スポンサーリンク

紙は文化のバロメーター!しかし情報の担い手ではなくなる?

紙 文化のバロメーター

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、紙は文化のバロメーター!
しかし情報の担い手ではなくなる?
というお話。

管理人は元製紙会社社員。

会社では紙は文化のバロメーター
という言葉をよく聞いたものです。

入社した頃はスマホもない時代で
情報伝達は紙がメインでしたから。

しかしながら。

今となってはそれは怪しい。

これだけ誰でもスマホを持つ時代、
紙はもう情報伝達には不要になった。

何でも画面で見ればいいですから。

紙が便利なのはせいぜいチラシくらいか。

ちょっと前までは大画面のポスターは
紙がメインでしたけど今は液晶だし。

紙の歴史は古いですがどうも
情報の担い手では無くなった。

かなり悲観的な感じがします。

では生産量などはどうなのか?

ということで。

この記事では、紙は文化のバロメーター!
しかし情報の担い手ではなくなる?について

管理人が調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

紙は文化のバロメーター?生産量は減少している!

紙は文化のバロメーター。

そう思っていたのですが。

その生産量は減少しています。

日本製紙連合会のHPを引用すると、
https://www.jpa.gr.jp/states/paper/index.html

紙板紙の生産量
2005年
紙19,338千トン、板紙12,435千トン
合計31,774千トン

2021年
紙11,693千トン、板紙11,611千トン
合計23,305千トン

となっていました。

2005年から2021年の16年間で
紙板紙の生産量は73%になった。

約3割の減少です。

板紙はそんなに減ってませんが
紙が4割も減っています。

本当に紙が文化のバロメーターなら
日本の文化水準も4割減でのはず。

しかし。

日本のGDPは
2005年535兆円
2021年541兆円

だそうですから若干でも伸びている。

ということは。

今や紙は文化のバロメーターではない!

残念ながらこれが現実ということですね。

元製紙会社社員には
残念な結果ですけど。

スポンサーリンク

紙は文化のバロメーター?板紙や衛生用紙は?

管理人、この統計を見るまで板紙は
伸びているかもと思ってました。

しかし、実際には伸びていない。

長らく横ばいというのが実際です。

宅配便が増えて需要があるのに
どういうわけで伸びないのか?

特にこの最近はコロナの影響もあり
物流関係は増えそうなんですけど。

ただ、細かく見てみると
段ボール原紙は増えています。

(段ボール原紙)
2005年:9,311千トン
2021年:10,131千トン

やっぱり段ボールは増えてるんですね。

代わりに紙器用とか
その他板紙が減っている。

ただこれは輸入も多そうです。

たとえばアマゾンで売ってるこれ。

ニッチプラス(Niche Plus)紙コップ ミニ ホワイト 3オンス( 90ml ) 250個

原産地ベトナムなんですよね。

つまりは国内の紙器用の板紙が減って
海外からの輸入になっている感じです。

ここまでを見ると紙は物流の面では
まだまだ頑張っていると言えそうです。

あと、衛生用紙なんですが。

ティッシュ、トイレット、紙おむつ。

これは横ばいですね。

2005年:1,764千トン
2021年:1,797千トン

成人用の紙おむつが伸びているので
もっと伸びると思っていたのですが。

でもまだ横ばいなら良い方ですね。

新聞紙や印刷用紙は散々なので。

新聞紙と印刷用紙の落ち込みの激しさ

管理人には悲しい話ですが。

もう一度、新聞紙と印刷用紙の
生産量を確認しておきます。

(新聞紙)
2005年:3,720千トン
2021年:1,978千トン

(印刷用紙)
2005年:11,503千トン
2021年:6,314千トン

新聞紙の落ち込みがひどいです。

印刷用紙は新聞折り込み広告と
出版用紙が相当量をしめます。

世の中で新聞離れ、本離れと
言われて久しいですが

この統計を見る限り
全くその通りです。

ただこれは活字離れではないのでしょう。

スマホなどの画面で活字は読むので。

それにしても。

本当に新聞は不要になり紙の本も
印刷用紙も不要になるんでしょうか?

情報の面からの文化のバロメーターが
紙ではなくなったというのだけは確か。

なんとか生き残ってほしいのですが。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は紙は文化のバロメーター!
しかし情報の担い手ではなくなる?
というお話でした。

管理人が調べたところでは紙の生産量は
16年間の間に73%になってしまいました。

特に新聞紙、印刷用紙の落ち込みがひどい。

本当に世の中に不要なものに
なっているのかも知れません。

情報の担い手という点ではもう
紙の時代は終わったんですね~

ただし。

文化のバロメーターと言う意味では
物流面ではまだまだ行けそうです。

文明の発達には情報の流れと
物の流れが重要ですから

情報の流れはネットに譲っても
物流はまだまだ段ボールが必要。

せめてそこだけでも生き残ってほしい。

紙のいいところはまだあると思いますので。

この記事が、紙は文化のバロメーター
と言う話の参考になればと思います。

紙にはもっと生きていてほしいです!

(参考)
こんな記事も読まれています。

半紙の由来とは何か?杉原紙という和紙を半分に切ったから!
https://kamiconsal.jp/hansiyurai/

紙は何からできている?木材や古紙のパルプと灰分がメイン!
https://kamiconsal.jp/kaminanikaradekiteiru/

CDジャケットを光沢紙で作りたい!自主制作なら何を使う?
https://kamiconsal.jp/cdjaketkotakusi/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする