スポンサーリンク

洋菓子の下に敷く紙の名前は?多いのは「レースペーパー」!

洋菓子 下に敷く紙

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、洋菓子の下に敷く紙の名前で、
多いのは「レースペーパー」 というお話。

管理人はお菓子大好きです。

ケーキもいいですよね~

とはいえ、おっさんですから気持ち
悪くなるほど食べるとかは無理だし、

デザートは別腹、というような
女性ほどは食べられませんが。

せいぜいショートケーキを
ひとつ食べるくらいです。

年をとると結果的に上品な
行動になるということでしょう。

それでも、甘党なのは間違いない。

それはそうとして。

そんな洋菓子の下に敷いている
紙の名前はなんでしょうか?

元製紙会社社員としては気になるところ。

ということで。

この記事では、洋菓子の
下に敷く紙の名前について

管理人の調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

洋菓子の下に敷く紙の名前はレースペーパー

すでにタイトルに書いていますが洋菓子の
下に敷く紙は「レースペーパー」が多い。

こんなやつですね。

FBAPA03レースペーパー(ラウンド)10cm 120枚

こういう紙の上にケーキとか
洋菓子を乗せているわけ。

入手は100均が便利でしょう。

ダイソーでもセリアでも。

同じものを大量にというなら
通販が良いかも知れませんが。

それで。

元製紙会社社員としては
この紙の品種が気になる~

で、調べてみると紙としては
純白ロール紙になるようです。

純白ロール紙、色々使われてますね。

たとえばバッグや靴の詰め物とか。

薄くて丈夫ですし添加薬品もあまり
入らないので食品にいいんでしょう。

洋菓子の下に敷く紙。ワックスペーパー

レースペーパー以外だと
ワックスペーパーも使われます。

こんな感じですかね。

FTN1050-P ワックスペーパー ロール(白無地) (1本)

これは白の無地ですけど
カラフルなのもありますね。

キャラクターが印刷されているとか。

カワイイのが100均でも買えます。

手作りでお菓子を作って乗せるとか
包むとか、そういうときに良いですよね。

それでこのワックスペーパーなんですが。

名前の通り紙にワックスを
染み込ませています。

ワックスと言っても
だいたいロウソクです。

ロウソクを加熱して溶かして
それを紙に含浸させる。

そうすれば水や油をはじく紙になる。

洋菓子のクリームなんかが
染み出してこないということです。

あんまりベタベタとくっつかない。

それから、紙とロウソクですから
最悪食べても害はありません。

もちろん、食べてはいけませんが。

子供とかはこういうのなめますから
安全なものじゃないとだめですからね。

それから、紙のお話をすると。

ワックスペーパーの原紙は
グラシン紙になります。

グラシン紙というのは
半透明の薄い紙のこと。

紙としてはちょっと特殊な紙で
パルプの液がドロドロになるまで

繊維を切るというかほぐして
密度が上がるように抄造する感じ。

これに更にスーパーカレンダーで
紙に圧力をかけているんですね。

こういう作り方なので紙は
とても緻密になります。

普通の上に比べて穴が少ない。

だから、液体が染み出しにくい。

まあ、こういう紙に更に
ロウソクを染み込ませる。

だから水や油を通しにくいし
ロウソクのおかげでくっつかない。

そういう紙になっています。

ワックスペーパーの代わりにクッキングシートもあり

ワックスペーパーの代わりに
クッキングシートもありです。

両者はよく似た紙でどちらも
耐水、耐油性があります。

クッキングシートの方は耐熱性も
あるのでオーブンでも使えます。

ただ、カラフルとかそういうことより
機能性重視という感じですね。

ワックスペーパーもクッキングシートも
入手は容易なのですがコスト的には

ワックスペーパーの方が安いので
クッキングシートはもったいないかも。

ただ、ケーキなどをオーブンで
焼くときにクッキングシートを

使ったとしたらそのまま敷き紙に
出来ますよということですね。

このあたりは自分に都合がいいように
使えばいいのかなと思います。

結局はお菓子が美味しければ
それでいいと思いますので。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、洋菓子の下に敷く
紙の名前はというお話でした。

これは「レースペーパー」が多いですね。

それでレースペーパーには
純白ロール紙が使われるようです。

また、くっつかない、という意味では
ワックスペーパーもよく使われます。

半透明なやつですね。

カラフルなもの、カワイイデザインが
印刷されたものなどがあります。

100均で入手できますから
気軽に使うことが出来るでしょう。

なお、ワックスペーパーの代わりに
クッキングシートを使うことも出来ます。

実際にはクッキングシートのほうが
高いのであまり使わないでしょうけど。

ケーキを焼いたときにクッキングシートを
使ったらそのまま敷き紙に出来るとか

そういうときに使うくらいかなと
思いますけどね。

ちなみに。

中にはケーキの下に敷く紙を
「グラシン紙」と呼ぶ人もいるとか。

確かに、ワックスペーパーや
クッキングシートの原紙は

グラシン紙なので間違いでは
ないんですけどちょっと違和感。

元製紙会社社員としてみれば
ワックスペーパーやクッキング

シートはグラシン紙に機能を付与した
紙なのでちょっと違うんだよな、と思う。

管理人の些細なこだわりですけど。

この記事が、洋菓子の下に敷く
紙の参考になればと思います。

ケーキは美味しくいただきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする