典具帖紙の読み方はてんぐじょうし。美術品の修復に欠かせない

記事内に広告が含まれています。

この記事は約 7 分で読めます。

典具帖紙 読み方

 

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、典具帖紙の読み方はてんぐじょうし。
美術品の修復に欠かせないというお話。

管理人、図工の成績は「2」なんですが
美術品の修復作業には興味があります。

純粋にすごい技術ですからね。

古いものを残すというだけでも
尊いものだとおもうんですよね~

で。

そういう古文書とか絵画とかの
修復に使われるのが和紙。

その耐久性は抜群ですから。

その和紙の中でも有名なのが
典具帳紙なんだそうです。

読み方は、「てんぐじょうし」

管理人的には「帖」の文字が
馴染みがなくて読みにくかったか。

まあ読み方としてはそんなに
難しいところはないですかね。

それはそうとして。

この典具帖紙がどんなものか
気になったんですよね~

なので少し調べてみようかなと。

ということで。

この記事では典具帖紙の読み方は
てんぐじょうし。美術品の修復に欠かせない
について

管理人が調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

典具帖紙はどんな紙なのか

まずは典具帖紙ですけど。

とりあえずアマゾンに売ってました。

これですね。

 

世界一薄い和紙 土佐典具帳紙 A4 10枚入

土佐、ということですから
高知県の特産品ですかね。

元々は美濃和紙だったそうですがそれが
土佐に伝わって製造されたんだとか。

高知県ではニッポン高度紙工業株式会社
のような薄い紙を得意とする会社もある。

薄くて丈夫な紙の流れなんでしょう。

それで。

世界一薄い和紙ということですが。

管理人が調べたところでは
米坪9g/㎡、厚さ20μmらしい。

もちろんこれは一例でもっと
薄いものもあるようです。

米坪2g/㎡とか。

ここで厚さなんですけど。

20μm=0.02mmになりますが
これは相当に薄いです。

たとえばトイレットペーパー。

これが50μm=0.05mm程度。

ティッシュペーパー1枚だと
0.04mmという感じですか。

あの薄いティッシュペーパーの
その半分の薄さということです。

管理人のように普通の紙を
製造していた人間からすると

とんでもなく薄いというのは
本当によく分かるんですよね。

ここまで薄いから修復する美術品の
上から貼り付けても分からない。

すごい紙だと思います。

土佐典具帖紙の製造工程

土佐典具帖紙の製造工程ですが。

こちらに詳細がありました。

ひだか和紙HP
https://www.hidakawashi.com/jp/tengu/process.html

文化遺産オンラインに解説が
あったので引用しておきます。

==ここから==

土佐典具帖紙は、極めて薄く、かつ強靱な楮(こうぞ)和紙の製作技術である。明治初期に高知県に技術が導入されて発達した。
仁淀川流域で生産される地元産の良質な楮を原材料とし、消石灰で煮熟(しゃじゅく)(地元では灰煮(はいに)という)した後、小振(こぶり)洗浄、ちり取り等の入念な原料処理を行い、不純物を除去して用いる。極薄の紙であるためわずかな塵の混入も許されず、丁寧な原料処理が行われる。トロロアオイのネリを十分にきかせた流漉(ながしずき)で、抄紙(しょうし)の工程では、渋引きの絹紗を張った竹簀(たけす)及び檜(ひのき)製漆塗の桁を使用し、簀桁(すげた)を激しく揺り動かして素早く漉き、楮の繊維を薄く均一に絡み合わせる。漉き上がった紙は「カゲロウの羽」と称されるほど薄く、繊維が均一に絡み合って美しく、かつ強靱である。

==ここまで==

ひだか和紙のHPを見て思ったのは
原料の選別の丁寧さでしょうか。

薄い紙は抄紙自体も難しいですが
それ以前の異物除去が重要です。

普通の紙なら気にしないところでも
これほど薄いと欠陥1つが命取り。

それを手作業で手間ひまかけて
取り除く工程がすごいなと。

近代的な大量生産の工場では
ありえない工程ですので。

小手先の効率を求めない
地道な作業がいいですよね~

この典具帖紙を使った修復作業の
動画がありました。

 

この動画を見ればどれほど紙が
薄いかがよくわかりますね~

管理人のまとめ

今回は典具帖紙の読み方はてんぐじょうし。
美術品の修復に欠かせないというお話でした。

典具帖紙の読み方は
「てんぐじょうし」

土佐が有名なんですね。

とても薄くて丈夫な紙で美術品の
修復などに使われるんだとか。

管理人は美術品のことはさっぱりですが
この修復ってすごいなと思っています。

そして典具帖紙のこの薄さ。

もと製紙会社社員としては
驚くべき薄さなんですよね。

トイレットペーパーや
ティッシュペーパーの

厚さの半分と言われたら
やっぱりすごい技術だと。

こういう技術は長く残って
古いものの補修に使ってほしい。

本当にそう思いますね~

この記事が、典具帖紙の読み方の
参考になればと思います。

典具帖紙、すごい紙ですね!

(参考)
こんな記事も読まれています。

印刷の刷り順について。オフセット印刷が墨藍紅黄の理由は?
https://kamiconsal.jp/insatusurijun/

熱転写用紙はインクジェットでは使えない!その理由はナニ?
https://kamiconsal.jp/netutensyayousiinkjet/

新聞紙が灰色の理由?原料、価格、品質の面から説明します!
https://kamiconsal.jp/shinbunshihaiiroriyu/

タイトルとURLをコピーしました