スポンサーリンク

パラフィン紙を料理に使う!オーブンに入れても大丈夫なの?

パラフィン紙 料理

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、パラフィン紙を料理に使うが
オーブンに入れても大丈夫かというお話。

管理人は料理はしませんが。

食べる方は大好きです。

甘いお菓子なんていいですよね~

おっさんが何いってんだ、
と思われるでしょうが。

ケーキとかクッキーとか結構好きですから。

残念ながら作ってくれる人がいないので
買ってくるという感じなんですけどね。

それはともかく。

料理やお菓子作りでオーブンを
使うというのはよくあること。

そのとき紙を下敷きにしたりする。

その紙にパラフィン紙を使っていいのか?

元製紙会社社員としては
そこのところはとても気になる。

ということで。

この記事では、パラフィン紙を料理に使うが
オーブンに入れても大丈夫か、について

管理人の調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

パラフィン紙を料理に使うときオーブンに入れてはいけない!

結論から言うとパラフィン紙を料理に
使うときオーブンに入れてはいけません。

パラフィン紙というのは
ワックスペーパーと同じ。

どんな紙かと言うとグラシン紙に
ワックスを含浸させたもの。

グラシン紙というのは薄くて
半透明な紙になります。

これにワックス、ひらたく言えば
ロウソクを溶かして染み込ませる。

そうするとパラフィン紙になります。

パラフィン紙はつるつるしていて
水や油をはじく紙になります。

だからお菓子を包むにはちょうどいい。

しかし。

パラフィンワックス、ロウソクですけど
これを熱で溶かして紙に染み込ませる

ということは熱をかけるとロウソクは
溶けてしまうということでもあります。

これ、ロウソクの種類にもよりますが
80℃くらいで溶けるのが多いんです。

ではこれをオーブンに入れたらどうなるか?

オーブンの加熱温度が200℃だったら
パラフィン紙のロウソクは溶けてしまう。

下手をすると燃える。

パラフィン自体は口に入っても
無害だということになってます。

だから、パラフィン紙から溶け出した
パラフィンを食べても大したことはない。

しかし。

そんなお菓子を食べたいですか?

普通は嫌ですよね。

パラフィンが加熱で燃えるのは
余程のことなのですけど

料理やお菓子にパラフィンが
混入するのは良くないでしょう。

いずれにしてもパラフィン紙を
オーブンで使ってはいけません。

普通はパラフィン紙が入っている袋などに
加熱NGという注意書きもあるはず。

十分注意してほしいところです。

パラフィン紙はオーブンで使えないがクッキングシートはOK

ここまで、パラフィン紙がオーブンで
使えない理由をお話しました。

では、紙はオーブンで使えないのか?

そんなことはありません。

それ用の紙がありますから。

クッキングシートですよね。

料理やお菓子を作る人は
知ってるでしょうけど。

こんなやつです。

クックパー クッキングシート Lサイズ 30cm×15m

では同じ紙なのにパラフィン紙はダメで
クッキングシートはOKなのか?

そういう風に作られているといえば
それまでではあるんですが

ちょっと専門的なことを
お話させてください。

まず、パラフィン紙。

これはグラシン紙にパラフィンを
染み込ませた紙とお話しました。

パラフィンは加熱して溶かして
紙に染み込ませるから

熱をかけるとそれが溶けて
出てきてしまうからオーブンはダメ。

ではクッキングシートは?

これはグラシン紙にシリコーンを
塗工して製造される紙です。

原紙がグラシン紙というのは同じ。

しかし、つるつるにする薬品が違う。

クッキングシートの場合は
耐熱性のあるシリコーン樹脂。

このシリコーンをグラシン紙に
塗工して高温で乾燥させる。

一旦塗工すれば熱で溶けることはない。

専門的にはゲル化とか架橋とか
そいういう反応で硬化しています。

だからパラフィンと違って
熱で溶けることはありません。

管理人の記憶ではシリコーン樹脂を
白金触媒で架橋してたと思います。

管理人がいた頃はトルエンに
シリコーンを溶かして塗工してました。

今は多分無溶剤でやってるでしょうけど。

トルエンなんて体に悪いですからね。

加熱して乾燥させていた温度は
最高が180℃だったかなと思います。

そんな温度がかかるのは一瞬ですけど。

いずれにしても、クッキングペーパーは
高温でも大丈夫な紙なんですよね。

だから、天ぷらを揚げるときに
油の中に入れても大丈夫。

実際、かき揚げを作るときにそういう
使い方をしてもいいと説明されています。

ただこのパラフィン紙とクッキングシート
見た目はとても良くにています。

もともと原紙がグラシン紙だから
それは当然なんですけど。

だから、使用するときに
間違えないようにして下さい。

パラフィン紙の代わりにクッキング
シートを使うのは問題ありませんが

クッキングシートだと思ってパラフィン紙を
高温のオーブンに入れると良くないです。

ここは十分注意して下さいね。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回のお話は、パラフィン紙を料理に使うが
オーブンに入れても大丈夫か、でした。

結論から言うとこれはNG。

パラフィン紙のパラフィンは加熱されて
溶けてしまうのでオーブンでは使えない。

このパラフィンはロウソクと同じ成分です。

滅多と燃えることはないでしょう。

しかし、料理やお菓子に混入するわけで
無害とは言え口に入れたくはないですよね。

もしも、オーブンで紙を使うなら
クッキングシートを使って下さい。

クッキングシートは耐熱性がある設計。

なのでオーブンでも使えます。

ケーキを焼くときの下敷きには
ちょうどいいんじゃないでしょうか。

この記事が、パラフィン紙を料理に
使うときの参考になればと思います。

美味しい料理やお菓子、作って下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする