パラフィン紙とは?グラシン紙にろうそくを含有させたもの!

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、パラフィン紙とは、というお話。

パラフィン紙ってなんでしょうか?

ウィキペディアによると

==ここから==

パラフィン紙(パラフィンし、
英語 paraffin paper、waxed paper)は、
パラフィン蝋を塗布・浸透させた紙である。

==ここまで==

となっています。

ワックスペーパーとも呼ばれてますね。

まあそれだけならだれでも分かる。

でも管理人は元製紙会社社員。

もうちょっと詳しい説明をしてみたい。

ということで。

この記事ではパラフィン紙とは
なにかということについて

管理人の調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

パラフィン紙とはパラフィンを含浸させた紙

もうそのままなんですけど。

パラフィン紙とはパラフィンを含浸させた紙。

パラフィンというのは化学的には
鎖状炭化水素と呼ばれるもの。

アルカンとか言うんですかね。

これは何かと言われたら
ろうそく、ということになります。

ロウ、といっても蜜蝋ではなくて
お寺で火を灯すろうそくですね。

あれはだいたいパラフィンワックス。

これを紙に含浸させるわけです。

含浸というのは読んで字のごとく
浸して含めるというわけですね。

それで。

パラフィンは種類が色々ありますが
だいたいは加熱すると溶けます。

だから加熱したろうそくの液体に
紙をくぐらせればパラフィン紙。

おおむねこんな感じですね。

このとき使われる紙は
グラシン紙と呼ばれる紙。

ただこれ、必ずグラシン紙という
わけではなくて紙ならなんでもいい。

パラフィン紙として使うときに原紙が
グラシン紙の方が都合がいいだけです。

ちなみに。

これ家庭でも出来ます。

紙が何でもいいんなら
カラフルな包装紙とかを使う。

ポスターみたいなコート紙はロウが
染み込みにくいのでちょっとですが。

それで、ろうそくを細かく刻んで
染み込ませたい紙に乗せる。

これをクッキングシートではさむ。

クッキングシートというのはこれです。

クックパー クッキングシート Lサイズ 30cm×15m

クッキングシートを使う理由は
これが耐熱性が高いから。

それで、このクッキングシートの
上からアイロンをかけるわけです。

そうすると紙の上に乗ったろうそくが
アイロンの熱で溶けて紙に染み込む。

うまく行けば手作りパラフィン紙の
完成というわけですね。

パラフィン紙の原紙はたとえば
コピー用紙に印刷した紙もありかなと。

紙の風合いが変わってくるので
面白いと思いますね~

パラフィン紙の用途

次にパラフィン紙の用途なんですが。

身近だとお菓子の包み紙ですかね。

特にチョコレートや飴のように
ベタつくやつに使います。

このパラフィンというかろうそくは
耐油、耐水性がいいんですよね。

それにくっつかない。

よく滑るというのは手で触れば
わかると思います。

そういえば、昔の家では障子やふすまの
滑りが悪くなるとろうそくを塗ったものです。

だからべたべたしたものを
包んでもくっつかない。

耐油、耐水性があるから
油分が染み出さない。

お菓子の包み紙には
ちょうどいいわけです。

それで。

このパラフィン紙の原紙には
グラシン紙を使うことが多いんですが。

その理由としてはグラシン紙は
緻密な紙だからというのがあります。

緻密と言ってもロウが染み込まないほど
緻密というわけではありません。

ちょっと難しい言い方をすれば
ピンホールが少ない、ですかね。

ピンホールというのは透かしてみて
ようやく見えるかなという感じの穴。

これがあるとそこからガスや液が
抜けやすいわけですがそれが少ない。

包み紙なんかだとそういうの大事です。

中から油分が染み出すのも外から
湿気が入ってくるのもよくない。

そういう意味でグラシン紙は
ちょうどいい紙になるんですね。

ただし。

パラフィン紙はクッキングシートと
違って耐熱性はありません。

ろうそくを熱で溶かして紙に
含浸させているわけですから

高温ではろうそくが溶けてしまって
機能性が無くなるわけです。

そう簡単には燃えないでしょうけど
オーブンとかで使うと危険です。

パラフィン紙には耐熱性がない。

これは十分注意してほしいところですね。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、パラフィン紙とはというお話でした。

定義はパラフィン蝋を紙に含浸させた紙。

ワックスペーパーとも呼ばれます。

100均にも売ってますね。

印刷柄のものとかもありますよね~

印刷したやつにロウを含浸するから
こういうカラフルなやつもやりやすい。

そらから、パラフィン紙の原紙は
グラシン紙が多いんですが、

特にルールがあるわけではないので
どんな紙を使っても構いません。

先程お話しましたが自作することも出来ます。

結構簡単に作れるし
風合いも面白いでしょう。

使用用途はお菓子の包み紙など。

耐水、耐油性があるのと
ツルツルしているので

ベタつくお菓子なんかに
使うのがちょうどいいですね。

紙とろうそくなら食べても
危険ではないでしょうし。

食べるものじゃないですけどね。

そうそう、パラフィン紙は耐熱性は
ありませんからオーブンとかはダメ。

これはちょっと注意しておきましょう。

この記事が、パラフィン紙について
の参考になればと思います。

パラフィン紙、楽しく使って下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする