スポンサーリンク

白封筒と茶封筒の違いとは?履歴書や退職届は白い方がベター

白封筒 茶封筒 違い

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は白封筒と茶封筒の違いとは?
履歴書や退職届は白い方がベター
というお話。

管理人は元製紙会社社員。

封筒に使う晒クラフト紙の
製造に関係したことがあります。

担当でもなんでもなくて
見たことがある程度ですが。

管理人の記憶では晒クラフトという
白い紙と半晒クラフトという茶色の紙。

両方製造していた気がしますね。

クラフト紙というくらいですから
強度の強い針葉樹パルプがメイン。

工場ではNLPと呼んでましたか。

白いやつをNBKP、茶色いのをNUKP。

それらを適当に混ぜて指定の色にして
クラフト紙として製造する感じでした。

古紙入りのものならこれに古紙を配合。

コストの関係で針葉樹より安い
広葉樹を混ぜたりもしてました。

紙が厚くなれば十分強度が出ますから
ちょっと弱いLBKPも使ってましたね。

印刷用紙だと針葉樹と広葉樹の
配合比率が逆転して広葉樹メイン。

管理人は印刷用紙担当が長かったので
包装用紙は別世界のような感じでしたね。

それはそうとして。

このクラフト紙は封筒によく使われます。

そして封筒には色んな色がある。

メインは白色と茶色でしょう。

これ以外にもカラーの封筒はあるんですが
それぞれなにか意味があるんでしょうか?

特に白と茶の違いは何なのか?

ちょっと気になったんですよね。

ということで。

この記事では、白封筒と
茶封筒の違いについて

管理人が調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

白封筒と茶封筒の違いは公式な文書かどうか

結論から言うと、退職白封筒と茶封筒の
違いは公式の文書かどうかだそうです。

たとえば。

履歴書や退職届は白封筒がベター。

一応は公式な文書になるからだそうです。

逆にそうでないものは茶封筒。

この場合は茶封筒でも良い
というニュアンスですね。

白封筒は何でもOKなんですが
封筒自体の値段が高い。

だからそこまで気を使わなくてもいい
ビジネスライクなものは茶封筒。

そういう感じの使い分けなんだそうです。

管理人が精べてみると請求書や領収書は
白色と茶色の両方の意見がありました。

管理人の感触では会社によって
まちまちな気がしますね。

A社は白封筒、B社は茶封筒という感じ。

どういう意識かは分かりませんが
どちらでもいい感じがしましたね。

管理人の勤務していた製紙会社では
部署によって違っていた気がします。

2回目に勤務した会社ではレモン色の
自社用の封筒を使ってましたね。

白でも茶色でもないという。

コストにうるさい会社は茶封筒だったか?

イメージはそんな感じですね。

そうそう。

履歴書も何通も見ましたけど
これもまちまちでしたね~

白色も茶色も両方ありました。

実際市販されている履歴書なんかも
両方あるように思いますね。

まあ封筒が白だろうが茶色だろうが
採用する側からするとどうでもいい。

普通に書類が送られてきていれば
それで何も問題はありません。

ただ、白い封筒のほうが宛名などが
分かりやすいというのはありますね。

他の書類と紛れたりしにくいとか。

まさか封筒の色で採用不採用が
変わるとは思いませんが

就職する側からすると気になるでしょうから
それなら白封筒のほうがいいでしょうね~

それから退職届。

これも基本は白色封筒ですが
正直言ってどっちでもいい。

その会社とは縁が切れるので
何でもいい気はするんです。

ただ、あんまりいい加減に
やるのはよくありません。

特に転職を考えている場合。

次の就職先が前の会社に
問い合わることがある。

こういうときに封筒ごときで
心象を悪くする必要はない。

そう考えると茶色より白色のほうがいい。

一応は公式な文書になるわけですし
ちょっと気合が入った感じもするし。

その一瞬だけのためではありますが。

まあ、実際のところ履歴書も退職届も
だいたいファイリングして保管でした。

だから封筒はすぐに捨てられるんですよね。

不採用なら返送という
パターンもありますけど。

実質的にそんなに気にすることでもないですが
なるべく白い方が高級感があってベター。

マナーってそういうものですし。

白封筒と茶封筒以外の色の封筒の意味は?

ここまで白封筒と茶封筒の違い
についてお話してきました。

基本は白が公式というかフォーマル。

茶色はビジネスライクなもの。

ただ、そんなに明確な区分けはなく
どちらを使ってもいいことも多い。

会社によっては専用の封筒もあるでしょう。

それでですね。

白色と茶色以外の色の封筒はどうなるのか?

これが気になったんです。

で、調べてみました。

いくつかあったんですが赤色について。

ちょっと記載してみますね。

==ここから==

◼︎赤色の封筒

赤色の封筒は税金滞納者への差押えなどの滞納処分の最終予告として使用される封筒です。

赤色の封筒が届く前に税金滞納者には注意を呼びかける白色の封筒、警報を意味する緑色の封筒が届き、最後に赤色の封筒が届くという手順となっています。

==ここまで==

なんとも怖い封筒ですよね~

何しろ税務署からの手紙ですから。

最初は白色、次に緑色、最後に赤色。

赤はおめでたい色ではあるんですが
赤紙、のイメージも感じます。

こんなのいらないですね~

他にも会社独自の色んな色の封筒が来ます。

コストは掛かりますけど目立つという
意味ではいいのかも知れません。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、白封筒と茶封筒の
違いというお話でした。

結論から言うと白封筒は公式文書
茶封筒はビジネスライクなもの。

厳密な使い分けはなさそうですが
履歴書や退職届は白封筒。

案内状なんかも白封筒ですかね。

領収書や請求書は微妙なところ。

それ以外のものは茶封筒が多いようです。

茶封筒のほうが安いので企業は
基本的に茶封筒を使うと思います。

という感じでした。

そういえば。

管理人が社会人になった頃は
封筒を裏返して使ってました。

コスト意識は高くていいんですが
さすがにセコいのではないかと。

管理人的にはそういうことって
感性が貧乏になる気がするんですが。

この記事が、白封筒と茶封筒の
違いの参考になればと思います。

封筒、うまく使い分けてくださいね!

(参考)
こんな記事も読まれています。

コピー用紙はコンビニに売ってる?種類は少ないがあります!
https://kamiconsal.jp/copyconvini/

履歴書はコピー用紙でも大丈夫か?あまりおすすめしません!
https://kamiconsal.jp/rirekisyocopypaper/

筆圧が低い人のボールペンとは!使いやすいのは低粘度インク
https://kamiconsal.jp/hituatuhikuiballpointpen/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする