スポンサーリンク

紙が重い理由はなに?それは木材と粘土から出来ているから!

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、紙が重い理由は木材と
粘土から出来ているからというお話。

一般的には紙は軽いものなんですが。

実際にはかなり重いんですよね~

それは分厚い本を考えれば分かります。

辞書なんてとても重い。

管理人は元製紙会社社員ですから
紙の原反がどんだけかは知ってます。

舐めてたらひどい目に会います。

大型マシンのジャンボ原反が
クレーンから落ちたら床に穴。

人間なんて潰れます。

転がってきた巻取りからは
逃げないと危険なんですよね。

まあ、どんなに軽いものでも
量が増えれば重くなるもの。

紙なんてその典型的なもの。

1枚の紙なら風で飛びますが
巻き取り原反は設備を壊す。

本当に、実際に巻取りに挟まれて
亡くなる事故はありますからね。

それはそうとして。

実際の紙はイメージとは違って重い。

ではその理由は何なのでしょうか?

ということで。

この記事では、紙が重い理由はについて
管理人の調べたことをお伝えします。

スポンサーリンク

紙が重いのは原料が木材と粘土だから

管理人が思うには。

紙が重いのは原材料が木材と粘土だから。

これらは比重が重いんですよね。

ハンドブック的には密度ですかね。

まず、紙の原料が木材というのは
だれでも知っていると思います。

木材の中でもセルロースがメイン。

そしてセルロースの密度は

1.5g/cm3

となっています。

水の密度が1g/cm3ですからかなり重い。

それから、紙には粘土が含まれます。

燃やして灰として残る成分
なので灰分と呼ばれます。

石ころを砕いたものだったり
合成したり色々あります。

よく使われるのはクレー、タルク
炭酸カルシウムといったところ。

それぞれの密度は以下の通り。

クレー(カオリナイトクレー):2.6g/cm3
タルク:2.7g/cm3
炭カル:2.7g/cm3

という感じ。

結晶構造などで変化はしますが
いずれにしても水よりかなり重い。

なので紙は重いわけです。

ちなみに。

普通の上質紙等の場合、
パルプ95%、灰分5%という感じ。

灰分率は品種によって違います。

印刷用紙なら5-10%程度でしょうか。

包装用紙や段ボールは
灰分率は低くなっています。

灰分率が高いのはコート紙ですね。

コート紙の場合は普通の紙の上に
更に塗料を塗工するんですよね。

この塗料の主成分がクレーとか
炭酸カルシウムになります。

例えば、チラシの紙で米坪が64g/㎡、
内添灰分7%、両面塗工量15g/㎡の場合。

パルプ分は

(64g/㎡-15g/㎡)x(1-0.07)
=49g/㎡x0.97
=45.6g/㎡

灰分は

64g/㎡-45.6g/㎡=18.4g/㎡

灰分率は

18.4g/㎡÷64g/㎡=28.8%

となります。

品種や米坪によって変わりますが
約30%は灰分になるんですね。

高級なコート紙ほど塗工量も
増えるので灰分率は高くなる。

紙一枚なんて軽いんですが
密度は結構重いんです。

なので。

実は紙は重い、ということなんです。

紙は重いので腰を痛める印刷屋さんも多い

ここからは余談です。

ここまで紙が重いという
お話をしてきました。

製紙会社では紙が重いので
ホイストやクレーンを使ってました。

小さな巻取りや平判になれば
人力で動かしますけどね。

これが結構な重労働になります。

製紙会社と同じように紙を扱うのが印刷会社。

印刷前の巻取りや平判はクレーンや
ホイスト、フォークリフトで動かしますが

印刷したあとの紙は手作業で
チェックしたり移動することもある。

これが重いんですよね~

大手の印刷会社なら設備もあるでしょうが
街の印刷屋だとかなりの部分手作業。

印刷前の平判を包装から解いて
印刷機の給紙部にキレイに積んで

印刷後の印刷物をまた別のところに
積み替えてという作業があります。

こういう作業が一日中あるんですよね。

これは一応軽作業になるんですけど
正しい姿勢でやらないと腰は危ない。

管理人は基本的に技術部でしたけど
たまにこういう作業をやってましたが

たまにやるというのは普段から
やってる人以上に危ない。

紙が軽いなんて世間のイメージだけで
現実の職場ではとても重いものでした。

紙が相手なんて楽な仕事みたいですが
実は結構な肉体労働なんですよね~。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、紙が重い理由は木材と粘土から
出来ているからというお話でした。

紙は軽いというイメージですが
実際にのところ度は結構高い。

セルロースが主体で粘土が含まれる
ということになりますからね。

セルロースの密度が1.5g/cm3
だそうですがそれよりも

粘土というか灰分になる
クレー、炭カル、タルクは

密度が2.6-2.7g/cm3ということで
水に比べると2.6倍重いわけです。

実際の紙はこれに空気を含むし
水分も含みますから紙としては

もっと密度は低いことになりますが
それでも軽いとは言えないんです。

段ボールや上質紙のような平滑度が
低めで灰分も少ない紙は軽めですが

コート紙のように灰分が多くて
粘土主体の塗料が塗工されていて

しかも光沢度を上げるために
平滑度が高く圧縮されている

紙は密度も高くなって
余計に重さを感じます。

そんなことで紙は思った以上に
重たくて紙を扱う印刷屋さんに

腰痛の人が多いという
お話もさせていただきました。

紙一枚なら軽いものですが
束になると重たくなる。

注意したいものです。

この記事が、紙が重い理由の
参考になればと思います。

紙の重さ、本当に注意して下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする