようにして下さい。

成分的にはシンナーみたいなもの。

ですから換気せずに使うと気分が悪くなるかも
知れませんので十分に注意して下さい。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、フローリングに紙がくっついたが
どうやってはがせばいいかというお話でした。

結論から言うと水でよく濡らして
ふやけたところをゆっくり剥がす。

残ったところは柔らかい消しゴムで
丁寧にこすって取り除く。

こんな感じでやるのが良いでしょう。

それでも取れないときは
シールはがし液を使う。

ただしこれは有機溶剤なので
フローリングを溶かしたり

染みができてしまう可能性があり
やるなら十分注意が必要です。

それから、有機溶剤ということは
シンナーと似たようなものなので

十分に換気しておかないと
気分が悪くなるかも知れません。

有機溶剤が苦手な人はやらないで下さい。

どうしてもやるという場合でも
フローリングの目立たないところで

先に試してみて問題なければやるとか
それくらい慎重にやってくださいね。

よほど強力に紙がくっついてない限り
普通に水でふやかせば取れるはず。

消しゴムを使うにしても丁寧に。

あせってやると爪でフローリングを
引っかいて傷をつけるかも知れませんので。

この記事が、フローリングに紙が
くっついたときの参考になればと思います。

フローリングはデリケートなもの。

丁寧に扱って下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする