スポンサーリンク

濡れた段ボールはリサイクル出来るのか?少しくらいは大丈夫

濡れた段ボール リサイクル

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、濡れた段ボールは
リサイクル出来るのかというお話。

濡れた段ボールを回収するかどうかは
各自治体が決めることなのですが。

現実的に濡れた段ボールでも
リサイクルできるのか?ですよね。

管理人の経験では少し濡れた
くらいなら一応出来ます。

濡れ具合とか、その段ボールの
状況によりますけど。

ではなぜ濡れた段ボールでも
リサイクルできるのか?

ということで。

この記事では、濡れた段ボールは
リサイクル出来るのかについて

管理人の調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

濡れた段ボールはリサイクルできる

結論から言うと少々濡れた段ボールなら
リサイクルできるということなんですが。

その理由を考えるために少し
古紙処理のお話をさせて下さい。

まず、段ボールの場合は段ボール
古紙をアルカリ水に溶かします。

「溶かす」、と言いましたが、
正確には「離解」ですね。

パルプが水に溶けるわけではないので。

古紙を水の中に投入したら紙が
バラバラになってパルプになる。

これが原料になって段ボールが
製造されるというわけです。

最初の工程で水の中に入れるわけで
少々水に濡れたところで影響ない。

元製紙会社社員としては
こんなイメージですね。

ただし。

これ、濡れてスグならいいと思うんですが
時間がたったときどうなのかは問題。

というのは。

紙が水に濡れても乾けばいいですが
湿ったままだとカビが生える。

これが厄介です。

当たり前ですが、カビの生えた
紙は原料には使えません。

無理に使って問題が
起こったら困りますからね。

同じ古紙でも新聞古紙なら
脱墨とか漂白の工程があって、

そこでは過酸化水素のような薬品も
使うので少しはマシかも知れません。

しかし段ボール古紙の場合は
脱墨とか漂白という工程はない。

段ボールがそのまま古紙パルプになる。

だからカビが生えてニオイがすると
製品にもニオイが付く可能性がある。

これは本当にまずいんです。

どんな商品を入れるときでも問題ですが
特に食品を梱包したら大問題です。

こういうクレームは恐ろしい。

段ボールの場合だと紙を弁償するだけなら
製品を差し替えるとか、金銭で解決ですが

もしも中身の商品の分まで補償しろ
となると膨大な金額が発生してしまう。

段ボールなんて紙の中では
一番安い紙なんです。

最近はちょっと高いですけど。

それに利益もそんなに取れない。

そんな中で箱の中身まで補償となると
少々の利益なんて飛んでしまう。

たかがカビの生えた古紙を使った
ばかりにこんなことが起こるかも。

管理人が関係していたときには
こんな事はありませんでしたが

こういうことが想定されるので
おかしな古紙は引き取らなかった。

引き取らないというより引き取れない。

少々濡れても大丈夫とは言いましたが
中途半端に濡れてカビなど生えると怖い。

ニオイがあったら最悪。

自治体や引き取る業者によって
濡れてもいいとか悪いとかがあるなら

引き取る製紙会社の考え方によって
受け入れる古紙の品質が違うから。

管理人が受け入れ側なら
濡れた古紙は使いたくない。

やっぱり問題を起こしたくないですから。

段ボールのニオイについて

ここからは余談です。

段ボールのニオイなんですが。

これが結構面倒なんですよね。

今回は濡れてカビが生えたら
困るというお話をしましたが

カビに限らすニオイがついた
古紙は製品には使えません。

事前にわかっていれば焼却です。

一般的にはいいニオイとされる
洗剤なんかでもアウトです。

洗剤が入っていて洗剤のニオイが
津kた段ボールが洗剤の箱になれば

それは問題ないと思いますが
そうそう都合良くはいかない。

そういう箱が食品用だったりすると
とても危険なわけですよね。

下手をすると消費者から食品から
洗剤のニオイがすると言われる。

そんなの、食品工場からすると
異物混入かとなるわけですよ。

一つ間違えば社会問題です。

もしもその原因が段ボール箱
だったら洒落にならない。

段ボール箱の紙代なんて
大した金額にはなりません。

しかし、食品の返品などを
補償するとなると大問題。

そんなお金どうするんだと。

取引も切られるかも知れない。

本当にちょっとしたことで
足元をすくわれるわけです。

ここまでひどくはないにしても。

箱がおかしくて中身が疑われる
というのは結構あるんですよね。

そのときに中身まで補償しろと
言われたら本当に困る。

そういう部分でのクレームには
神経を使わないといけない。

まあこれは極端な話ですけど。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、濡れた段ボールはリサイクル
出来るのかというお話でした。

結論としては少々濡れた程度なら一応
リサイクルできますということでした。

ただし。

紙にカビが生えたりしたらそれはNG。

特にニオイなどは取り除くのが
難しいので使えないんですね。

こういうのを引き取るかどうかは
各自治体によって違いますから

実際にリサイクルに出すときは
確認してもらいたいと思います。

元製紙会社社員としてはできるだけ
リサイクルはしてほしいのですが

原料として使って製品がおかしく
なるのはやっぱり困るわけです。

その意味では古紙の品質が重要。

ある程度まともなものでないと
引き取りたくないのが本音ですね。

この記事が、濡れた段ボールをリサイクルに
出すときの参考になればと思います。

とはいえ。

古紙のリサイクルは自治体の
指示に従って下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする