スポンサーリンク

インクジェットで印刷した写真はにじむのか?専用紙ならOK

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回はインクジェットで印刷した写真は
にじむのか?というお話。

管理人が製紙会社に勤務していた頃
写真はまだまだ銀塩写真でした。

写真屋さんにフィルムを持っていって
現像してもらう感じですね。

なんだかよく分からない薬品の中に
印画紙を浸けて乾燥させてと

結構科学者っぽいのが
写真屋さんのイメージでしたね。

それがいつの間にやらデジカメが出て
スマホで写真が当たり前になりました。

もう写真用のフィルムは探さないとないし。

暗室にこもってよく分からない薬液で、
というのはもうないわけです。

いまや写真に出力することさえ
なくなった気がします。

スマホに入っている写真を
スクロールして見せるだけですよね。

それでもたまには写真を印刷するんですが
その時のプリンタはインクジェットでしょう。

これがにじむかどうか?

ということで。

この記事では、インクジェットで印刷した
写真はにじむのかということについて

管理人なりに調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

インクジェットで印刷した写真は専用紙ならにじまない

結論から言うと、にじむかどうかは
紙によって変わってきます。

写真用インクジェット用紙を使って
写真を印刷すればにじみません。

どんなメーカーの紙でも大丈夫かというと
そこまでの保証はないんですが、

プリンタメーカーの純正紙であれば
にじむことはまずありません。

もちろん、プリンタ側のモードとか
設定も正しくセットした上での話ですが。

たとえば、キヤノンのプリンタで純正紙の
「キヤノン写真用紙」を使うということです。

紙の裏表を間違えたりしたらダメですが、
普通に使ってにじむことはないでしょう。

というか、それでにじむようなら
純正紙としてはクレームです。

管理人も少しはインクジェット用紙の開発に
関わったことがあるから分かるんですが

プリンタメーカーの品質基準は一般の
印刷用紙からするととても厳しいんです。

試験項目も多数ありますし、
全部クリアしないと出荷はしません。

インクジェット印刷をしてにじむかどうか
というような試験は当然クリアしています。

だからプリンタメーカーの純正紙で
にじむようなことはないんですね。

ただし。

純正紙でない場合はちょっと違います。

サードパーティということで
プリンタメーカーではないところが

写真用インクジェット用紙を
販売していますがこれはピンキリです。

品質的に非常に良好なものもあれば
なんだこれ、というやつもあります。

今は紙の性能の差はあまりないと思います。

しかしかつてはこんなの売っていいのか?
というレベルの低いものもありました。

管理人が開発に関係していましたから
他社品の印刷試験をしてましたが

このプリンタならOKだけど
このプリンタではダメとか

そんな紙はたくさんありましたし、
管理人の試作品でもよくあることでした。

あれからもう十年以上経過しているので
今はそんなことはないと思うのですが、

プリンタによってクセがあるので
紙との相性の良し悪しはありましたね。

どんなときでも何が来てもOK
というのは難しかったと思います。

プリンタメーカーも次々と改良して新機種を
出しますからその対応も大変かなと。

こんな感じなので、インクジェットで写真を
印刷してにじむかどうかというのは

純正紙以外は実際に試してみないと
なんとも言えないんですね。

もうちょっと付け加えると
印刷する絵柄によっても変わります。

印刷が重いとか軽いと表現しますが、
インクを多量に使う重い絵柄の場合、

当然ならがにじむ確率は高くなるし
逆に白紙部分が多い軽い絵柄の場合

同じ紙を使ってもにじまない
可能性が高くなる。

絵柄が軽くても罫線が細かったり、
文字が小さかったりすると厳しいし。

こういう印刷柄はテストパターンがあって
それをクリアするように設計されますが

想定していたテストパターンよりも
厳しい絵柄の場合はにじむでしょう。

正確にはにじみが目立つということです。

常識的な範囲では問題なくても
絶対大丈夫とは言えないんですよね。

これ、実は結構難しいお話だということです。

スポンサーリンク

インクジェットで写真を印刷するとき専用紙以外を使ったらにじむ?

ここからは管理人の本音をお話させて下さい。

インクジェット印刷で写真を印刷するとき
写真用インクジェット用紙を使えばいいが

それ以外だとにじむというように
お話してきました。

実際のところ、インクジェットでも
写真用の設定はインクの量が多いんです。

普通紙とかマット調のインクジェットに
比べるとかなり多いと思います。

それだけのインクの量がなければ
あのような印刷にならないということ。

逆に言うとそれだけのインク量を
吸収できなければにじむんです。

だから写真用の光沢紙は片面印刷で
紙厚の厚いものが多いんですよね。

両面印刷もありますが両面からだと
インクの水分を吸収しきれない。

紙厚が薄い場合も同じことです。

表面は乾いているように見えても
内部まで乾くには時間がかかる。

だから購入したときの袋にはそういう
注意書きがされていることもあるんです。

ほとんどは気にしてないと思いますが。

管理人のまとめ

今回は、インクジェットで印刷した
写真はにじむのか?というお話でした。

結論としては、プリンタメーカーの
純正紙を使って下さい、です。

純正紙を普通に使えば
問題は起こらないはずです。

そういうふうに設計していますから。

ただし、純正紙以外の場合は
試してみないと分かりません。

それから同じ紙でも絵柄によってにじんだり
にじまなかったりすることがあります。

暗くて重い絵柄はインクの量が
多いのでにじみやすいです。

いずれにしてもまずは純正紙を
使うのが安全でしょう。

サードパーティを試すのは
自己責任でという感じですね。

この記事がインクジェットで写真を
印刷するときの参考になればと思います。

紙は正しく選んで使って下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする