スポンサーリンク

カニ缶の紙は硫酸紙!包む理由は変色防止や高級感の演出か?

カニ缶 紙

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回はカニ缶の紙は硫酸紙!
包む理由は変色防止や高級感の演出か?
というお話。

管理人、カニは好きなんですが。

高いんですよね~

そうそう食べるわけには行かない。

冬にスキー場近くの旅館で食べる。

大阪で食べるより安くてウマい、
交通費はかかりますけど。

それが数年に一度の贅沢とか、そんな感じ。

なので。

家で食べるのはかにかまぼこ。

カニカマですね。

かにかま・カニカマ 香り箱 高級カニカマ (業務用) 30本入り

カニっぽいけどカニじゃない。

そういうものだと自分を騙して食べる。

ウマいですけどカニじゃないので。

でですね。

せめてもうちょっとカニと思ったらカニ缶。

マルヤ水産 カニ缶詰 バラエティAセット NEW 高級ギフト箱入

高いですけどね~

こんなのくれる人、いないか・・・

まあ、もらえないから買うとして。

カニ缶って中身は紙に包まれてます。

ここで疑問。

あの紙はなんなのか?

種類と機能が気になるわけですよ。

ということで。

この記事では、カニ缶の紙は硫酸紙!
包む理由は変色防止や高級感の演出か?
について

管理人なりに調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

カニ缶の紙は硫酸紙!今は不要でも使う理由はある

すでにタイトルになってますけど。

カニ缶の紙は硫酸紙。

硫酸紙というのは紙を硫酸で
処理して目止めをしたもの。

セルロースを変性したり分解したり
膨潤させたりすることで隙間をなくす。

普通の紙はスカスカですけど
その隙間を埋めるということ。

そうすれば水分や油が外に染み出さない。

似た紙ではワックスペーパーや
クッキングシートがありますね。

管理人、以前調べたことがあります。

(過去記事)

ワックスペーパーは耐水!硫酸紙と同じ品種なのか?
https://kamiconsal.jp/waxpapertaisui/

硫酸紙自体はこんな感じ。

博愛社 硫酸紙 中 500枚

最近は見かけなくなりましたが
昔の文庫本のカバーが硫酸紙。

薄くて半透明なやつです。

薬包紙も昔は硫酸紙だったとか。

古い人ならイメージ出来るでしょうが
若い人にはちょっと難しいかも。

本にしてもお薬にしても湿気は大敵。

なので水や油を通しにくい硫酸紙。

そういうことみたいです。

カニ缶も入っている理由は近いです。

元々はカニの中身に含まれる硫黄分が
缶詰の鉄分と反応して黒くなるので

これをセパレートするために
硫酸紙を使ったんだそうです。

カニの中身と缶詰の缶の鉄の部分が
直接触れなければいいということで。

それで。

このやり方、始まりは1900年頃だとか。

日本は明治33年。

日清戦争が明治27年、
日露戦争が明治37年。

ちょうどその間というところです。

今だとクッキングシートなんかの方が
性能はいいように思うのですが

当時シリコーン塗工技術
なかったんですよね~

パラフィン紙が1897年だそうですから
カニ缶に紙を入れる3年前になります。

そうなると、セパレート性能の良い
実績のある紙は硫酸紙しかない。

それにしても。

黒くなるなら紙で包めばいいと
考えた人はすごいですね~

そんな単純な発送でカニの中身の
変色が防止できたのですから。

ちなみに、硫酸紙といっても
酸性と言うわけではありません。

紙に硫酸が残っていたらすぐ劣化しますので。

実際には濃硫酸をくぐらせて
徐々に硫酸の濃度を薄くして

最後は苛性ソーダで中和して
水洗いをしているそうです。

最終製品に硫酸は残らないんですね。

そもそも紙に硫酸が残ってたら
缶詰の缶が錆びてしまいます。

それじゃあ缶詰の意味が無いですからね~

なので。

硫黄成分が鉄より先に紙の酸と反応して
カニが黒くならないとうのはちょっと違う。

なんとなくそうかなって
思ってしまいそうですけどね~

スポンサーリンク

カニ缶の紙は高級感の演出

ここからは余談です。

ところで。

実は今は缶詰の缶の内側は鉄ではありません。

何かというと素材はPETだそうです。

ポリエチレンテレフタレート。

ペットボトルのペットですね。

PETフィルムが缶詰の内側に
ラミネートされているんだとか。

缶詰の元になるる鉄板にPET
フィルムが貼ってあるみたい。

鉄板をPETフィルムで挟んでいる感じ。

そういう加工をしているということは
やっぱり鉄が食品に直接当たるのが

何かと問題があって良くない
ということなんでしょうね。

まあ、カニ食べて鉄の味したら
文句の一つも言いたくなる。

その点PET樹脂なら金属の溶出は
ないので使いやすいんでしょう。

PETの延伸フィルムなら耐熱性も
200℃程度で缶詰の加熱にも耐える。

こうしてみると、今はカニ缶の中身は
缶詰の鉄と接触することはありません。

だから本来は紙もいらないはず。

それでも使っている理由は
高級感を演出するためらしい。

確かに缶詰の缶の中身がきれいな紙に
包まれていたら高そうな気がします。

高くても仕方ないか、という気分。

包装紙による演出ってことでしょうか。

高級品ほどそういうのが重要ですからね~

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回はカニ缶の紙は硫酸紙!
包む理由は変色防止や高級感の演出か?
というお話でした。

カニ缶の紙は硫酸紙。

本来はカニと缶詰の鉄部分が
接触しないように使っていました。

今は缶詰の内側はPETフィルムが
ラミネートされているので

カニと缶詰の鉄を接触させない
という理由なら紙は不要なはず。

しかしそれでも紙を使うのは
高級感を演出するためだとか。

過剰包装なのかも知れませんが
高級品ほどそういうのが重要。

カニ、という見た目は大事ですからね~

この記事が、カニ缶の紙の
参考になればと思います。

カニ缶、おいしく食べて下さいね!

(参考)
こんな記事も読まれています。

しおりをラミネートせずに作りたい。どんな紙を使えばいい?
https://kamiconsal.jp/shiorilaminate/

コピー用紙の厚さについて。0.09mmが多いのは何故か?
https://kamiconsal.jp/copyatusa/

印画紙と写真用紙の違い?プリントが銀塩かインクジェットか
https://kamiconsal.jp/ingasisyasinyousitigai/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする