スポンサーリンク

コート紙にプリントしたい!インクジェットでは無理なのか?

コート紙 インクジェット 汚れ

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、コート紙にプリントしたいが
インクジェットでは無理なのか、というお話。

これは結論がはっきりしてます。

コート紙にインクジェット印刷は出来ません。

細かいことを言うといろいろありますが
チラシに使うようなコート紙は無理。

インクジェット印刷も種類がありますが
一般的な家庭用のものは無理なんです。

理由は?

身も蓋もないお話ですが
そういうふうに出来ているから。

実のところ、印刷方式と紙の品質は
切り離せないものになっています。

特にプリンタはその傾向が強い。

レーザープリンタはレーザープリンタ用、
インクジェットにはインクジェット用。

兼用できるものもありますが
特化しているもののほうが多い。

それはコート紙だって同じこと。

コート紙の場合はオフセット
印刷に対応しているわけで

インクジェット印刷には
対応していないんです。

なのでコート紙にインクジェット印刷
してもまともに印刷ができません。

ではなぜそうなるのか?

もう少し詳細を知りたい人のために
管理人が説明してみたいと思います。

ということで。

この記事では、コート紙にプリントするとき
インクジェットは無理な理由について

管理人の調べたことを
お伝えしたいとおもいます。

スポンサーリンク

コート紙にプリントするならレーザープリンタ。インクジェット印刷は無理

コート紙にプリントするなら
レーザープリンタを使う方がいい。

そして、インクジェット印刷は無理。

この理由なんですが。

先程もお話したとおりプリンタには
そのプリンタ用の紙が必要です。

インクジェット、特に家庭で使う
染料系インクのものは特殊です。

この場合最も重要なのは
紙が水を吸収すること。

なにしろ、インクジェットインクの
約85%は水なんだそうです。

つまり、この水を紙が吸収しないと
インクが表面で流れてしまうということ。

それで。

コピー用紙の兼用紙なんかは
なんとか水を吸うことが出来る。

なので、インクジェット印刷できます。

しかし、コート紙の場合はそうではない。

オフセット用の紙の場合、そんなに
水を吸収することは出来ません。

逆に言うと、コート紙が水を吸収するなら
わざわざインクジェット用紙なんて作らない。

オフセット印刷のほうがインクジェットよりも
先に技術的に確立されているわけですから。

順番からすると、コート紙がすでにあって
これがインクジェットでは使えないから

わざわざ水を吸収することが出来る
インクジェット用紙が開発された。

こういう感じですね。

身近なプリント用紙としては
インクジェットは一般的ですが

商業印刷、という点から見れば
オフセットの方が一般的です。

オフセット印刷用紙でうまくいくなら
誰もインクジェット専用紙作りません。

そういうことがわかっていればコート紙を
インクジェットプリンタで印刷しよう

というのがナンセンスなことだ
と分かるんじゃないでしょうか。

実際のところ、一般のオフセット用の
コート紙とインクジェット用紙、

たとえば写真を印刷するような光沢紙では
その塗料処方がまったく違います。

管理人の知る限りでは。

一般のコート紙の場合は塗料の主成分
というか顔料はクレーや炭カルになります。

一方インクジェットの場合、主成分はシリカ。

シリカも色々種類があって、マット調なら
ゲルシリカと呼ばれる吸水性のあるもの。

光沢調ならこのマット調インクジェットの上に
コロイダルシリカと呼ばれるものを塗る。

もうこの時点でまったく違いますよね。

ついでに言うと、バインダーも違います。

バインダーというのは接着剤ですね。

顔料だけでは紙にくっつかないので
バインダーを混ぜて塗料にする。

これも、コート紙だったらスチレンブタジエン
ラテックスと呼ばれるものが使われます。

管理人が関わっていた頃は
カチオンデンプンも入れてました。

今はもう使ってないかも知れませんが。

ラテックスもその成分はスチレン、
ブタジエンだけではなく,MMAや

アクリロニトリルなんかも共重合したり
かなり複雑なことしてましたね。

これは成分も複雑だし、重合条件や
分子量制御などもややこしかった。

管理人にはよく分かりませんでしたけど。

インクジェットの方もPVAや酢酸ビニル、
アクリル系バインダーなど色々あり。

ゴムとかそういうラテックス系のものと
水溶性のものを組み合わせてました。

こちらもかなりややこしかったです。

PVAなんて昔からあるゴム
のりの成分だったりしますけど

PVA自体にも色んな種類があって
どれがあたりになるのかって感じ。

管理人はレベルが低かったので
メーカー推奨品を使ってましたね~

まあ、ちょっと上げただけでもこんな感じで
一般のコート紙とインクジェット用紙では

その塗料処方はまったく違うわけで
それは水をどうするかに行き着きます。

オフセットとインクジェットの
インクの違いといいますか。

その部分で苦労しているわけです。

ちなみに。

レーザープリンタの場合はコート紙の
印刷が出来ることもあります。

ちょっと回りくどくかいたのは
ちょっと条件があるからです。

これもやっぱりレーザープリンタ用に
指定された紙を使うべきでしょうね。

インクジェットとはまた違った
品質が要求されますので。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回のお話はコート紙にプリントしたいが
インクジェットは無理なのか、でした。

結論から言うと無理。

一般のコート紙を家庭用のインクジェットで
印刷するとインクが流れて印刷にならない。

インクジェットプリンタには専用の
インクジェット用紙が必要です。

ということでした。

普通のコート紙にインクジェットで印刷しても
出来ないからインクジェット用紙を開発した。

そういう経緯があるんですよね。

管理人の立場で言えば印刷には
各々専用の用紙がありますので

推奨されている紙を使って
下さいということになります。

非推奨の紙を使って使えない
と言われても困りますので。

この記事が、コート紙のプリントの
参考になればと思います。

印刷用紙は用途に合わせて
正しく使って下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする