スポンサーリンク

香水を試す紙の名前はなに?購入するにはどうすればいいのか

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、香水を試す紙の名前と
購入はどうすればいいかというお話。

管理人は香水を使うことはないんですが。

以前働いていた会社では
香水を使っている人がいました。

女性はいいんですけど、
おっさんでも使ってました。

似合わなかったですね~

体臭を隠すために香水をつけていたようですが
どの程度効果があるのかは不明でしたね。

そんな人が何人かいたんですけど
その中のひとりは焼肉が好きで

毎日にんにくの臭いをさせてましたから
香水では追いつかない感じでしたけど。

追いつかないどころかニオイが混ざって
かえって気持ち悪くなってましたね。

本人は問題ないんでしょうけど
周囲の人間は最悪でした。

そう思うとニオイって恐いんですよね。

そのちょっとしたことで側に
寄りたくなくなるわけで、

そんな状態が続くと徐々に
誰にも相手にされなくなる。

本人は分かっていないんでしょうけど
嫌われる原因とも言えるでしょう。

まあ、生物の世界を考えれば
フェロモンは匂いなわけですから

これがいい匂いかどうかで
惹かれ合ったり反発したりする。

一種の識別記号ですからね。

〇〇の匂い、といえば
雰囲気を示すわけですし。

そういう意味では香水というのは
人間関係を制御する道具でもある。

特にいい香りの女性は魅力的ですからね。

それはそうとして。

ではその香水を試すときに
使う紙の名前はなになのか?

どこで入手できるのか?

ということで。

この記事では、香水を試す紙の名前はと
購入するにはどうすればいいかについて

管理人なりに調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

香水を試す紙の名前は試香紙。ムエット、匂い紙とも

それで、この香水を試す紙の名前は試香紙。

ムエット、匂い紙などともいいます。

試香紙、匂い紙は日本語的にそのまんま。

ムエットはmouilletteでフランス語です。

香水ですからフランスなんでしょう。

イメージとしてはとても良く分かります。

それで、この試香紙の購入なんですが。

実は色んな所で売ってます。

とりあえず化粧品や香水売り場。

それからアロマオイルを売っているところ。

あとは通販。

価格を見てみるとこんなただ紙を
短冊にしただけなのに1本10円くらいする。

1000本くらい買えばもっと安いですが
個人が1000本もいらないでしょう。

元製紙会社社員からすると
こんな値段高すぎると思いますが、

加工費とかイメージとかで
そこそこ費用がかかるんでしょう。

中身の紙よりもそれ以外の方が
高いというパターンですね。

ちなみに。

試香紙の形状なんですが
販売されているのは細いのが多い。

これは香水の瓶に試香紙をつけて
香りを確認するためだそうです。

一方、香水販売店では幅広の
試香紙を置いていることが多い。

これは香水をスプレーして確認するときに
幅広でないと香水がつかないからだとか。

その時の使用状況に合わせて
形状も変えているみたいですね。

香水を試す試香紙の代用品について

ここからは余談です。

試香紙って言われるとなんだか
高級で特別な紙のようですが。

用途としては香りが分かればいいので
無色無臭なら何でも良いわけです。

極端に言うとノートとかコピー用紙とか
そういう白くて無臭の紙ならいい。

画用紙なんかはちょうどいいですよね。

化学の実験で使う、「ろ紙」とか
「ペーパークロマトグラフィー」用の紙とか、

これらは白くて無臭ですから
品質的にはとてもいいでしょう。

ということで、試香紙って実は
色々と代用品があります。

ただ、ちょうどいいものを自分で見つけたり
購入しようとするとその方が手間かも。

化学用のろ紙なんて結構高いし。

ただ、上質紙ならとりあえず使えると
分かっていれば役に立つかも知れません。

試香紙をしおりに使うのもあり

さらに余談を。

ちょっと幅が広めの試香紙は
本のしおりにするのもいいでしょう。

香水をつけたあとなら、
その本がいい香りになります。

メモ帳とかスケジュール帳に使えば
つねにいい香りってことですよね。

本やメモ帳に直接香水をスプレーというのは
紙が濡れてシワになるかも知れません。

しかし、しおりに香水を染み込ませれば
本やメモ帳自体には何も問題ない。

まあ、これはなにもムエットでなくても
紙の短冊ならなんでも良いんですが、

デザインの良い試香紙を使えば
いい香りもしておしゃれかなと思います。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、香水を試す紙の名前と購入は
どうすればいいかというお話でした。

香水を試す紙の名前は試香紙。

ムエットとか匂い紙とも呼ばれます。

購入は化粧品や香水、アロマオイルなど
香りを楽しむお店ならできるでしょう。

または通販ですね。

普通に「試香紙」とか「ムエット」とか
検索すれば出てきます。

それから、代替品は色々ありますね。

基本的に白い上質系で
無臭ならなんでもいい。

コート紙のように塗工していたり
印刷後の紙はダメでしょうけど。

身近なものなら画用紙とか
格安の白いコピー用紙とか。

ノートでも良いかも知れません。

化学で使うろ紙などは良いんですが
それを買うなら試香紙を購入しても

価格的には変わらないので
あまり意味がないかも知れませんね。

あとは、使い終わった試香紙を
本やメモ帳のしおりに使えば

いい香りのする本やメモ帳になる
ということもお話させていただきました。

この記事が、香水を試す紙の
参考になればと思います。

良い香りを楽しんで下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする