スポンサーリンク

郵便料金と紙の重さの関係!A4サイズなら何枚送れるのか?

郵便料金 紙の重さ

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、郵便料金と紙の重さの関係、
A4サイズなら何枚送れるのかというお話。

管理人、最近手紙を送るなんて
洒落たことはしなくなりました。

連絡するだけならだいたいメール。

もう紙を使うことはないですね~

あるとしたらせいぜい書類でしょうか。

気になるのはA4サイズの書類を
複数枚送付するときの切手代。

不足していたらどうしようとかですね~

枚数が多ければ宅配便で送付とか
ありますけど普通は郵便が安い。

じゃあA4のコピー用紙何枚で
郵便料金いくらになるのか?

ということで。

この記事では、郵便料金と
紙の重さの関係について

管理人の調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

郵便料金と紙の重さの関係

まずは郵便局のHPから。

国内の料金表(手紙・はがき)
https://www.post.japanpost.jp/send/fee/kokunai/one_two.html

このページから抜粋します。

定形郵便物
25g以内 84
定形外郵便物

  • 規格内は、長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内および重量1kg以内とします。
規格内
50g以内 120

※2020年5月現在

ということです。

定形郵便物というのは普通の封筒。

こういうやつですね。

マルアイ クラフト封筒 長形3号 100枚 70g PN-Z137

定形外郵便物は通常はA4サイズを
折らずにちょうど入るやつ。

マルアイ クラフト封筒 角形2号 100枚 70g PK-Z127

こういうタイプですね。

それで。

問題は重量ですね。

まず、A4サイズ三つ折りの
一般的な封筒の場合。

重さは約5gになるようです。

ちょっと計算してみます。

米坪70g/㎡の場合、封筒サイズの
紙2枚と考えて計算すると

120mm☓235mm☓70g/㎡☓2
=3.9g

米坪85g/㎡の場合であれば

120mm☓235mm☓85g/㎡☓2
=4.8g

重い方を採用すると約5g

もう一方の定形外郵便物の角型2号。

米坪70h/㎡の場合。

240mm☓332mm☓70g/㎡☓2
=11.2g

米坪85h/㎡の場合。

240mm☓332mm☓85g/㎡☓2
=13.5g

重い方を採用すると約14g。

次にA4のコピー用紙。

コピー用紙はだいたい米坪64g/㎡。

A4サイズは210mm☓297mm。

なので、

210mm☓297mm☓64g/㎡=4g

となります。

実は、A4サイズというのは
1㎡の16分の1(2の4乗)。

64g/㎡というのは1㎡が64g。

なので

64g÷16=4g

というようにも計算できます。

ようやく封筒とコピー用紙の
重さの計算ができました。

定形郵便の最低料金で送る!A4の枚数は現実的には4枚

料金と重さの関係を見ると
定形郵便で最低料金は

25g以内で84円。

25gということは封筒が5gなら
中身は20gということになります。

A4サイズのコピー用紙は4gですから
20g÷4g=5枚と言う計算になります。

ただ、5枚入れてしまうと微妙ですよね。

もしかするとオーバーするかも知れません。

なので、現実的にはA4サイズの
コピー用紙は4枚というのが結論です。

定形外郵便の最低料金で送る!A4の枚数は現実的には7枚

料金と重さの関係を見ると
定形外郵便で最低料金は

50g以内で120円。

50gということは封筒の重さ14gなので
中身は50g-14g=36gとなります。

A4サイズコピー用紙1枚は4gなので

36g÷4g=9枚

ということになります。

しかしこれは理想的な重さの場合。

紙は通常若干重くなっているので
9枚ではオーバーする可能性あり。

管理人的には8枚でも微妙で
7枚くらいが現実的かなと思います。

ただし。

定形外で送付するときはクリアファイルに
書類を挟んで送ることもあります。

そうなるとクリアファイルの重さも
加算されるので枚数はもっと減る。

なので微妙な枚数のときは一通りセットして
切手を貼らずに郵便局で確認すべきでしょう。

切手代不足で戻ってきたら
意味ないですからね~

郵便料金と紙の重さ。軽量紙のお話

ここからは余談です。

管理人が入社したのは平成元年でした。

バブル真っ盛りですね。

その当時はまだネットはなくて
パソコンは高価でスタンドアロン。

スマホなんて影も形もない。

そう言う時代でした。

なので広告といえば新聞折込と
ダイレクトメールになりますか。

通販だとカタログ販売ですね。

テレビとかラジオのように適当に
大勢に認知させる手法は効率が悪い

ということでこれからはダイレクト
メールと言われていました。

今だとネットがあるのでメルマガだったり
LINEだったりするわけですけど。

それで。

このダイレクトメール、媒体は紙。

そして郵便で送る。

ネットを使うなら紙も不要、送料も不要。

でも当時はネットがないから
紙と送料が膨大なコストでした。

中でも高く感じるのが送料。

郵便料金です。

郵便料金は重量で課金されるので
紙はとにかく軽くしてくれと言われました。

辞書に使われているような薄いやつ。

そのレベルで両面カラー印刷して
商品の見栄えがいい紙にと。

管理人の会社でも開発を検討しましたが
結局は先行他社に追いつきそうになく断念。

直接的な原因としてはプロファイルが
うまく取れなくて波打っていたのが問題。

管理人的にはマシンの性能が
無理だったと思っています。

そう言う極端に薄い紙はそれ専用の
マシンが無いと無理なんでしょう。

その当時、担当現場の
部長に言われたのが

「そんなに軽い紙にするくらいなら
封筒をプラスチックにすればいい!」

と言う言葉でした。

当時、世の中的には封筒は紙。

ほどなくしてプラスチックの
封筒が出てきて驚きましたけど。

それはそうとして。

郵便料金を理由に紙の重さを
軽くしろという要求は厳しかった。

ネットが出てきてこの分野の紙が
消えてしまいそうなんですけどね~

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、郵便料金と紙の
重さの関係というお話でした。

普通の封筒や折らずにA4サイズが
入る角2号はA4コピー用紙何枚なら

最低料金で郵送できるのか
というのを計算してみました。

管理人の考えでは安全を見て、

封筒ならA4で4枚(最低料金84円)
角2号ならA4が7枚(最低料金120円)

ということでした。

もうちょっと入るかも知れませんが
このくらいが妥当だと思います。

また、クリアファイルに書類を挟んで
送付するときなどは重さが増えるので

一応セットしてから切手を貼らずに
郵便局で確認してから切手を貼る。

その方が確実なのでいいでしょう。

なお。

郵便料金って結構変更されますし
今後も値上がりするでしょうから

郵便物を送付するときには
よく確認したほうがいいでしょうね。

切手代が不足しているので書類が
戻ってきたら悲しいですから。

この記事が、郵便料金と紙の
重さの参考になればと思います。

郵便、うまく使って下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする