スポンサーリンク

ジャーナリングとは?紙に書き続けることでまるで瞑想状態に

ジャーナリング

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、ジャーナリングとは?
紙に書き続けることでまるで瞑想状態に
というお話。

管理人、会社に勤務していたときは
相当にストレスが溜まっていました。

そのため体調不良になったりして
あまりいい思い出はありません。

当時はパワハラと言う言葉もなく
声の大きい人が偉い感じでしたし。

ストレスを感じているなら休息とか
発散とかすべきですけどそれも下手。

残念な状態だったなと思います。

それはそうとして。

そういうストレスフルな状態から
抜け出すための方法があるんだとか。

しかも紙と鉛筆だけで出来るという。

これは紙を扱っていた人間としても気になる。

ということで。

この記事では、ジャーナリングとは?
紙に書き続けることでまるで瞑想状態に
について

管理人が調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ジャーナリングとは?書く瞑想とも呼ばれるらしい

それで。

ジャーナリングなんですが。

ネットにも色々出ているし書籍もあります。

こんなやつ。

書く瞑想――1日15分、紙に書き出すと頭と心が整理される Kindle版

こんなのとか。

「手で書くこと」が知性を引き出す 心を整え、思考を解き放つ新習慣「ジャーナリング」入門

手で書く、ということなんですけど
Kindle版だったりするのがシュール。

まあそれはどうでもいいんですけど。

とにかく書く、というのが基本ですが
そのやり方自体は色々あるようです。

ネットにも出てくるのでやってみて
念のために書籍も確認してみる。

そんな感じでしょうか。

ただこういうのっていくらやり方を
知っていても実践しないと意味がない。

テーマを決めて思いつくままひたすら書く。

それは分かっていても本当に続くのか?

ストレスが溜まったときに実践できるのか?

役に立つかどうかはそのあたりで
決まってくるように思いますね~

スポンサーリンク

ジャーナリングは紙に書くだけでなくアプリもある!

管理人、ジャーナリングは紙に手書き
だからとてもいいと思ったんですが。

なんとジャーナリングのアプリもある!

muute(ミュート)
https://muute.jp/

紙に書かなくなったのでアプリなのか?

WEB版もあるのでパソコンからでも書ける。

でも。

管理人的には正直言って
どうかとは思います。

やっぱり紙に手で書くのが
心理的にもいいと思うので。

現実的には紙に書く習慣は
どんどん減っているので

こういうアプリに思うところを色々書いて
ストレス発散になるのもいいのでしょう。

最近の若者は電子機器に慣れているので
紙に書くようにスマホ入力するのかも?

ちなみに。

入力方法以外の紙とアプリの違いは
フィードバックや分析になるようです。

アプリの場合は入力したデータを元に
自分の考えのクセなんかを教えてくれる。

長く続ければ何年前のあなた的な
振り返りも出来るわけですし。

紙の場合はノートを使えば履歴は残るが
メモ用紙だと書いたら捨ててしまう。

ましてやコピー用紙の裏なんかだと
絶対に振り返ることはできません。

自分を分析して気づきがあるとか
成長を確認できるのはアプリ。

とにかく書いてストレスを発散するのは紙。

そういう意味での使い分けは
あってもいいかも知れませんね。

紙に手書きする重要性。時間がかかるのがいい?

ここからは余談です。

先程ジャーナリングアプリの紹介もしましたが
管理人はやっぱり手書きがいいと思います。

文字を書く効率だけで言うと
キーボード入力が速いんです。

管理人の場合は。

スマホ入力は下手で時間がかかりますが
手書きはそれ以上に時間がかかります。

でもストレス発散は効率じゃない。

素早く入力できたらそれだけ
ストレスが減るわけでもない。

ヒーリングミュージックを早送りして
2倍癒されるとか、それはないわけで。

この思考の速度より出力速度が
遅いというのが結構重要かなと。

頭で考えていることを文字にしてみると
なんか違うと思うこともよくあること。

そういうことを思いながら文字を書く。

だから徐々に集中して瞑想状態になるのかも。

写経なんかも似てると思いますが
たまにはゆっくりやるのも重要。

特にストレスフルな状況ではあえて
時間をかけるのも大切な気がします。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回はジャーナリングとは?
紙に書き続けることでまるで瞑想状態に
というお話でした。

ジャーナリングは書く瞑想だそうで。

テーマを決めて思いつくまま
どんどんと紙に書いていく。

そうすることで気持ちが整理されて
ストレス発散にもなるんだとか。

日頃からそういうことをやっていれば
イザというときでも動揺しにくいかも。

ストレスを感じている人には
試す価値のある方法でしょう。

またこの方法は紙に書くだけではなく
ジャーナリングのアプリもあります。

管理人的にはアプリはどうかと思いますが
人によってはこれはこれで使えるんでしょう。

誰かに話を聞いてもらいたい
というイメージかも知れません。

そうそうアプリのメリットは
データが残るので分析出来ること。

自分のクセとか成長したかとか
そういうフィードバックがある。

これは紙とは違う面白さですよね~

いずれにしても。

自分の気持ちを可視化するのは
気持ちを整理するのに有効です。

やり方は何でもいいので少しでも
そういう時間を持つのがいいですね~

この記事が、ジャーナリングの
参考になればと思います。

ジャーナリング、試してみて下さいね!

(参考)
こんな記事も読まれています。

防錆紙の販売。刃物のサビを防ぐシートの購入方法と特徴
https://kamiconsal.jp/bouseishihanbai/

チラシの紙のツルツルしたもの。どこで入手できるのか?
https://kamiconsal.jp/chirasikami/

チラシの再生について。回収されたらまた新聞紙になるのか?
https://kamiconsal.jp/tirasisaisei/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする