個人情報の紙ゴミを誤って捨てた!回収業者に見られないか?

個人情報 紙ゴミ

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は個人情報の紙ゴミを誤って捨てたら
回収業者に見られないのか?というお話。

【注意】

管理人は回収業者に見られる可能性は
低いと考えていますがゼロではないので

個人情報にかかわる書類は
細かくちぎるなどして下さい!

会社なら機密書類というのがありますし、
家庭でも自宅の住所や電話が

記載されている封書なんかが
届くことがあります。

いわゆる個人情報というやつですよね。

ほとんどの紙ゴミは不要なものに
なるので会社ならシュレッダー、

家庭なら細かく破って捨てる
ということになると思います。

この紙ゴミ、会社ならシュレッダーから
出たゴミは業者が回収して

再生紙になると思いますし、
家庭なら燃えるゴミになって

焼却炉行きというのが
多いんじゃないでしょうか。

しかし、たまにシュレッダーを
かけるのを忘れたり、

自分の名前の部分を破り忘れて
資源ごみに出すこともあるんですよね、

というか自分も結構
そういうことがありました。

そんなとき、紙ゴミから
個人情報が漏洩しないんだろうか、

自分の個人情報が悪用されないんだろうか
と思ったことはありませんか?

自分の個人情報なんて大したことじゃないから
気にすることないよと言う気持ちがある一方で、

回収業者の人ってそういうリストを集めて
売ったりしないのか?なんて考えたり。

実際のところ資源ごみ回収業者による
個人情報漏洩は発生するのか

という話なんですが、
現実的にはほぼないと思われます。

ということで。

この記事では紙ゴミから個人情報が
漏洩する可能性について

管理人なりに調べた結果を
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

紙ゴミから個人情報が漏洩する可能性はあるのか?

紙ゴミに個人情報を見つけた回収業者が
悪用する可能性がゼロとは言い切れません。

だからわざわざシュレッダーを
かけたりするんですからね。

しかしその確率はとても低いと
言わざるを得ません。

理由はいくつか考えられます。

まず古紙回収という仕事は
非常にハードワークです。

現実的な問題として資源ごみに
何が書かれてあるのかなんて
見ている暇がありません。

住所・氏名・年齢・生年月日などが
書かれた紙があったとしても
それが目に入ることはほぼないです。

古紙回収業者の人が古紙をトラックに
積んでいるところを見たことがある人も

多いと思いますが、あの作業をやりながら
紙に書かれた情報を抜き取って
何かしようと思うでしょうか?

どう見ても目の前の古紙をトラックに
積むのが精一杯でそれ以上のことは

できそうにないですよね、
というか出来ません。

そのトラックに積まれた古紙が回収業者や
製紙会社に運ばれてしまえば

それはただの古紙原料なので書かれている
ことに興味を持つ人はほぼいません。

そしてそれらは一旦箱型に圧縮して固められ
番線で縛られて、時が来れば
パルパーで溶解される。

紙が溶解されてしまえばもう何が
書かれていたかなど絶対に分かりません。

ということで古紙回収業者が個人情報を
どうにかするというのはほとんど
考えられないんですよね。

そう考えると紙ゴミから個人情報が漏洩する
というのは非常に稀なケースといえます。

企業の内部情報なんかの場合は回収業者に
出す前にゴミをあさりに来るスパイみたいな

人がいると聞いたことはありますが
これもどこまで本当なのかよく分かりません。

だいたいそんなに都合よく内部機密や
個人情報が出てくることもないので

ゴミあさりで情報を収集しようというのは
単なる徒労に終わると思うんですけどね。

それからもしも回収業者ではなくて
燃えるゴミとして出したなら

それはそのまま焼却処分ですから
人の目に触れることはない
ということになります。

本音を言うと、回収業者も
古紙パルプ製造の担当者も紙のゴミに

何が書かれているかなんて
全く気にしていません。

ゴミを出すほうが気にしすぎだと思います。

スポンサーリンク

紙ゴミの個人情報漏えいと古紙パルプの現場

ここからは元製紙会社社員としての
本音をお話させてください。

自分は製紙会社に勤務していたので
古紙パルプの製造現場は何度も
見たことがあります。

納入されてきた古紙はパルパーという
大きな洗濯機みたいな設備で溶解されて

古紙パルプになって
リサイクルされるわけですが、

個人情報なんかを見ようと思ったら
この古紙をパルパーに投入するところが
最後のチャンスということになるんですね。

じゃあその古紙投入現場がどんな状況か。

まず古紙を投入するために大きな
ベルトコンベアがありますが、

そのコンベアのところまで古紙を運ぶために
フォークリフトやクランプリフトといった
車が走り回っています。

作業車ですから急に前進したり
バックしたり旋回したりします。

近づくと危ないです。

紙は地面に散乱しており、
その紙に足を取られてうっかり足を

滑らせて転倒しないようにと
気を使う感じです。

また、工場の現場で働く操業員の人は
だいたい荒っぽい人が多いんですが、
この現場もやってることが荒っぽいです。

部外者が安易に立ち入ると事故を起こすぞと。

簡単に言うとこんな状況ですから
いちいち紙に何が書かれているのかとか

個人情報がどうのこうのとか
考えている暇はありませんし、

そんなことを気にする人も
居ませんでした。

休憩できるときにはお茶の一杯も飲んで
ちょっと雑談でも、という雰囲気なんです。

これは自分が知っている製紙会社の
古紙パルプ製造に関わる工程の話ですから、
他の工場がどんな状況なのかは知りません。

しかし、どこもそんなに大差はないと思います。

古紙を受け入れる製紙会社で
こんな状況ですから

古紙を回収してくる業者も似たようなものか
もっと荒っぽいのではないかと思います。

とてもじゃないですが、
紙に書かれたデータをチェックするような
暇はないしそんな細かいことはしないです。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

ここまで見てきたように紙ゴミから
個人情報が漏れるとか、

回収業者が個人情報で何かするとか
そういうことはほとんどないと
考えて良いと思います。

紙ゴミの個人情報がリスト化されていたならば
データの使い勝手もいいでしょうが、

個人個人の名前や住所が分かるぐらいでは
大した使い道もありません。

ただし、クレジットカードの暗証番号とか
ショッピングサイトのIDとパスワードの

セットなんかがバレるとこれは大変なことに
なりますから個人情報の管理を適当に
やってもいいという話にはなりません。

現代では紙ベースよりもインターネットなど
からの流出のほうが遥かに危険なので、
心配するならそちらを心配すべきでしょう。

自分の考えでは、紙ゴミから個人情報を
盗むというのはかなり大変な作業になるので

よほどの理由がないと
やらないことだと思いますし、

回収業者や製紙会社が個人情報を
どうにかするということも
ほぼないと思っています。

しかし100%大丈夫と断言は出来ませんから
やっぱりシュレッダーにかけるなりして
対応してください。

個人情報の書かれた紙ゴミの取り扱い、
一応は気をつけて下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする