スポンサーリンク

プリンタインクが高い理由?そういうビジネスモデルだから!

プリンタインク 高い

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回はプリンタインクが高い理由?
そういうビジネスモデルだから!
というお話。

これはもう身も蓋もない話ですが。

プリンタのインクって高いんですよね~

たとえば。

インクジェットプリンタ。

エプソン プリンター インクジェット複合機 カラリオ EW-052A 2019年新モデル

このプリンタ、さっき見たら
アマゾンで8023円でした。

そしてインクジェットインク。

エプソン 純正 インクカートリッジ マグカップ MUG-4CL 4色パック

このインクはエプソン純正。

さっきアマゾンで見たら3736円でした。

なんと、インクを3セット購入すれば
本体よりも値段が高いということ。

それからカラーレーザープリンタ。

キヤノンのモノクロだとこんな感じ。

Canon レーザープリンター A4モノクロ複合機 Satera MF232w(23PPM/有線・無線LAN) テレワーク向け

アマゾンで見ると13,064円。

そして純正のトナーはこれ。

キヤノン トナーカートリッジ337 9435B003

これもアマゾンで価格を見ると
5980円になってました。

こちらもカートリッジ3本で本体オーバー。

どうにも割高だよな、と思います。

まあそれぞれ互換インクやトナーは
あるんですがそれでも高い気がします。

それにしても。

なぜこんなにインクやトナーは高いのか?

ということで。

この記事では、プリンタ
インクが高い理由について

管理人が調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

プリンタインクが高いのは消耗品で稼ぐため

管理人が調べたところによると。

プリンタインクが高いのは
消耗品で稼ぐためだそうです。

身も蓋もない話ですが
そういうビジネスモデルだから。

結局、インクも、紙もそうですが
プリンタの1部品と見てるんですね。

消耗する部品の交換、という感じ。

本体とインクは別物ではないと。

どうもそういうイメージのようです。

考えてみれば。

インクジェットプリンタにおける
インクはプリンタの最重要部品。

どれだけ精密な射出が出来るかが
プリンタ性能を決めますからね~

そこにお金がかかるのは仕方ないかなと。

使い捨てるインクが高いのは理不尽だと
思いますけどそれなりに理由はある。

メーカーも利益を取らないと
次の開発も出来ませんからね。

トナーについても同じことが言えます。

プリンタを安くしてトナーで儲ける。

まあトナーの方がインクジェットインクより
印刷枚数が多いのでマシかも知れませんが。

こんな感じでインクは割高ですが逆に言うと
プリンタがとても安いということになります。

ここまでコストダウンしたのは
すごいことだと思うんですよね。

管理人の記憶では本体が1万円を
切るプリンタなんてなかったなと。

モノクロならあったかも知れませんが。

本音を言うとインクが高いというよりも
プリンタが安い方を強調したいですね。

プリンタインクのビジネスモデルは月額課金と似ている?

ここからは余談です。

今回調べたプリンタインクのビジネス。

本体のプリンタを出来るだけ安くして
消耗品のインクで儲けるというスタイル。

これって無料お試しで入会させて
月額課金するモデルに似てませんか?

たとえばこういうやつ。

アニメ観るなら<U-NEXT>

最初は無料にしておいて
あとから課金するパターン。

最初はプリンタを安く売っておいて
あとからインクを売って稼ぐ。

モデルとしては類似かなと。

スマホゲームの課金も似てますよね。

無料ダウンロードしてもらって
あとからガチャなんかで課金する。

そういえば健康食品も同じです。

【PEPTIDE CURVY(ペプチドカーヴィー)】

これだと初回限定割引で売っておいて
次からは正規の値段で売るわけです。

何ヶ月かは解約されないようにして
最初の損を取り戻す感じでしょうか。

そうそう、これも同じですよね。

ジレット フュージョン プログライド 本体+替刃13個付

これこそ本体を安く売って
替刃で儲けるパターン。

プリンタとインクの関係と同じです。

こうして考えるとプリンタのインクが
高いと言ってますけど同じような

ビジネスモデルはいくらでもあるわけで
なにも特殊なことをしているわけではない。

管理人的にはやっぱり本体のコストダウン
頑張ったんだろうなと思ってしまいます。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回はプリンタインクが
高い理由というお話でした。

結論としてはそういう
ビジネスモデルだから。

インク自体もそれなりの
コストが掛かりますけど

それよりも本体を安く売って
消耗品で利益を出すということ。

実際のところこういうビジネスモデル、
至るところで見ることが出来る。

たとえば初月無料で入会させて
月額課金とか初回限定割引とか。

髭剃りだと本体を安くして
替刃で儲けるとかですね。

企業の安定性を考えれば良い
ビジネスモデルだと思います。

管理人としては。

インクが割高だと感じるほど本体を
安くしたのがすごいと思うんですが。

これについてはユーザーが
わがままだと思いますね~

この記事が、プリンタインクが高い
理由の参考になればと思います。

でも無駄な印刷は減らしましょうね!

(参考)
こんな記事も読まれています。

インクジェットはがきに鉛筆で書く!消しゴムで消せないのか
https://kamiconsal.jp/inkjethagakipencil/

インクジェットはがきは手書き出来る?使いにくいので交換!
https://kamiconsal.jp/inkjethagakitegaki/

レーザープリンターでインクジェット紙を使ってはいけない!
https://kamiconsal.jp/lazerprinterinkjet/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする