コート紙はインクジェットで印刷できない?にじむので無理!

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、コート紙はインクジェットで
印刷できないのか?というお話。

管理人が昔会社員をしていたとき、
ユーザー用資料を作ったことがあります。

当時はまだインクジェット印刷も
カラーレーザーもなかったので

顕微鏡写真なんかはカラーの
ポラロイド写真や熱転写でしたね。

高いものですから1、2枚
出力するだけでしたが。

今だったらインクジェットとか
カラーレーザーで印刷するんでしょうが。

今だったらユーザー説明はパワーポイントで
プロジェクターに写して説明するんでしょうが

当時はそんなものもなかったし、
紙の資料しか受け付けてもらえませんでした。

たぶん今でも似たようなもので
パワーポイントで説明したあとで

最終的には資料は紙でほしい
というお客さんがほとんどでしょう。

特に年齢の高い人は。

それで、ただの文章の場合は
コピー用紙に白黒印刷とか、

せいぜいカラーレーザープリンタの
印刷でいいわけですが

写真なら写真用インクジェット用紙を
使用して資料にしたい。

ところがこの写真用インクジェット用紙
値段が高いんですよね。

だから良く似たもっと安い紙で
なんとかならないかと思うわけです。

チラシに良く使われるコート紙に
インクジェットで印刷できないのかとか。

しかしこれは無理なんですよね。

元製紙会社社員の立場から言うと
それができれば苦労はしない。

レーザープリンタに使えるコート紙は
あるんですがインクジェットは無理。

ということで。

この記事では、コート紙にインクジェットで
印刷が出来ない理由について

管理人なりに調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

コート紙にインクジェット印刷が出来ない理由

身近なコート紙はチラシですかね。

たまに裏が白いものがありますから
ここにインクジェット印刷できれば

インクジェット用紙を使わなくて済むから
オトクじゃないのかとか思いまますよね。

写真用インクジェット用紙と一般のコート紙は
見た目はよく似ていますから。

しかし元製紙会社社員からすると
それでよければ苦労はしない。

コート紙はオフセット印刷に、
インクジェット用紙はインクジェット印刷に、

それぞれの印刷方式に対応するため
色々と研究されて出来た紙。

見た目は同じようでも中身は全く違います。

原紙となる上質紙はほとんど同じですが
上に塗工している塗料が全く違う。

では何がどう違うのか?

まず、オフセット印刷とインクジェット印刷の
違いについて簡単にお話します。

オフセット印刷は一般の商業印刷で
たとえばチラシの印刷なんかはそうですね。

一方インクジェット印刷は個人向けが多い。

印刷される機械も枚数も違いますが
紙の品質からするとインクの違いが大きい。

オフセット印刷に使うインクは
粘度が高く水飴のような感じのもの。

インクジェット印刷に使うインクは
ほとんど水のようなもの。

これらに対応しなければなりませんから
紙の表面に塗工する塗料もそれなりに

専用の設計にして対応する
ということになります。

オフセット用であれば粘度の高いインクでも
紙ムケしないように強度が必要であるとか

基本的に油性なので油性インクの
受理性が良くなる配合にするとか。

インクジェットインクの場合はほぼ水なので
水分を十分に吸収できる塗料にするとか。

製造方法でもコート紙の場合は
表面の平滑性、光沢を得るために

スーパーカレンダーという機械で
表面をこすって潰しますが

インクジェットの場合は
そういうことはしません。

コート紙のなかでも光沢の高い
キャストコート紙という紙と同じように

金属ドラムの表面に紙を押し付けて
鏡面を転写するような作り方をします。

インクジェットの場合表面を潰してしまうと
水が吸収できなくなりますからね。

そのため塗料として使う薬品も
コート紙とインクジェット用紙では違う。

メインとなる顔料はコート紙なら
クレーや炭酸カルシウムですが

インクジェット用紙なら
ホワイトカーボン、ゲルシリカ、

コロイダルシリカというような
シリカ系のものが使われます。

原紙となる上質系コート原紙は
似ていますが塗料は全く違います。

品質設計というかコンセプトが
全く違うんですね。

オフセット印刷は粘度の高い油性インク、
インクジェット印刷は粘度の低い水性インク。

まさに水と油のようなもの。

これを同時に同じ紙で実現するのは
無理ということです。

【管理人のまとめ】

今回は、コート紙はインクジェット印刷
出来ないのか、というお話でした。

結論としては出来ません。

理由はコート紙とインクジェット用紙では
対応する印刷方式が違うから。

特に大きな違いはインクの違いであり、
コート紙は粘度の高い油性インク、

インクジェット用紙は粘度の低い
水性インクに対応しないといけない。

これらに対応するために塗料の配合も
製造方法も違っているということです。

どちらにも上手く対応できる
塗料というのはないんですね。

だから資料に写真を使いたければ
写真用のインクジェット用紙が必要。

コート紙では代替できないということです。

この記事でコート紙ではインクジェット印刷が
出来ないと理解してもらえればと思います。

それぞれ印刷に適した紙を使って下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする