スポンサーリンク

インクジェットの故障。紙が対応していないとき起こるのか?

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回のお話は、インクジェットの故障は
紙が対応していないときに起こるのか?

インクジェットプリンタはずいぶん普及して
一家に一台くらいあるような気がします。

我が家にもあります。

使うのは年賀状くらいですけどね。

多くの家庭はそんなもんでしょう。

年に数回、それもせいぜい数十枚程度
印刷する感じじゃないかなと。

普通に使っていれば
その程度では故障しないでしょう。

インクが切れていたり、長期間放置していて
使えなくなるとかはあるかも知れませんが。

それでも、インクだけの問題なので
補充するなり取り替えればいい。

オフィスで使っているとか趣味で
使っているならもっと使いますよね。

資料作成のために毎日
何十枚も印刷するとか

同人誌を印刷するために数日間は、
一日中稼働させているとか。

それでもプリンタ自体は相当持ちます。

インクはすぐ無くなるので買い替えますが
プリンタ本体はそう簡単には故障しません。

プリンタのローラーは消耗品だそうですが
それでもそう簡単にはダメにならない。

では紙が悪くてプリンタが
故障することはあるのか?

ということで。

この記事では、インクジェットの故障が紙が
対応していないときに起こるのかについて

管理人なりに調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

インクジェットの故障は紙の原因ではなかなか起こらない

結論から言うと、紙が悪くてインクジェット
プリンタが故障することはなかなかない。

ゼロと言い切ることは出来ませんが
管理人は見たことがありません。

プリンタメーカーがインクジェットに対応した
紙を使ってくださいと言うのは当然ですが

市販されているプリンタ用紙を使って
プリンタが故障することはないでしょう。

ここで管理人の体験をお話させて下さい。

管理人はインクジェット用紙の開発に
関わったことがあるのですが、

紙の開発ですから色んな紙を
プリンタに通すんですよね。

最初にプリンタを使ったときには
コート紙、上質紙などの印刷用紙、

クラフト紙などの包装用紙など、
プリンタに通りそうな紙は印刷しました。

それで故障することはなかったですね。

それからインクジェット用紙の
開発をすれば試作品は開発途中の紙。

ですからまともでない紙もあるわけです。

厚紙を無理やり通したり、
薄葉紙を無理して通したり。

紙が詰まって掃除するのは当たり前。

インクが十分乾かない紙の場合は、
インクがにじんでローラーを汚す。

そのローラーが次の紙をまた汚すので
しょっちゅうローラーは拭いてました。

塗工層の強度が十分でなくて
ローラーが真っ白ということもありました。

しかし、そんな使い方をしていても
掃除をして普通に紙を印刷すれば大丈夫。

紙のせいで動かないとか
そういうのはなかったですね。

印刷がおかしくなっても大抵は
インク切れだったりするし。

ただし、こんなことはやりませんが
紙ヤスリとかそういうのはダメです。

ローラーを傷つけますからね。

それから折れ曲がっている紙を
無理やり通すのもダメです。

そんなことをしたらいくらなんでも
どこかが壊れます。

あくまでも常識的な使い方の範囲なら
簡単には壊れないということ。

電気系統や搬送する部品自体が
寿命で故障することはあっても

紙が原因で故障することは
滅多とないことだと思います。

スポンサーリンク

インクジェットの故障はないが印刷できない紙は多い

ここからは余談です。

これまでお話してきたようにインクジェットの
故障が紙によることはほとんどありません。

管理人は実際にインクジェット用紙の開発で
かなり無理なプリンタの使い方をしましたが

紙要因ではそう簡単には故障しない
ということを体験していますので。

しかし、インクジェットプリンタで
印刷できない紙は多い。

インクジェット用でない紙は
ほとんど印刷できないですね。

管理人はインクジェット用紙の開発で
色々な紙を印刷したとお話しましたが

実際にまともに印刷できたのは
クラフト紙くらいでした。

他の紙はほとんどにじみます。

結局、インクジェットインクの水分を
吸収しきれないんですね。

上質紙やコピー用紙のように
非塗工印刷紙はまだましなんですが、

一般のコート紙、キャストコート紙
アート紙、マットコート紙などは全滅。

塗工層の設計思想が違いますから
これは当然といえば当然の結果です。

一般的な商業用オフセット印刷用紙には
大量の水を吸収する機能はないですから。

だから、光沢があるからと言って
チラシの白いところには印刷できません。

残念ながら写真用の光沢インクジェットの
代わりにはならないんですね。

それから、クラフト紙はたまたま
印刷出来るものがあったのですが

これも印刷直後はよくても
時間が経つとにじんでました。

インクジェット用インクの定着剤が
入っていないと後からにじむんですね。

結局、ほとんどの紙はインクジェットで
印刷した瞬間からにじんでいるし

たまたまうまく印刷できても
あとからにじんでくることが多いです。

インクジェットプリンタというのは
印刷の中ではかなり特殊なもので

インクに含まれる大量の水を紙に
吸収した上でインクを定着が必要になる。

昔のガリ版のように更紙でもなんでも
印刷できるというわけではないんです。

だから、インクジェットプリンタは簡単に
故障しませんが印刷できる紙も

インクジェットプリンタ対応でないと
まともな印刷はできないということです。

管理人のまとめ

今回のお話は、インクジェットの故障は
紙が対応していないと起こるのか?

結論はインクジェットプリンタは紙が原因で
故障することは滅多にないということでした。

もちろん正しく使っていればですが。

管理人の経験では色んな紙で印刷して
それが原因で故障したことはないし、

数百枚程度なら印刷し続けても
プリンタが故障することはなかった。

インク切れはしますけどね。

それから、インクジェットの場合は
紙を選びますから必ず専用紙を使うこと。

そこさえ守ればそう簡単には
故障しないと思います。

この記事がインクジェットの故障と
紙の関係の参考になればと思います。

インクジェット用紙は正しく使って下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする