スポンサーリンク

自作ステッカーを車に!家庭用プリンタで作るならどんな紙?

自作ステッカー 車

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回のお話は、自作ステッカーを車に貼るとき
家庭用プリンタで作るならどんな紙がいいか。

管理人は車にステッカーを
貼るとかやったことありません。

せいぜい初心者マークくらいですかね。

しかし、以前「痛車」を見たことはあります。

よくもまあ、あんなステッカーを
というのを貼ってましたね~

近所ではスバルの車に山程ステッカー
貼ってるのを見たことがあります。

なんであんなにステッカーと思いますが
それが楽しいんでしょう。

それはそうとして。

そういう人達は自作ではなく
市販品を貼っていたと思います。

かなり大きなステッカーでしたから
個人で作るのは難しそうなので。

では自作するならどんな紙がいいのか?

ということで。

この記事では、自作ステッカーを車に貼るとき
家庭用プリンタで作るならどんな紙がいいか、

管理人なりに調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

自作ステッカーを車に貼るときに使うなら塩ビフィルム

結論から言うと、自作ステッカーを車に
貼るなら塩ビフィルムがおすすめ。

たとえばこんなやつ。

とか、こんなやつとか。

通常のインクジェット用紙では
日光と雨に耐えられないでしょう。

普通のコート紙タイプの
インクジェット用紙を使って

透明な耐候性保護フィルムを
上から貼ってもいいです。

しかしそれでも劣化が速いかなと。

耐候性に関しては所詮、紙は紙。

耐候性を改善している
フィルムにはかないません。

耐水性という点で言うと
耐水紙を使うというのもあります。

ただ、水には強くても
光劣化は普通の紙と同じ。

あまり期待は出来ないですね。

その他には、合成紙もあります。

これは普通の紙よりいいです。

素材がポリプロピレンなので
水にも強いです。

選挙用の屋外のポスターに使うことも
ありますから耐候性もそこそこあります。

ただ、耐候性は塩ビの方が上です。

なお、印刷部分の劣化に関しては
どれも家庭用インクジェットを使います。

だから印刷が劣化する条件は同じ。

いずれにしてもUVカットタイプの
保護フィルムを貼る必要があります。

自作ステッカーを車に貼る。塩ビの耐候性が良好な理由

ここからは本題から少し外れますが。

塩ビの耐候性は何故良好なのか?

それは塩ビ樹脂ならではの
性質があります。

塩ビは一般的にはポリ塩化ビニル、
略称はPVCとも呼ばれます。

樹脂としては非常に古くから
工業化されてきた樹脂。

人によっては樹脂の王様と
呼んだりするようですね。

実は塩ビそのものは硬くて脆い。

しかしこの樹脂、色んな薬品を配合できる。

それも相当な量を配合できる。

これが用途が広くなる最大の特徴ですね。

そんなことが出来るのは塩ビが
分子内に塩素を持っていて極性が高く

分子内の塩素が嵩高いのでポリマーが
結晶を作らないというのが理由だそうです。

書いていてもよく分かりませんが。

大体の感じで言うと、塩ビは分子間に
隙間が多いので薬品が入りやすい。

という感じですかね。

いずれにしても、硬くて脆い塩ビに
可塑剤を配合すれば柔らかくなる。

安定剤を配合すれば
光に強くなる。

ということで、ほしい性質になるように
色んな薬品を配合できるわけです。

だから、屋外で使えるステッカーに
なるように柔らかくして、

耐候性も良くして
ということが出来るわけです。

耐水性とか難燃性とか
それは元々の性質ですが

持ってなかった性質でも比較的
簡単に持たせることが出来る。

だから塩ビは硬質なパイプから
軟質のシートまで幅広い用途がある。

ということのようです。

アニメで言えばドラゴンボールに
出てくるセルみたいなもんですかね。

敵の細胞を取り込んでその特徴が
使えるようになるということです。

専門的な言い方をすると
品質設計の自由度が高い。

だから樹脂の王様なんでしょう。

ただ、問題もあります。

可塑剤を入れた塩ビは
ソフト塩ビになるわけですが

ここで使う可塑剤は低分子なので
時間が経つと表面に染み出てきます。

ブリードとか移行と呼ばれますが
安物の財布がネチャネチャするやつです。

ステッカーを長期間貼り付けるときには
注意が必要でしょう。

実は塩ビのステッカーは
電車の窓に貼ってたりもします。

それだけ耐候性がいいということ。

他の素材では対応できないのでしょう。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、自作ステッカーを車に
貼るとき家庭用プリンタで作るなら
どんな紙がいいかというお話でした。

結論は紙よりも塩ビシートがおすすめ。

紙、耐水紙、合成紙などよりも
塩ビシートの耐候性が良いから。

ということでした。

A4サイズのものであれば
ステッカーとして使えて

家庭用インクジェット印刷出来るものが
市販されているということもお話しました。

また、塩ビ樹脂についても若干
お話させていただきました。

この記事が、自作ステッカーを
車に貼るとき家庭用プリンタで

作るなら何を使うかの
参考になればと思います。

ステッカー作り、楽しんで下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする