スポンサーリンク

新聞のチラシはコート紙が多い。光沢があってツルツルです!

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は新聞のチラシは
コート紙が多いというお話。

習い事なんかで生徒募集のために、
新聞チラシ入れたりしますよね?

今やってるピアノ教室で
新聞チラシ入れたいけど

チラシに使われる紙って
どんなのが多いのか?

実際のところ新聞の広告って
どんな紙が多く使われているのか?

個人の教室ならどんな紙がいいのか?

という疑問のある人も
いるんじゃないでしょうか。

ということで。

この記事では新聞のチラシは
コート紙が多いということについて

管理人なりに調べたことを
お伝えしたいと思います。

【新聞のチラシはコート紙が多いがその傾向はどうなっているのか?】

管理人は毎朝新聞の
チラシをチェックします。

安売り情報やクーポンは見ますが
紙の調査もやります。

現状、新聞のチラシは光沢があって
ツルツルのコート紙がほとんど。

特に企業が入れてるチラシは
コート紙が多いですね。

正式なグレード名としては
A3コート紙になるでしょうか。

コート紙の中では
一番安くて薄い紙です。

コート紙のグレードは、
A0、A1、A2、A3という順番。

A3が一番下になります。

チラシのメインは
スーパーと家電量販店なので

安くて印刷上がりがそれなりで
いかにも「安いよ」という感じが出る

A3コート紙を使うことが
多いんだと思います。

一方、個人がやっているピアノ教室などは
水色の色上質が多い気がします。

色上質は目立ちますからね。

スーパーなんかだとコート紙に
フルカラー印刷ですが

個人の教室の場合は黒一色の
コピー機による印刷だったりするので

紙の色で目立とうというのが
あるんだと思います。

白色の上質紙というか
コピー用紙もたまにありますが

これは自治会とか地域レベルの
催し物なんかが多いですかね。

読みたい人が読めばいいだけで
目立つ必要もないし安い方がいいし。

紙のサイズとしてはB2、B3、B4が多く、
特にB3、B4が多いですね。

B4サイズが新聞に折り込んだときに
ちょうどいい感じですから。

そういえば役所や会社の書類も
昔はB4がメインでした。

今は書類はほとんどA4になりましたが、
チラシはまだまだB4が主流なんですね。

しかし、個人のピアノ教室とか
習い事何かの場合はA4が多い。

自分でデザインやレイアウトを考えて
印刷している感じのものも多いですから

そういう場合は今ならA4の方が
やりやすいでしょう。

個人的にワードで文章作って
インクジェットやレーザープリンタで

印刷するとなるとA4が主流ですから
どうしてもそうなってくるんでしょうね。

【新聞チラシでコート紙以外が使われる場合】

新聞チラシはコート紙がメインですが
そうでないものもいくらかあります。

これは業種で違う感じなんですね。

たとえば不動産などは
厚手のマットコート紙が多いです。

商品が不動産ですから
安さを押し出すことはないわけで、

落ち着いた高級感を出そうと思ったら
ギラギラした紙よりもマットの方がいい。

高額な商品ほど紙厚も厚い感じです。

ハガキが付いたチラシもありますが
切り取ってハガキとして使えるように

紙厚の厚いものが使われていて、
コート紙でもA2コートのように厚いもの

ペンで書く必要がある場合は
マットコート紙などが使われていますね。

それから学習塾や予備校なんかも
いい紙を使ってますね。

やっぱり薄っぺらい教育では
生徒が来ないということなんでしょう。

逆にディスカウントショップだと
キザラとか微塗工紙が使われます。

キザラというのは黄色い更紙。

いかにもここは安いだろうという
雰囲気を出すには最適の紙です。

昔は色更紙は紙としても安かったです。

ただ、今となっては昔ほどコート紙や
上質紙と価格差があるとは思えません。

それでも使うということは
イメージ戦略の部分もあるんでしょうね。

微塗工紙も商品が安く見えます。

管理人が関係していたとき、
実は微塗工紙とA3コート紙では

製造コストの差はほぼありませんでしたが、
販売単価は微塗工紙が安かったです。

商品の価格体系がありますからね。

だから微塗工紙は儲からない紙でした。

今でもその傾向はあまり
変わっていないと思いますが

コート紙が安くなっているので
チラシにわざわざ微塗工紙を使うのは

安く売ってますよという
イメージ戦略じゃないかと思います。

【管理人のまとめ】

今回は新聞のチラシは
コート紙が多いというお話でした。

特に多いのは光沢があってツルツルで
紙厚が薄いA3コート紙です。

業界としてはスーパーや
家電量販店がメインで

紙代を安くすることと商品も安く
売っているイメージのためなのでしょう。

また高級感を出したい不動産などは
マットコート紙やA2コート紙のような

高級感のある紙を使っている
ということでした。

個人的にやっている教室などは
色上質を使うケースが多そうです。

色んなチラシがある中で
紙の色で目立つということなのでしょう。

この記事を読んで新聞のチラシの紙に
興味を持っていただければうれしいです。

新聞のチラシ、うまく利用して下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする