花火の紙はちぎるのか?基本はちぎるものだが説明書の確認を

記事内に広告が含まれています。

この記事は約 7 分で読めます。

花火 紙 ちぎる

 

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、花火の紙はちぎるのか?
基本はちぎるものだが説明書の確認を
というお話。

管理人も子供の頃は花火で遊びました。

夏になればやってましたね~

手持ち花火を振り回して
よく怒られましたが。

 

持ち手の長~い花火 全長約30cmの花火が10種50本入

 

ところで。

この手の花火ですけど穂先に
紙が付いてるんですよね。

で、この紙はちぎるものなのかが疑問。

本来どうすべきなのか?

ということで。

この記事では花火の紙はちぎるのか?
基本はちぎるものだが説明書の確認を
について

管理人が調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

花火の紙はちぎるのが基本。その経緯は?

管理人が調べたところでは。

花火の紙はちぎるのが基本だそうです。

そもそもその経緯なんですけど。

花火の穂先には火薬が入っていて
昔はその閉まりが悪かったんだとか。

そのため穂先の紙を捻って
火薬がこぼれないようにした。

だから花火の穂先に紙がついていると。

もちろん今では火薬がこぼれるような
ことはないのですが名残ですかね。

見た目が寂しいということで
穂先に紙がついているんだとか。

となるとですよ。

この穂先の紙は花火で
遊ぶには不要なわけです。

だからちぎるのが基本だと。

確かに、花火の穂先の紙に
火をつけても消えやすかった。

そもそもあそこに火をつけるように
なっていないなら消えて当然です。

紙はちぎってから火をつけろと
いうことになるわけですから。

今考えるとなるほどそうかと思います。

花火の紙はちぎるのか?説明書の確認

花火の紙はちぎってから点火する。

基本そういうことなんですけど
花火によってはそうでもない。

なかにはあの紙の部分に
点火するというやつもある。

加熱時間が長いほうが
点火しやすいらしい。

下手に長時間加熱すると
破裂の危険もあるけど。

こうなるとかなりややこしくて
一概には決められない感じです。

なので。

花火で遊ぶときは説明書を読むこと。

面倒だと思うんですけど
説明書を読んでから遊ぶ。

まあこれに関しては子供だけだと
まず読んでから遊ぶことはない。

なので大人が確認して手本を
示す必要があるでしょう。

安全に花火をするにはどうするか。

これは結構重要なことだと思いますね。

花火の事故例

これは余談ですが。

おもちゃ花火で説明を読まずに
事故を起こした例もあります。

普通そんなことやるか?

というようなことをやるんですね。

特に花火をやってるときなんて
ハイになっていることが多い。

だから「まさか」というような
事故を起こすことがあるらしい。

いくつか事例があったので見てみます。

  • 兵庫県 男性 48才
    スモークボールを手に持って点火したところ発煙し、手を火傷。
  • 新潟県 中学3年 男子
    自宅前でロケット花火をしていたところ、かやぶき屋根の上に落ちて出火。
  • 香川県 男性 31才
    スパークラーをまとめて着火し、右手に火傷。
  • 東京都 男性 20才
    打上げ花火にライターで点火したところ、着火と同時に打ち上り目と周囲を火傷。
  • 兵庫県 女性 20才
    打上げ花火を導火線に点火後のぞき込んで左目を星が直撃。視力が低下。
  • 千葉県 中学3年 男子
    花火を分解し火薬と鉛玉をスプレー容器に入れていじっていたところ爆発。親指の付け根を骨折。

本来手で持ってはいけない
花火を手で持って点火するとか

燃えやすい家屋のそばで花火をするとか
1個ずつ着火すべきなのにまとめて着火とか。

ちょっと不注意と言うには
可哀想な事例もありますけど。

でも中には花火を分解して火薬を
取り出すとか危険な行為もある。

花火は火薬。

いくらおもちゃでも取り扱いは
慎重にやらなければ危険です。

よく分かって楽しみたいですね。

管理人のまとめ

今回は花火の紙はちぎるのか?
基本はちぎるものだが説明書の確認を
というお話でした。

手持ち花火をやるときに
穂先の紙はちぎるのか?

管理人が調べたところでは
ちぎってから点火するが正解。

元々穂先の紙は昔、火薬が
漏れやすかったときに

穂先を捻ってもれないように
したのが始まりだそうです。

しかし今は火薬が漏れることもなく
穂先の紙に点火しても途中で消えたり

加熱しすぎて破裂したりと
あまりいいことがない。

なのでちぎるのがいいと。

ただし、物によっては穂先の紙に
点火した方がいいものもある。

なので説明書をよく読んで
安全に遊んで下さいということ。

花火はおもちゃと言っても火薬。

危険なことをしないように
楽しんでほしいですね~

この記事が、花火の紙の
参考になればと思います。

花火、楽しんで下さいね!

(参考)
こんな記事も読まれています。

印刷の刷り順について。オフセット印刷が墨藍紅黄の理由は?
https://kamiconsal.jp/insatusurijun/

熱転写用紙はインクジェットでは使えない!その理由はナニ?
https://kamiconsal.jp/netutensyayousiinkjet/

新聞紙が灰色の理由?原料、価格、品質の面から説明します!
https://kamiconsal.jp/shinbunshihaiiroriyu/

タイトルとURLをコピーしました