インクジェットで画用紙は使える?通常は印刷するとにじむ!

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回はインクジェットで画用紙は
使えるのか?というお話。

管理人が画用紙と聞いて思い浮かべるのは
子供の頃図工の時間で使った画用紙。

お絵かきは下手くそでしたから
いい思い出はありませんが。

いくら一生懸命描いても
フザケていると思われていましたね。

それでその画用紙はたいてい水彩画用。

4Bとかの濃い鉛筆で下書きをして
水彩絵の具で色を塗る感じでした。

画用紙自体はそういうものですから
大量の水を吸収はするものの、

輪郭がにじんでぼけるのが
味があっていいということですよね。

これをインクジェットで印刷すると?

当然にじみます。

インクジェットインクは水性インクで、
インクの約8割は水ですから。

ではなぜインクがにじむのか?

ということで。

この記事では、インクジェットで画用紙を
印刷したらどうなるのかということについて

管理人なりに調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

インクジェットで画用紙を印刷したらにじみますが専用紙なら使えます

結論から言うと、通常の画用紙に
インクジェット印刷すればにじみます。

しかし中にはインクジェットに
対応した画用紙もあります。

そういう画用紙はにじみません。

もちろん絶対大丈夫とかではなくて
普通紙レベルになるということです。

また、インクジェットプリンタの設定とか
図柄によっても状況は変わります。

ただ、通常のお絵かきに使うような
画用紙はにじむ、ということですね。

市販されているものであれば色画用紙に
インクジェット対応というのがありました。

管理人の見た感じでは色上質紙の
紙厚の厚いものかなと思います。

インクジェット用紙と画用紙の違い

ここからは元製紙会社社員として
管理人の本音をお話させて下さい。

ちょと技術的なことになるんですが。

インクジェット用紙と画用紙の
違いはどこにあるんでしょうか?

管理人の経験ではインクの定着とか
サイジングに部分になると思います。

今のインクジェットプリンタは
コピー用紙にも印刷出来ますよね?

一般に使用されている上質紙にも
それなりに印刷できると思います。

これらはサイズ剤と呼ばれる
にじみ防止剤が添加されています。

だからインクジェットインクの中の
水が繊維に沿って広がらない。

それであまりにじまないんですね。

ところが画用紙には
サイズ剤はあまり添加しません。

というか、にじみ具合をコントロールして
そこそこにじむ程度にしている感じです。

使用用途に合わせて設計しますから。

紙の表面に関してもそうで、通常の上質紙は
表面にサイズプレスで澱粉を塗工します。

印刷したときの表面強度を上げて
紙ムケを防ぐとかサイズ効果のためです。

ここで言うサイズプレスというのは
紙表面に澱粉溶液なんかを塗ることです。

画用紙の場合は表面はラフですから
そこまで表面強度対策はしないでしょう。

そう考えるとやっぱりインクジェットは
インクジェット専用紙を使って欲しい。

画用紙のように厚手の紙ならハガキ用
インクジェット用紙ありますからね。

それでもあえて厚手の紙にインクジェットで
印刷するなら厚手の上質紙の方がいい。

それ以外ならケント紙ですかね。

ケント紙も上質紙に近いですから。

あとは定着剤でしょうか。

インクジェットインクの定着剤を
添加するかどうかということです。

本来はインクジェット用紙であれば
定着剤は必須なんですが、

これは水濡れをしなければ
あまり影響はないと思います。

管理人が関わっていたときは
カチオン系のポリマーを

サイズプレス澱粉に添加して
紙表面に塗工してましたね。

カチオン系ポリマーというのは電気的に
プラスの性質を持ったポリマーのこと。

インクジェットインクの染料はだいたい
アニオン(電気的にマイナス)ですから

紙にカチオン系のポリマーがあれば
定着しやすくて水濡れにも強いんです。

ただ、こういう薬品値段が高いので
インクジェット印刷はできるけど

水に濡れたらにじむという場合は
使っていないと思います。

インクジェット専用紙には使いますが、
兼用紙には入れてないのが多いかなと。

今はどうなっているのかよく分かりませんが、
コストのかかることはしないと思いますけど。

インクジェットで画用紙を印刷する。給紙は手差しがいい

インクジェットで画用紙を印刷するとき
気をつけたいのが紙の搬送性。

画用紙は紙厚が厚いですから
プリンタの給紙にはあまりよくない。

特にトレイで給紙するタイプは注意。

構造的にロールが紙表面を擦って
印字部に搬送するわけですから、

紙が厚すぎると紙がうまく曲がらずに
給紙できない可能性があります。

だから厚紙を印刷するときは
手差しを使う方がいいでしょう。

給紙トレイは精度が高くなってますから
その分融通もききませんし。

無理して使ったら故障の原因になるし。

それから画用紙は表面強度が弱いので
印刷枚数も少なめにした方がいいです。

最悪の場合、搬送ロールが紙粉で
真っ白になることもありますので。

表面がツルツルしているタイプなら
比較的ましだと思うのですが

表面がラフな画用紙の場合は
なるべく使わないほうがいいと思います。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、インクジェットで画用紙は
印刷できるのか?というお話でした。

結論としては、通常の画用紙はにじむから
おすすめしない、ということでした。

ただしインクジェット対応ならば
インクジェット印刷は可能です。

管理人としては厚紙にインクジェット
印刷をするならハガキ用を使うとか

なるべくインクジェット専用紙を
使ったほうがいいと思っています。

インクジェットで印刷できるように
専用設計をしているのですから。

この記事がインクジェットで画用紙を
印刷するときの参考になればと思います。

紙は正しく選んで使って下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする