スポンサーリンク

マスキングテープ貼付後ラミネートしたい。これは縮むのか?

マスキングテープ貼付後ラミネート

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回のお話は、マスキングテープ貼付後
ラミネートしたいが、これは縮むのか。

メッセージカードにマスキングテープで
飾り付けした後ラミネートするが大丈夫か?

ということなんですね。

管理人はそもそもメッセージカードとか
もらったことも送ったこともありませんが。

人によってはずいぶん凝ったことを
されるんだなと思ったわけです。

手帳にマステを使ってデコレートする
というのは聞いたことありましたが

メッセージカードでも同じような
ことをやるってことなんですね~

しかもメッセージカードだから
パウチでラミネートすると。

ただ言葉を伝えるだけなら
今どきはメールとかLINEでしょうが

あえて記念に残るように手作りの
メッセージカードということですね。

そういえば管理人も寄せ書きは
もらったことがありました。

あれとはちょっと違うでしょうけど。

それはそうとして。

マステはパウチの熱で
縮まないのかが問題ですね。

ということで。

この記事では、マスキングテープ貼付後
ラミネートしたいが、これは縮むのか、

管理人の調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

マスキングテープ貼付け後ラミネートするなら紙系を使う

結論から言うと、メッセージカードに
マスキングテープを貼ってから

ラミネートするなら紙系のマステを
使えばパウチの熱でも縮みません。

実際には、デコレート用のマステは
和紙テープが多いので問題ないでしょう。

念の為、メッセージカードにマステを貼って
その後ラミをするという用途で使うなら

テープの基材が和紙かどうかを
確かめてから使うのが良いでしょう。

ただし、デコる以外のマステは
紙系とは限りません。

ポリプロピレン(PP)とか
ポリエチレン(PE)とか

そういう樹脂系のものも
多数ありますから要注意。

樹脂系のマステは熱で収縮するので
パウチで熱をかけるのは良くないです。

PP樹脂だと80℃くらいで縮むので
パウチの熱には耐えられないでしょう。

パウチの温度は120℃程度だそうですから。

マスキングテープの材質について。紙は伸びないがポリプロピレンは伸びる理由

ここからは余談です。

先程、マスキングテープの場合材質が
紙なら熱で縮まないがPPフィルムは縮む。

というお話をさせていただきました。

紙の場合は、湿度による伸縮は
あるんですが熱には強いんですね。

PPなんかだと80℃以上も
熱をかければ柔らかくなりますが、

紙の場合はちょっと加熱したくらいで
軟化することはありません。

PP樹脂の場合はポリマーを溶かして
それを冷やしてシートにしていますが

紙の場合はパルプを水に分散して
水分を飛ばしてシートにするわけで

製造工程がかなり違う
ということになるんですね。

紙の場合、イメージとしては熱をかけて
縮みきったところで最終仕上げの感じ。

だから加湿して伸びることはあっても
加熱して縮むことはないということです。

一方のPPフィルムなんですが、
通常テープに使われるのはOPP。

OPPというのは二軸延伸ポリプロピレンで
成膜時に縦横方向に引っ張っています。

大まかには縦に9倍、横に5倍程度
引っ張って伸ばしている感じですね。

そうすることでフィルムとしての強度が
非常に高くなるという特徴があります。

ただし、これだけ引っ張ればストレスも
相当かかるわけで熱がかかって

そのストレスが緩和されると
縮んでしまうということです。

パウチのようなものであれば両方から
はさむので大丈夫かも知れません。

しかし、やっぱりリスクはあるでしょうね。

ラミネートが手貼りならマスキングテープは何でも良い

もう少し余談を。

ここまでフィルムタイプのマスキングテープが
熱で縮む理由についてお話してきました。

ここではメッセージカードをパウチで
熱ラミネートする想定でしたが

ラミネートの方法としては
フィルムを貼るというのもあります。

これも結構よくやる方法ですよね。

それで、この方法なら熱はかかりません。

そうなると、マステの材質が熱に
弱くても特に問題はないわけです。

あまりこういうケースはないと思いますが
使いたいマステがOPPフィルムで

どうしてもラミネートしたければ
フィルムを手貼りするのもありかなと。

フィルムがかぶるような気もしますが。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回のお話は、マスキングテープ貼付後
ラミネートしたいが、これは縮むのかでした。

結論としては和紙タイプのマステを
使えば問題ないということでした。

基本的に文具用のマステは
和紙なので大丈夫でしょう。

一方フィルムタイプのマステは
熱で収縮する可能性があること。

延伸フィルムの場合はリスクが高い
という理由についてもお話しました。

ただ、OPPタイプのマステでも熱のかかる
パウチではなくてフィルムを手貼りすれば

熱による収縮を気にする
必要はないということでした。

このあたりは好みの問題なので
趣味にあった方法を選べばいいでしょう。

管理人はメッセージカードのやりとりなど
やったことがありませんがクリスマスに

こういうカードのやり取りなんかを
すれば楽しいのかも知れませんね。

この記事が、マスキングテープ貼付後に
ラミネートする参考になればと思います。

かわいいメッセージカードを作って下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする