スポンサーリンク

網点印刷の線数とは?数字が大きいほど高精細だが紙を選ぶ!

網点 印刷 線数

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は網点印刷の線数とは?
数字が大きいほど高精細だが
紙を選ぶ!というお話。

管理人は元製紙会社社員。

印刷のこともちょっと勉強しました。

新入社員のときに印刷って
実は網点で画像ができている

というお話を聞いてそうだったのか
と感心したことを思い出しましたね。

レベルが低いですけど・・・

今でも印刷物は網点で構成されていますが
当時のものはもっとわかりやすかった気が。

多分、当時はもっと網点が
粗かったのでしょう。

今でも印刷物によっては網点が
分かりやすいのもあるんでしょうが

チラシとか雑誌とかの写真は
昔よりキレイな気がします。

網点印刷の線数が増えた
ということなんでしょうね~

ところで。

印刷の品質を表す網点の線数とは何なのか?

紙の品質もあわせて確認してみようかなと。

ということで。

この記事では、網点印刷の線数とは?
数字が大きいほど高精細だが紙を選ぶ!
について

管理人なりに調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

網点印刷の線数の定義と紙の表面性の関係

まずは網点印刷の線数の定義ですが。

こんな感じ。

==ここから==

「線数」とは印刷物の精度(きめ細かさ)を示し、1インチあたりに並ぶ網点(の中心)の数のことです。

単位は「線」や「lpi(line per inch)」で表します。

175線(lpi)であれば1インチ当たり175個の網点で表現されることになります。

==ここまで==

ということだそうです。

1インチは2.54cmですから175線なら
1mmに6.9個、約7個の網点ですね。

それから、印刷物と線数の
関係はこんな感じだそうです。

==ここから==

一般的なカラー印刷物では175線が使用されていることが多いようです。

新聞(更紙など):60~80線
書籍・雑誌など1~2色刷(上質紙など):100~150線
カタログなどのカラー印刷(コート紙・アート紙など):150~200線

==ここまで==

ここで線数と紙の表面性の関係をお話します。

まず線数が増えると網点は小さくなります。

1インチあたりの網点の数が
線数ですから当然です。

そして、線数が多くなるほど
印刷は鮮明になっていく。

これはテレビの画面とかスマホの
写真の画質のことを考えれば分かる。

画素数が増えれば高画質になるわけで。

古い人ならワープロの文字を
思えばはっきりするでしょうか。

なにしろ、管理人の学生の頃は
ワープロの文字はガタガタでした。

その頃は16×16だったと思います。

今は同じ感覚だと88×88だとか。

線数が増えるというのは
そういうことなんですね。

しかし、問題もあります。

線数を増やせば鮮明になるのですが
印刷や紙がそれに対応できるのか?

これが大問題です。

印刷側ではそんな小さな網点を
キチンと再現できるのか?

これは技術的に難しいわけですよね。

言ってみれば半導体の微細加工と同じこと。

細かくなるほど難しくなる。

紙の方も問題があります。

高精細になるほど平滑性が必要になる。

網点が小さいわけですから
潰れても飛んでもダメです。

小さくなるほどそのリスクは大きい。

紙の表面性が悪くて粗ければ
網点をキチンと付けるために

印圧を上げて対応しますが
そうなると網点が潰れる。

表面が平滑なコート紙やアート紙なら
高精細で印刷することができても

たとえば新聞紙とか更紙などは
線数を上げると印刷が持たない。

高線数すぎると網点が潰れてしまう。

となると紙の表面性によって
適した線数があることになります。

キレイな画面にしたいから高精細に
というのも単純ではないんですね~

スポンサーリンク

網点印刷の線数とクレームの思い出

ここからは余談です。

管理人は元製紙会社社員。

印刷用紙の担当もやりました。

クレーム処理もやりましたね。

網点で印象に残っているのは
オフセットの網点太りでしょうか。

印刷したときに網点が太って
にじんだように見えるとか。

印刷会社の腕の問題もあるんですが
紙に合った線数を選んでいたのか?

そのときは光学顕微鏡写真を撮って
分析しましたがイマイチ役に立たず。

紙は悪くない、という方向で
説明に行った記憶があります。

本当は紙が問題だったかも知れませんが。

こういうのって要因が複数あるので
どれが悪いか分かりにくいんです。

場合によっては同じ紙でも条件の
緩い印刷ならOKかも知れないし。

厳しい印刷するなら他社の高級な紙を
使ってくれとか思ってましたね~

今思えば自社製品の品質に対して
プライドもなにもなかったのですが。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は網点印刷の線数とは?
数字が大きいほど高精細だが
紙を選ぶ!というお話でした。

線数とは1インチに並ぶ網点の数。

線数が多ければ高精細になる。

ただし、それには条件があって
網点がキレイに乗る紙が必要。

もちろん印刷の技術も必要ですが
紙の表面性が悪いと網点が潰れる。

このバランスが難しいと思います。

なんでも精度を上げればいい
というものでもないんですね~

この記事が、網点印刷の線数の
参考になればと思います。

印刷物の網点、気にしてみて下さいね!

(参考)
こんな記事も読まれています。

イロドリの口コミ。低価格・短納期・高品質はあたりまえ!
https://kamiconsal.jp/irodori/

パルプモールドとは?古紙を固めたもので緩衝材に使われます
https://kamiconsal.jp/pulpmoled/

紙に印刷すると間違いに気づきやすい?理由ははっきりしない
https://kamiconsal.jp/kamiinsatumatigaikidukiyasui/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする