スポンサーリンク

手帳やノートがなくならない理由。合理性だけではないから?

手帳やノートがなくならない理由

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は手帳やノートがなくならない理由は
合理性だけではないから?というお話。

管理人は今は手帳を使っていません。

はっきり言ってスケジュール管理は
グーグルだけで十分なので。

スマホがあれば事足りるので。

というか、ほとんどスケジュールが
真っ白なので不要というのが正しい。

そんな管理人でも以前は手帳を使ってました。

憧れてたのはこんなやつ。

【cosa】システム手帳 A5 サイズ 手帳 ノート スタンダード タイプ 6穴 リング バインダー 内径20mm 横罫 メモリフィル 付き ブルー 合皮 PU レザー (ペンは付属品ではございません) (ロイヤル ブルー)

出来る社会人は手帳の使い方も
うまいのだと思ってましたから。

正直言うと使いこなることは
出来ませんでしたけどね~

それはそうとして。

今はスマホの時代。

はっきり言ってなんでもスマホで
管理できるようになってます。

以前は電子手帳も流行りましたが
今はもうスマホなんでしょうね。

今だと電子ノートですか。

シャープ 電子ノート ブラック系 WG-S50

なにも不便な紙の手帳を
使う必要はありません。

ありませんが、やっぱり手帳は使われる。

本屋に行けば手帳コーナーがあるし。

元製紙会社社員としてはありがたいですが
それでも紙の手帳を使う理由は何なのか?

ということで。

この記事では、手帳やノートが
なくならない理由について

管理人が調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

手帳やノートがなくならない理由

紙の手帳やノートがなくならない
理由は合理的な理由ではなさそう。

管理人の友人でいまでも手帳の人に
聞くと「慣れているから」でした。

たぶんこれなんですよね。

スマホの方が便利じゃないかというのは
分かっていてもこれまで通りのほうがいい。

ほとんどの理由がこの「惰性」だと思います。

今まで手帳でスケジュール管理して
特に問題ないから手帳を使う。

なにもわざわざスマホ管理を
しなくてもいいじゃないか。

ということなんでしょう。

人によってはスマホも使うし手帳も
使うという場合もありました。

スケジュール管理はスマホ、
思いついたことのメモは手帳。

そんな感じでしたね~

こういう使い分けは人それぞれ。

それでうまくいくならそのほうがいい。

たしかに、スマホは便利ですが
メモを取るときにはちょっと不便。

反応が遅いときがありますから。

スケジュール管理に関しては
パソコンと同期も出来るし

一元化ということなら
スマホがいいでしょうけど。

手帳やノートがなくならない理由は他にもある

手帳やノートがなくならない
理由は他にもありました。

ネットでも拾ったんですが。

たとえばこんな感じ。

電話をしながらメモが取れない

電話をしながらメモをとるなら
スマホでは出来ないから手帳。

これはなんだか合理的ですね。

外出時にスケジュール確認するなら
電話しながらだと出来ないわけだし。

日程を確認して折り返すというのも
ありますけど相手があることだし。

まあ、スマホ2台持てばいいじゃないか
というのはありますけどそれはコスト高。

頻繁に打ち合わせをしないといけない人は
むしろ手帳のほうがいいのかも知れませんね。

管理人はほとんどパソコンの前なので
この理由では手帳不要ではありますが。

手書きしないと忘れてしまう

これは合理的ではないんですが
気持は良くわかります。

どういうわけかスマホで入力するより
手書きしたほうが覚えてるんですよね。

ただし。

スケジュールを忘れていいから
メモしてる気がするんですよ。

人間の記憶なんて曖昧ですから。

それに本当に重要なことはメモを
しなくても覚えてるじゃないですか。

なのでこの理由はどうかなと思いますね。

気持ちは分かりますけど。

紙の感触があったほうがいい

これもかなり合理的ではないですね。

紙の感触があったほうがいいというのは。

スケジュール管理するだけなら
そんなものはいらないでしょうし。

ただ、メモをとってそこからアイデアを
出すというような場合には意味があるかも。

指先で何かを触っているときに
フト何かをひらめくとかですね。

管理人はそんな経験はありませんが
人によっては脳の刺激になるのかも。

それなら液晶画面でもいいじゃないか
とも思いますが違うんでしょうね~

スマホは電池が切れたら使えない

これは切実かもしれません。

スマホは機械ですから故障がある。

電池が切れたら使えないし
そのとき充電出来ないと最悪。

落としたら壊れるかも知れないし。

出張するなら予備バッテリーとか
充電器は持っているでしょうけど

アクシデントが重なったら
使えなくなるかも知れない。

それは困るんですよね~

紙の手帳ならそういうことはない。

電池の心配なんてしなくていい。

そこは安心感が違いますかね。

そういう意味では災害で停電だと
スマホはかなり怖いですよね。

滅多とないことですけど。

危機管理、という意味ではスマホも
手帳も共存がいいのかも知れません。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、手帳やノートがなくならない理由は
合理性だけではないからというお話でした。

管理人は今となってはスマホが
便利で手帳は使っていません。

しかし、それでも手帳を使う人には
色々と理由があるようです。

管理人的には合理的ではない
理由も多々あるのですが

こういうのは好みの問題でもあるので
なかなかなくならないんでしょうね。

まあ、最終的には「慣れているから」
というのが大きいんでしょう。

それ以外だと保険として持っている感じ。

管理人としてはスマホと手帳
共存で上手く使ってほしいかなと。

便利なものに頼りすぎるのは
良くないと思いますので。

この記事が、手帳やノートがなくならない
理由の参考になればと思います。

手帳、上手く使って下さいね!

(参考)
こんな記事も読まれています。

新聞の材質について。なぜあの紙を他の用途に使わないのか?
https://kamiconsal.jp/shinbunzaisitu/

マスキングテープの台紙が必要!手近なものなら何が使える?
https://kamiconsal.jp/maskingtapedaisi/

紙管の販売はされているのか?ポスターなどを丸めて送りたい
https://kamiconsal.jp/sikanhanbai/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする