ポスターが剥がれない貼り方。穴を開けないならどうするか?

ポスターが剥がれない貼り方

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。

今回は、ポスターが剥がれない
貼り方についてのお話。

管理人はポスターとか貼ってませんが。

部屋の中はポスターだらけって人もいますね。

あれはあれで精神的にいいそうです。

自分の好きなものに囲まれて
しあわせを感じることが出来るから。

それで癒やされたり、やる気が出るなら
とてもいいことだというわけですね~

あんまりやりすぎて他人に見せられない
部屋になってしまったらまずそうですが。

それはそうとして。

このポスター、貼ったけど剥がれる
というのが困りますよね?

もちろん、画びょうでとめれば
いいわけですけどそれもどうかなと。

持ち家ならともかく、借家とか会社の社宅とか
学校寮とかだったらキズはつけたくない。

ならばどうするか?

ということで。

この記事では、ポスターが
剥がれない貼り方について

管理人の調べたことを
お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ポスターが剥がれない貼り方。穴を開けない方法は?

ポスターが剥がれない貼り方で
穴を開けない方法はいくつかあります。

管理人の知る限りを以下紹介します。

両面テープ

一番単純なのは両面テープでしょう。

これで剥がれなければ見栄えもいい。

ちょっと剥離紙のゴミは出ますが自分の
部屋に貼る程度なら問題ないでしょう。

ただ、壁うまくくっついてくれるか?

そこさえうまく行けば一番簡単。

もちろん、貼って剥がせるタイプを
使わないといけませんけどね。

ワッポン

ワッポンというのはこんなやつ。

レギュラーワッポン10枚入

貼る画びょうとも言われるようで
色んな種類があるし類似品もあります。

ただこれ、使っていい場所とか
相性もあるので考えて使う必要がある。

ポスターが剥がれるようなら
数を増やせばいいわけです。

これもうまく使えば便利だと思います。

100均に売っていれば入手も容易ですし。

ひっつき虫

両面テープと同じような使い方が
出来るひっつき虫というのもあります。

こんなやつ。

コクヨ ひっつき虫 はってはがせる 粘着剤 タ-380N

ガムと言うか粘土みたいな感じですね。

多分、両面テープより使い勝手は
いいのではないかと思いますね。

ただし、剥がすときに無理をすると
下まで剥がれるとかあるみたいですね。

それからひっつき虫に脂分が含まれて
いるようでシミがつくそうです。

ゴムを柔らかくする可塑剤的な
薬品が入ってるのかもしれません。

ポスターとか壁にシミが付くかも
というのが気になるならNGです。

他の方法でやったほうがいいでしょう。

マステとクリップと磁石

管理人的におすすめというか
賢いなと思ったのがこの方法。

マステとクリップと磁石。

この方法、このブログでも紹介してますし
ネットを調べればたくさん出てきます。

ここでも念の為やり方を。

==ここから==

方法は簡単。

鉄のクリップ(磁石でくっつくもの)と
磁石を用意する。

クリップを壁に貼る。

このとき、壁を傷めないように
マスキングテープなどを使う。

なおクリップはポスターの大きさに
合わせて数を増やして下さい。

ポスターがA4サイズなら4隅
A3サイズなら4隅と4辺という感じ。

ポスターが重いと落ちるので
落ちないようにするためです。

それからポスターを壁に貼り付けた
クリップと磁石で挟む。

ちょっとややこしそうですが
なんのことはない

黒板に磁石で書類を
貼るのと同じことです。

学校とか職場で見てますよね?

黒板の代わりにクリップを
使っただけのことです。

==ここまで==

マステは壁に合わせて貼って剥がせる
テープを使うのが良いでしょう。

クリップはマステの上からもう一度
マステで貼るような感じでもいいかなと。

磁石は小さくても強力なタイプ。

たとえばこんなやつ。

マグネットピン 超強力 Ninonly 透明 30個セット エコ素材 地図や冷蔵庫や掲示板に最適 オフィス、学校用

これはマグネットピンですね。

こういうのがいいかなと。

これは透明なタイプですが
カラーのものもあります。

このあたりはお好みで。

このやり方だと壁は傷つかないし
ポスターも傷つかない。

クリップと磁石の数を増やせば
そう簡単に剥がれることもない。

うまくやれば結構おしゃれかなと。

ここではクリップを使う方法が
紹介されていますが

クリップでなくても磁石が
くっつけばなんでも良い。

ここではクリップが入手しやすいし
安いので使ったまでのことです。

ポスターハンガーを使う

これは壁にフックがある場合。

もしくは、フックを付けてもいい場合。

そのフックからポスターハンガーで
ポスターを吊るすという方法があります。

こんな感じ。

タペストリー棒 磁気木製フォトフレーム ハンガー フレーム ポスター 手ぬぐい アートワーク 写真、ポスター、絵画などに適用 マグネット付き 縦飾り用 木製 角型(30cm)

これもいいですよね~

壁の方にフックがついているとか
クギが打てるとかが必要ですけど。

ポスター自体は傷つきません。

吊り下げる場所さえあれば
良いと思うんですよね、コレ。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、ポスターが剥がれない
貼り方についてというお話でした。

やり方は色々ありますが
確実なのは画びょうです。

ただ、壁もポスターも穴を
開けたくないとなると難しい。

両面テープ、ワッポン、ひっつき虫とか
色々ありますが管理人としては

マステとクリップと磁石で
ポスターを貼るのがいいかなと。

これなら壁が傷つかないし
ポスターも傷つかないし。

ポスターが剥がれてもスグ貼れるし。

何かと便利な気がします。

それから、ポスターハンガー。

壁にフックが必要ですが
うまく使えばおしゃれですよね。

いっそのことフレームに入れたらとも
思いましたが、さすがにそれは壁に貼る

というよりは看板のようになるので
ここではちょっと違うでしょうね。

管理人的には面白いと思いますケド。

この記事が、ポスターが剥がれない
貼り方の参考になればと思います。

ポスター、格好良く貼って下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする