スポンサーリンク

画用紙にコピーできるのか?インクジェット印刷なら可能かも

画用紙 コピー

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、画用紙にコピー
できるのかというお話。

管理人が思い浮かべる画用紙は
子供の頃に使った水彩画用の紙。

管理人は図工は苦手だったので
いい思い出はありませんが。

製紙会社では画用紙に関わることは
なかったですが厚紙は意外と面倒。

厚紙は専用のマシンでないと
なかなかうまくいかないんですよね。

紙にするだけならできますが、
品質の良いものは難しかった。

特に画用紙のように上質紙の場合
ごまかしがきかないのがつらいところ。

その会社のレベルが出てしまうんです。

それはともかく。

画用紙にコピーできるのでしょうか?

ちょっと難しそうな気もしますが。

ということで。

この記事では、画用紙にコピー
出来るのかということについて

管理人の調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

画用紙のコピーはインクジェットなら可能かも知れないが難しい

結論から言うと画用紙のコピーは難しい。

まず、普通のコピー機で
画用紙にコピーする場合。

これはレーザープリンタでもそうですが。

厚紙を搬送するところとトナーの
定着が難しいと思われます。

まず、トレイからの給紙は無理でしょう。

最低でも手差しを使う。

それでも、あんなに厚い紙は
普通は想定していません。

一般的なコピー用紙の米坪は64g/㎡とか
81.4g/㎡程度で、200g/㎡を超えるとか

そういう厚みの紙は対応していない
というのが実際のところです。

ここで言う米坪は1㎡あたりの紙の重さ。

基本的に米坪が大きいほど
紙の厚さも厚くなります。

いずれにしても、画用紙の厚みは
コピー機の対応範囲外。

だから紙が詰まっても文句は言えない。

それから、もしもうまく紙が通っても
トナーが定着するかどうかが問題。

普通のコピー機の場合は
静電気で紙にトナーを付着させて

それを加熱してトナーの粒子が
熱で溶けて紙に定着します。

このとき、トナーが紙に画像通り
正しく付着しないといけないし

付着したトナーが加熱されて画用紙に
キチンと定着しないといけない。

この2つの問題があるんです。

まず画用紙はコピーなんて考えていないので
紙の体積抵抗値を考慮していません。

体積抵抗値というのは電気抵抗のことで
コピー用紙の場合は普通の紙より

抵抗値が小さくなるように
薬品を添加しています。

薬品と言っても塩だったりしますが。

これを添加することで
電気抵抗が若干小さくなって

コピーするにはちょうどいい
電気抵抗になるようです。

今のコピー用紙がどうかは分かりませんが
かつてはそうやって調節してました。

多分原理は変わってないので
今でもやってると思いますが。

いずれにしても画用紙は
そんなことはやってません。

だからトナーが付着するときに
ちょっと問題が起こりそうです。

もう一つの問題はトナーの溶融。

コピーするときは紙にくっついた
トナーの粉を加熱して溶融して

圧力をかけて定着させる
という工程があります。

このとき、コピー機の定着ローラーの
温度は150-160℃なんだそうです。

裏側から加圧ローラーで圧力もかける。

このとき紙が厚いとどうなるか?

一つは溶融するときの温度が下がりやすい。

紙が厚い分熱が逃げやすいですから。

そして圧力がかかりにくい。

特に紙が厚くてクッション性があると
表面のトナーに圧力が伝わりにくい。

こうなると、トナーの定着が悪くなり
最悪はチョーキング現象を起こします。

チョーキングというのは黒板に
チョークで描きますがあれのことで

現象としては粉が定着していないので
トナーを手で触るとこすれて取れてしまう。

そういう現象です。

全くコピーになりません。

加熱や加圧が不十分だと
チョーキングが起こりやすい。

結局、搬送性に問題があるのと
チョーキングの恐れがあるので

画用紙のような厚紙は
コピーには向かないわけです。

もしかすると厚紙設定にしてやれば、
相性が良くてうまくいくかも知れませんが

管理人としてはおすすめ
できないということです。

画用紙のコピーはインクジェットなら可能なのか?

それから、最近はコピーもトナーではなくて
インクジェット印刷でやったりしますよね?

これならどうかなと。

管理人的にはちょっと微妙なんです。

実は、水彩画なんかで使うタイプの
画用紙はインクジェットには向いてません。

あれは水がにじむから味があるわけです。

しかし、インクジェットインクは水性インク。

まず、それが面白いというならいいですが
実用的ではないと思います。

しかし、厚紙でインクジェット
対応のものはある。

それは、はがき、です。

大きさとしては小さいんですが
画用紙並に紙は厚い。

厚紙にコピーするだけなら
インクジェットはがきが使えます。

ただし、これはサイズが小さい。

A4サイズ以上のものとなると
上質紙とか色上質紙の

最厚口というのがあって
これが米坪157g/㎡。

これらはインクジェット対応のものが
あるので使うことができそうです。

一般的にイメージする画用紙よりは
ちょっと薄いかなとは思いますが。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、画用紙にコピー
できるのかというお話でした。

結論から言うとあまり向いていない。

一般的なトナーによるコピー機は
搬送性とトナーの定着が不安。

普通の画用紙は対応していませんので。

インクジェット方式のコピーでも
一般的な画用紙はにじむでしょう。

インクジェット対応の一番紙厚の厚い
上質紙が使えるかなと言うところ。

ちょっとイメージとは違うかも知れません。

管理人的にはいずれにしても
画用紙にコピーはおすすめできない。

画用紙は絵を描く紙ですので。

この記事が、画用紙にコピーする
ときの参考になればと思います。

画用紙ではお絵描きを楽しんで下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする